« ■生田萬 埼玉県富士見市民文化会館
  キラリ☆ふじみ芸術監督
| トップページ | ■『電脳コイル』12話  磯光雄 脚本・コンテ「ダイチ、発毛ス」
  ギャグ & 奇想 & バカSF & 感動作  すげぇ »

2007.07.29

■新刊メモ ジェイムズ・ティプトリー・Jr. 『輝くもの天より堕ち』
  Brightness Falls from the Air, James Tiptree Jr.

Brightness_falls_from_the_air輝くもの天より堕ち(ハヤカワ・オンライン)

 翼をもつ美しい妖精のような種族が住む銀河辺境の惑星ダミエム。連邦行政官のコーリーとその夫で副行政官のキップ、医師バラムの三人は、ダミエム人を保護するため、その星に駐在していた。そこへ〈殺された星〉のもたらす壮麗な光を見物しようと観光客がやってくるが……オーロラのような光の到来とともに起こる思いもよらぬ事件とは? 

 ティプトリーの長編が初めて翻訳出版された。

 あの超絶技巧を駆使した短編群に対して、ティプトリーが長編でがどのような世界を読者に提示してくれるのか。
 本書は、あの衝撃的な死からわずか2年前に発表された彼女の二作目にして最後の長編。日本語訳で578ページの大作である。

 人類を透徹した思考で徹底的にクールに描き出した作家の、晩年の作品を心して読み進めたいと思う。

◆関連リンク
ジェイムズ・ティプトリー・Jr.(wikipedia)
【作家紹介】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
 2002年出版の研究本The Battle of the Sexes in Science Fictionのchapter 6を参考にした紹介記事
Brightness Falls from the Air, James Tiptree Jr..
 冬樹 蛉氏のレビュウ
原書27ページ分がここで読めます
ジェイムズ・ティプトリー・Jr. 『輝くもの天より堕ち』(amazon)

・当Blog記事
 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア/浅倉久志訳
  『すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた』
james_tiptree_jr.jpg

|

« ■生田萬 埼玉県富士見市民文化会館
  キラリ☆ふじみ芸術監督
| トップページ | ■『電脳コイル』12話  磯光雄 脚本・コンテ「ダイチ、発毛ス」
  ギャグ & 奇想 & バカSF & 感動作  すげぇ »

コメント

 say*3さん、こんばんは。

>>あれは連作短編でしたっけ?

 訳者あとがき「長篇の体裁はとっていますが、共通の背景を持った連作中篇集というほうが正しいでしょう」とありますね。

 僕はSFマガジンで読んだので、まさに中篇と今の今まで思っていました。

 ではでは、ダミエムで会いましょう(^^;)。

投稿: BP | 2007.07.31 00:14

頭のなかで「たったひとつのさえたやり方」が長編とばかり思ってました。
あれは連作短編でしたっけ?

投稿: say*3 | 2007.07.30 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/15902161

この記事へのトラックバック一覧です: ■新刊メモ ジェイムズ・ティプトリー・Jr. 『輝くもの天より堕ち』
  Brightness Falls from the Air, James Tiptree Jr.
:

« ■生田萬 埼玉県富士見市民文化会館
  キラリ☆ふじみ芸術監督
| トップページ | ■『電脳コイル』12話  磯光雄 脚本・コンテ「ダイチ、発毛ス」
  ギャグ & 奇想 & バカSF & 感動作  すげぇ »