« ■謎の映画の予告編 "01-18-08"
"CLOVERFIELD""MONSTROUS""FURIOUS""TERRIFYING"
| トップページ | ■マイケル・ベイ監督 『 トランスフォーマー』 »

2007.08.18

■FM『音の本棚』 田中光二原作ラジオドラマ『異星の人』
   エーリアン・メモ ALIEN MEMO

 30年前の1977年にFM『音の本棚』でラジオドラマ化された田中光二原作『異星の人』。
 盆休みに実家の押入れからカセットテープの録音を発掘。約10年ぶりに聴き返す。
 このドラマが凄く気に入ってて、当時何度聴いたことか、、、。たぶん僕が聴いたSFラジオドラマの中で(あまり多くはないけど)、ベストの出来だと思う。

 ネットでこのドラマに関する情報がほとんどないため(下記、関連リンクにいくつか掲載)、今回記事として紹介します。

(クリックで引用分を聴けます)

 まずはどのようなものか知ってもらうため、ドラマの一部を引用。
 (掲載するファイルは全5話各話20分 計100分のうちのほんの一部、研究の引用範囲と考えますが、著作権者の方、もし問題があればご指摘ください。30年前のSF文化的遺産(^^;)として掲載する側面もあります、ご容赦いただければ幸いです。)

◆総論

 全体の構成は次のとおり。
 (タイトルの後の数字は、僕が所持する録音の長さ。当時学生の身でテープ代にも困っていたので、ラジオからマニュアルでダイジェスト録音)

 第1話 「ドラゴン・トレイル」 7'30"
 第2話 「怒りの谷」 14'15"
 第3話 「大いなる珊瑚礁の果てに」 8'40"
 第4話 「汝が魂を翼にゆだねよ」6'00"
 第5話 「世界樹の高みに」16'45"

 原作は下記の連作短編なので、7話から5話分を抜き出してドラマ化したということになる。各話主人公のジョン・エナリーが世界の各地で、人類の営みを観察する、というもの。連作短編という形態を見事に使った物語になっている。(上の引用で興味を持っていただけたら、是非田中光二氏の原作をお薦め。傑作です。この傑作がamazonで見ると、どこの出版社のも絶版。残念でなりませんが、amazonでも古本なら買えます)

 田中光二『異星の人』(amazon)

 第1話 「ドラゴン・トレイル」
 第2話 「怒りの谷」
 第3話 「白き神々の座にて」 <エーリアン・メモ エキストラ>
 第4話 「大いなる珊瑚礁の果てに」
 第5話 「許されざる者」
 第6話 「汝が魂を翼にゆだねよ」
 第7話 「世界樹の高みに」<エーリアン・メモ エキストラ>

 僕は原作をほぼリアルタイムでSFマガジン掲載時に読んだのだけれど、このタイトルを見るだけで、雑誌掲載時の山野辺進氏のイラストがイメージとして浮かんでくる。(すみません、なつかしモードで(^^;))

 ラジオドラマの内容は、ほぼ原作に忠実。しかし細部でセリフ等に独自のニュアンスを出してある。僕は当時、原作も大好きだったのだけれど、このラジオドラマの雰囲気の方が実は好きだった。ポイントはラジオドラマならではの音楽と、変更してあるセリフまわし。

 音楽は、ドビッシーからカントリー調の曲まで各話の国/雰囲気に合わせてワールドワイドに選んである。このセンスが当時素晴らしくいいイメージを構築していた。

 セリフは、ラジオでは「誇り」という言葉を使用しているのがひとつのポイントになっている。特に「怒りの谷」のヤキ族のインディアンのホアンと、「世界樹の高みに」のコミューンのリエ(原作ではチコ)の行動をエナリーが表現する時の言葉として印象的に使われている。ラジオドラマでのテーマといっていいと思う。(原作を見直してもこの二話の中で「誇り」という単語は使われていない。)

 今回、聴きなおして思ったのだけれど、思春期に繰り返し聴いたことで僕の中では「誇り」という言葉の基本的なイメージとして、このドラマの影響が結構強く自分の中に残っているのを感じた。

 音楽と登場人物たちの素晴らしさ、エナリーの超然としたスタンスが、この言葉の語彙を定着させてしまった感じ。

 残念ながらスタッフと声優と曲名のデータが録音テープの中にもネットにもない。声優に詳しくない僕がわかるのは、ウルトラマンのムラマツキャップ役の小林昭二氏のみ。毎回彼が地球人側の主要な登場人物として出てくる。主役のエナリーの役の方は、全然わからない。女性はもしかして、旧ルパンの不二子役 二階堂有希子氏?(上の引用に声が入っています。どなたかお分かりなら、よろしくです)

