« ■堀晃著『バビロニア・ウェーブ:BABYLONIA WAVE』
  創元SF文庫 国内SF刊行開始!
| トップページ | ■「怪獣と20世紀の夢 開田裕治展
  ~21世紀につなぐ幻想とロマンの系譜~」@金沢21世紀美術館 »

2007.03.02

■モスクワの地下トンネル網 と 幻想野菜 ロマネスコ

Metrodream_by_russos
想像を絶するモスクワの地下ダンジョン写真いろいろ - GIGAZINE

モスクワの地下鉄駅は「地下宮殿」とも呼ばれているのですが、こっちはまさに全体がRPGのダンジョンみたいになっており、ものすごい光景です。

これらはいずれもHDR(ハイダイナミックレンジ)処理されているのでこのように迫力のある写真になっているというわけです。

 是非、GIGAZINEの素晴らしい写真を見てください。
 そこには絶句するほどの美しい地下迷宮の写真が掲載されています。

 HDR(High Dynamic Range)写真は、僕も記事にして自分でも作ってみたことがあるのですが、素材が凄いと、出来上がった作品はこのように幻想的な光景となるわけです。
 工場萌えな日々さんの写真が一時マイブームだったのですが、地下鉄HDR萌えになりそう。探してみるといろいろとあります。

http://www.funmansion.com/html/Underground-City.html 
http://russos.livejournal.com/210363.html(下のほう)

Romanescoフラクタル図形をした野菜
  「ロマネスコ」の写真 - GIGAZINE

カリフラワーとブロッコリーをかけあわせてできた野菜「ロマネスコ」はその形がとても変わっていて、まるでフラクタル図形のような突起があります。

 もうひとつGIGAZINEネタ。上の地下迷宮を昨日見つけて記事にしようとしてたら、某ミのつく職人君のmixi日記で偶然に、このように不思議なアートベジタブルを教えてもらいました。これも素晴らしいので、合わせてご紹介。

 flickr:フリッカーでRomanescoを検索するといっぱい美しい写真が出てきます。

 一度食べてみたいものです。食べると言うより、このみかけから人間が食べられそうな雰囲気もありますが、、、(^^;)。どうも一部スーパーでは売っているところもあるみたい(しかも「ヤドカニくん」と明記している店も(^^;))。種も売ってるので、今度うちの畑に蒔こうか知らん。こんなのが一面に顔を出していたら、さながら異星の農園。近所の人の度肝を抜けること請け合い。ああ、また家族に顰蹙買いそう。(でも猛烈にほしくなって、今、種の通販申し込みました!!)、、、あれ、この通販サイト、これ最後の1つだったみたい、SOLD OUTになってしまいました。皆さん、ごめんなさい。) 11月に収穫できたら、レポートします。あー気が長い。

 あと世の中には、アートフードなるものが存在し、ネットショップもあることを初めて知りました。

◆関連リンク
石井哲 写真/大山顕 文『工場萌え』 (公式HP)が3/6に出るのですね !
『工場萌え』刊行記念 “工場ナイト”開催のお知らせ

【会場】 新宿ロフトプラスワン
【日時】 2007年3月9日(金) 18:30開場 19:30開演
【出演】 石井 哲 (ブログ「工場萌えな日々」管理人)
大山 顕 (住宅都市整理公団総裁)
【内容】 珠玉の工場写真の紹介と生解説
実践・工場デート 体当たりレポート
「なぜわれわれは工場の景観に惹かれるのか」の学術的考察 etc.

DVD

|

« ■堀晃著『バビロニア・ウェーブ:BABYLONIA WAVE』
  創元SF文庫 国内SF刊行開始!
| トップページ | ■「怪獣と20世紀の夢 開田裕治展
  ~21世紀につなぐ幻想とロマンの系譜~」@金沢21世紀美術館 »

コメント

 shamonさん、おひさしぶりです。
 ロマちゃんコメント、ありがとうございます。

>>福岡は久留米市で増殖中とな。
>>既に給食の材料にもなっていて
>>新しい特産物(@@;)としてPR中とのことでした。

 そーか、久留米の特産ですか。
 こいつは虫の少ない地方が向いていると思うので、きっと久留米は虫が少ないんでしょうね、とか。

>>「カリブロ」

 そんなカリメロみたいな名でなく、優雅にロマネスコと読んでほしいものです。

投稿: BP(shamonさんへ) | 2010.01.28 00:24

まいどでーす。
どこに書こうかと思ったけどとりあえずここに。

昨日(2010/1/26)の夕方ニュース番組で、
ロマちゃんが取り上げられていました。
福岡は久留米市で増殖中とな。
既に給食の材料にもなっていて
新しい特産物(@@;)としてPR中とのことでした。
(同じ内容の記述がある野菜ソムリエさんのサイト
http://cocomi.cotton-time.jp/vf/vol2.php)

でも番組で紹介している名前は

「カリブロ」

でした・・・。

投稿: shamon | 2010.01.27 19:57

 ミのつく職人さん、shamonさん、おはようこざいます。勝手な召喚に(^^;)答えていただき、感謝です。

>>なんと栽培されるんですね。

 勢いですね。種は来週の前半に届くようです。種50個から初めて畑全面に増殖させるのが夢です(嘘)。

>>そのようすをお子さんが夏休みの絵日記に描いたらイーガン作品に肉薄です。苗を覗き込んだとき顔に食いつかれないよう十分注意ください。しかし茹でてマヨネーズを添えたくらいでは中に入ってそうなナノマシンを無力化できるとも思えません。うひょー、マタンゴだ。

 本当に、イーガン作品を想い出す強烈なヴィジュアルですね。この中にウヨウヨとナノマシンが蠢く気配がなんともいい/悪い感じ。

 調理法が難問ですね。グレッグ・イーガンにメールして、尋ねますか(<<日本の恥(^^))。

>>楽しい野菜ですね。
今度見かけたら買ってみようかな。

 東京ならもしかして普通にあるんでしょうね。

>うわ、想像するだけで楽しそう~。栽培日記待ってます~。

 5月蒔種が推奨されているので、もうしばらく先ですね。にしてもブロッコリ系は栽培が難しいらしいので、どうなることやら。

 うまくできたら、Blogでプレゼントも企画してみようかなー。
 気の長い話ですが、お楽しみに。

投稿: BP | 2007.03.04 05:43

こんばんは^^。TBありがとうございました。

楽しい野菜ですね。
今度見かけたら買ってみようかな。

>さながら異星の農園。
うわ、想像するだけで楽しそう~。栽培日記待ってます~。

投稿: shamon | 2007.03.03 23:19

なんと栽培されるんですね。そのようすをお子さんが夏休みの絵日記に描いたらイーガン作品に肉薄です。苗を覗き込んだとき顔に食いつかれないよう十分注意ください。しかし茹でてマヨネーズを添えたくらいでは中に入ってそうなナノマシンを無力化できるとも思えません。うひょー、マタンゴだ。

投稿: ミのつく職人 | 2007.03.03 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/14110006

この記事へのトラックバック一覧です: ■モスクワの地下トンネル網 と 幻想野菜 ロマネスコ:

« ■堀晃著『バビロニア・ウェーブ:BABYLONIA WAVE』
  創元SF文庫 国内SF刊行開始!
| トップページ | ■「怪獣と20世紀の夢 開田裕治展
  ~21世紀につなぐ幻想とロマンの系譜~」@金沢21世紀美術館 »