« ■ズジスワフ・ベクシンスキー
  画集 『ファンタスティック・アート・オブ・ベクシンスキー』
  Zdzilsaw Beksinski  "The Fantastic Art of Beksinski"
| トップページ | ■時速200kmに挑戦する蒸気自動車
  British Steam Car Challenge『Inspiration』 »

2007.07.17

■ハイビジョンで観るユカタン半島の水中洞窟
  世界一の透明度 メキシコのセノーテ:Cenote

Cenote02

世界一きれいな海ってどこ?(世界の果てまでイッテQ!)

 重い絵画の紹介の後は、涼しげで美しい洞窟のネタ。
 昨日のTV番組で偶然観たのだけれど、素晴らしい透明度の水中洞窟。ハイビジョンの威力をいかんなく発揮し、リビングの湿った梅雨の重い空気を涼しげに吹き飛ばしてくれた。

セノーテ wikipedia

 セノーテ(Cenote)は石灰岩台地の陥没穴に地下水が溜まった天然の井戸、泉のこと。

 語源は、ユカテコ・マヤ語の「ゾノト」(dzonot)から転化したと考えられている。ユカタン半島の北部低地では、川も湖もないため、主要な水源であった。ユカタン半島のセノーテは、チクシュルーブ・クレーターを埋めた石灰岩の層の中に形成されたものである。(略)

 サック=アクツン・システムは、総延長152.975kmの世界最大の水中鍾乳洞である。

 透明度がおよそ100m。最も美しいと言われる塩水の海の倍くらいとのこと。
 ハイビジョン映像で観る光景は、まるでダイバーが空中を飛んでいるようだった。

 そしてさらに素晴らしいのが、洞窟に差し込む光の柱。どこかの惑星のような幻想性。
 いつか自分の肉眼でこんな光景を観てみたいものです。誰でも現地ガイドといっしょなら観光として楽しめるそうです。とにかくため息が出ました。

◆関連リンク
Cenote Sistema Actun(Google画像検索) 上の画像はここから。
Cenote (Google Video)
観光ツアー セノーテ2ダイブツアー 40分×2回 US$ 200(!)
・当Blog記事
 NHK プラネットアース 究極の洞窟 : レチュギヤ洞窟

|

« ■ズジスワフ・ベクシンスキー
  画集 『ファンタスティック・アート・オブ・ベクシンスキー』
  Zdzilsaw Beksinski  "The Fantastic Art of Beksinski"
| トップページ | ■時速200kmに挑戦する蒸気自動車
  British Steam Car Challenge『Inspiration』 »

コメント

 shamonさん、こんばんは。

>>きれいですね。こんなところで泳いでみたい。
>>エメラルドブルーのカリブ海もきれいですが、
>>淡水でもこんなきれいなところがあるんですね。

 $200のオプショナルツアーなら安いもんですが、メキシコツアー代が3~40万はかかりそうなので、おいそれとは行けません。

>>さて東京では先週末から「インカマヤ・アステカ展」が
>>始まってます。近日中に今だ謎多い遺跡の空気をたっぷりと
>>会場にて吸ってくる予定です^^。
>>http://www.3bunmei.jp/index.html

 メキシコツアーどころか東京へも行けない私は、例によってハイビジョンに頼るしかありません。NHKスペシャル「失われた文明 インカ・マヤ」。カウチ・ポテトなヴァーチャルツアー三昧です。うー、むなしい(^^;;)。

投稿: BP | 2007.07.17 23:40

こんばんは^^。

きれいですね。こんなところで泳いでみたい。
エメラルドブルーのカリブ海もきれいですが、
淡水でもこんなきれいなところがあるんですね。

さて東京では先週末から「インカマヤ・アステカ展」が
始まってます。近日中に今だ謎多い遺跡の空気をたっぷりと
会場にて吸ってくる予定です^^。
http://www.3bunmei.jp/index.html

投稿: shamon | 2007.07.17 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/15767496

この記事へのトラックバック一覧です: ■ハイビジョンで観るユカタン半島の水中洞窟
  世界一の透明度 メキシコのセノーテ:Cenote
:

« ■ズジスワフ・ベクシンスキー
  画集 『ファンタスティック・アート・オブ・ベクシンスキー』
  Zdzilsaw Beksinski  "The Fantastic Art of Beksinski"
| トップページ | ■時速200kmに挑戦する蒸気自動車
  British Steam Car Challenge『Inspiration』 »