« ■ヤノベケンジアートプロジェクト 「トらやん」フィギュア 
  & 横須賀美術館 開館記念《生きる》展 
    現代作家9人のリアリティ ヤノベケンジ《青い森の映画館》
| トップページ | ■NHK放送技術研究所 2007年技研公開 »

2007.04.19

■デヴィット・リンチ絵画展@パリ ジ・エアー・イズ・オン・ファイアー展
  David Lynch "the air is on fire"

David_lynch_the_air_is_on_fire
カルティエ現代美術財団「david lynch the air is on fire」(パリ) (公式HP)

 日時 : 2007年3月3日(土)〜5月27日(日)
 会場 : カルティエ現代美術財団【Fondation Cartier pour l’art comtemporain】
      261,Boulevard Raspail 75014 Paris

David_lynch_the_air_is_on_fire_03トーキョー・アートロニカ Blog Archive David Lynch 絵画展
THE AIR IS ON FIRE, Fondation Cartier pour l’art Contemporain
.

圧巻はガラスで透けて見えるメインの会場内だった.
300〜500号はあるだろう巨大なキャンバスが,鮮やかなカーテンをバックに20点ほど飾られている.しかしカーテンの原色の鮮やかさと対照的に,すべからく作品は暗く,猥雑で,どれもが人間の心理的な暗部をえぐり出していた.
また,会場内のリンチ監修の音響もインダストリアルなBGMで,かつてLost Highwayでサウンドトラックを手がけたNine Inch Nailsのアンビエントのような重々しく暗い曲が,時折重厚な金属音のノイズも交えながらかなり大きな音で流れている.

 リンチファンは、公式HPを観ると、いますぐ仕事をうっちゃってフランスへ飛びたくなるので要注意です☆
 素晴らしい展示会になっている模様。サイトマップから"Tour with David Lynch"の映像を見て下さい。カーテンとついたてと光の演出、そして音楽、美術館の空間がまるごとリンチの映像空間の再現になっています。

 展示作品は、サイトマップから"The Works"へたどると観えますが、今まで紹介されていたショットガンペインティングと違い、カラフルで幻想的な絵画が満載です。絵の才能もここへきて大開花しているという感じでしょうか。

 "The Exhibition Making-of"では、そのペインティング風景も楽しめます。"Concert at the Opening"は、展覧会のオープニングでパフォーマンスされたリンチ自身のキーボードの演奏が聴けます。バダラメンティの音楽とは違う、もっと静かな不安定な音楽。

 是非日本へこの展示会を巡回してほしいものです。 

◆関連リンク
・Youtube
  リンチの講演とキーボード演奏 本の朗読とスタンディングオベーション
 会場入り口と行列とリンチ演奏 
David_lynch_the_air_is_on_fire_02展示会を紹介したテレビ番組
 Andrew Graham-Dixon on The Culture Show
 作品多数紹介。写真の顔をPhotoShopで変形したもの。雪だるまの写真。会場準備の様子。ボブの絵。Shizuka Takahashiが協力したミニチュアセット。

Inland_empire_hp_1 ・INLAND EMPIRE
              (公式HPがオープン)
              配給:角川映画

|

« ■ヤノベケンジアートプロジェクト 「トらやん」フィギュア 
  & 横須賀美術館 開館記念《生きる》展 
    現代作家9人のリアリティ ヤノベケンジ《青い森の映画館》
| トップページ | ■NHK放送技術研究所 2007年技研公開 »

コメント

しらいしさん、今晩は、始めまして。

>>貴重な記事だったので私のblogで紹介させて戴きました。不都合がありましたら、ご連絡ください。事後承諾お許しくださいませ。これからの更新も楽しみにしています。

 ご紹介いただき、ありがとうございます。
 リンクフリーですので、いつでも引用ください。

 この展示、本当に日本に巡回されると良いですね。

 『Inland Empire』が大ヒットすれば、もしかして、、、。でも評判聞くと万人に受け入れられる作品でないので、無理かも。

 やはりネットで微力ですが、この映画を宣伝し続けるしかないですね。あー、パリへ行きたい!

投稿: BP | 2007.05.14 23:50

★究極映像研究所★さま
貴重なリンチ展の情報ありがとうございました。
カルチエ美術館でのリンチ展のニュースを知って、画像をさがしているなか辿り着きました。私も以前、渋谷のPARCOで作品を知ってファンになりました。
貴重な記事だったので私のblogで紹介させて戴きました。不都合がありましたら、ご連絡ください。事後承諾お許しくださいませ。これからの更新も楽しみにしています。
http://app.blog.livedoor.jp/shikashu/tb.cgi/50928315

投稿: しらいし | 2007.05.14 12:14

 あんまりようさん、こんちは。

>>…行きたい…でも無理…本邦巡回を切に望みます。

 mixiのリンチコミュでは、このためにフランス格安航空券を利用する強者が出てる模様(^^;)。本当に巡回おねぇげぇしますだ。今バブリーな楽天あたりに協賛してもらって、、、。

>>油絵も、一応販売はされてて…当時の貯金全額はたけば何とか
買えたけど…ワンルームマンションの壁1面は楽に占拠する
大きさの絵なんか所有は無理…と自分の中で言い訳して断念
したのを思い出しました。

 リンチの油絵が壁面を占拠する家。なんて素晴らしい。でもうちだと家族の大顰蹙買いそう(^^)。

>>あー映画公開決定したのですね…でも単館?近所のシネコンでも
やって欲しいなあ…個人的に恵比寿ガーデンは大嫌い…つーか
ロクな思い出がない映画館なので(泣)。

 あちこちのうわさからいくと、とてもシネコン向け作品ではなさそうですね。もしかして東海地区は上映すらないのではとちょっと不安。

投稿: BP | 2007.04.21 18:30

こんばんは。
…行きたい…でも無理…本邦巡回を切に望みます。
昔、渋谷パルコで行われた展覧会は至福恍惚な空間でした。
油絵も、一応販売はされてて…当時の貯金全額はたけば何とか
買えたけど…ワンルームマンションの壁1面は楽に占拠する
大きさの絵なんか所有は無理…と自分の中で言い訳して断念
したのを思い出しました。

あー映画公開決定したのですね…でも単館?近所のシネコンでも
やって欲しいなあ…個人的に恵比寿ガーデンは大嫌い…つーか
ロクな思い出がない映画館なので(泣)。

投稿: あんまりよう | 2007.04.20 02:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/14685020

この記事へのトラックバック一覧です: ■デヴィット・リンチ絵画展@パリ ジ・エアー・イズ・オン・ファイアー展
  David Lynch "the air is on fire"
:

« ■ヤノベケンジアートプロジェクト 「トらやん」フィギュア 
  & 横須賀美術館 開館記念《生きる》展 
    現代作家9人のリアリティ ヤノベケンジ《青い森の映画館》
| トップページ | ■NHK放送技術研究所 2007年技研公開 »