 この素晴らしい作品について、どんな情報でも持ってみえたらコメントいただきたくお願いします。特に脚本が誰か、凄く知りたい。

◆田中光二「異星の人・ふたたび」

 日本SF作家クラブ編アンソロジー『2001』(amazon)
 日本SF作家クラブ公式HP

 この記事を書こうとしてネットで調べていて、20世紀末にこの連作の新作が、田中光二自身の手で書かれていることを知った。そこで近所の図書館で読んでみた。

 ジョン・エナリーを再び登場させた田中光二の現実に関する憤りをとても強く感じる一作。

 物語としては、単行本化されている7話の続きではなく、第1話~第5話の世界の延長として、エナリーが世界を旅し続けている世界の話。宇宙機の「論理知能」との決別後の話ではなく、エナリーが現在も地球の現実を観察する旅を続けている世界。

 この新作のテーマは、アフリカで続く紛争の悲惨を描くこと。94年のルワンダのツチ族とフツ族の民族紛争。99年のリベリアシエラレオネの内戦の場にエナリーが赴く。

 しかしそこに以前の連作にあった「誇り」を示す人類の姿、地球の自然と動物の美しさは描かれない。これが現実かもしれない。今ならエナリーは、「大いなる意思」へ向けて、どう地球をレポートするのだろうか。

◆関連リンク このラジオドラマについて触れているHP
SFの部屋  ::: Cafesta MyHp :::

20年以上前にラジオドラマになったんですが情報が見付かりません。 最終話「世界樹の高みに」の不思議な雰囲気は未だに覚えています。

探し物のページ 『音の本棚』(藤戸薬局さんHP)

19770307 さらば愛しの宇宙人/異星の人1「ドラゴン・トレイル」
19770309 さらば愛しの宇宙人/異星の人3「大いなる珊瑚礁の果てに」
19770310 さらば愛しの宇宙人/異星の人4「汝が魂を翼にゆだねよ」
19770311 さらば愛しの宇宙人/異星の人5「世界樹の高みに」

 『音の本棚』について、長大な作品リストが記載されています。ネットでは最も充実しているHPです。ここで『異星の人』の放送日と「さらば愛しの宇宙人」というタイトルが付いていたのを知りました。僕の記憶にはなかった情報。

★09.02/15 toshiさんのコメントに基づき、スタッフ・キャストについて追記。
 脚色   田沼雄一。
 主人公 ジョン・エナリー:岩崎信忠
 他の出演者 小林昭二、井上真樹夫、武藤礼子

 続けて、各スタッフ・キャストの関連リンクです。

Variety Japan | FILM SEARCH - 岩崎信忠
 落ち着いたクールな声の持ち主は、映画俳優としてネットに情報があります。Google画像するとドラマ『記念樹』(山田太一もシナリオを担当)のページに写真があります。
武藤礼子(Wikipedia)
 侍ジャイアンツの「理香」、ど根性ガエルの「ヨシ子先生」とか、メルモちゃんとか、、、宇宙家族ロビンソンの「ジュディ」もだ!! 旧ルパンでは「リンダ」の声なのですね。
 この方、06年に72歳で亡くなられたとのこと。僕らの世代にとっては忘れられない声です。ご冥福をお祈りします。
田沼雄一という方の本のリスト(amazon)。主にスポーツ関係の映画の本を書かれている。この方が『エイリアン・メモ』のシナリオライターなのでしょうか。
 藤戸薬局さんのWanted!のページに添付されているリストを見ると、田沼氏は相当数のシナリオをこの番組に提供されていますね。
 検索して出てきた下記情報もありますが、まさか加山雄三のペンネームじゃないですよねー(^^)。
田沼雄一(加山雄三) (若大将シリーズWikipedia)

 田沼雄一は明治時代から続く老舗のすき焼き屋「田能久」の息子で、大学の運動部(競技は作品によって異なる)のエースである。この役名は「田能久」の屋号をヒントに田沼姓が浮かび、これに加山雄三の「雄」をとって命名された。

|

« ■謎の映画の予告編 "01-18-08"
"CLOVERFIELD""MONSTROUS""FURIOUS""TERRIFYING"
| トップページ | ■マイケル・ベイ監督 『 トランスフォーマー』 »

コメント

いえいえお手数お掛けしてしまってすいません。
お気になさらずにeasyにやって下さい。
気長にお待ちしております。


投稿: 陽閉 | 2015.05.13 13:28

 陽閉さん、こんばんは。

 すみません、土日にファイルをアップロードしようと考えていたのですが、所用でこの週末はできませんでした。

 次の週末にはなんとかしようと思っていますので、ご勘弁ください。

投稿: BP(陽閉さんへ) | 2015.05.12 00:09

 陽閉さん、こちらこそお久しぶりです。

 とても貴重な情報、ありがとうございました!!

>>『異星の人』の本編を4本分upさせて頂きました。

 検索して先ほど一部聴かせていただきました。
 2-5話、各話約20分弱、ほぼコンプリートですね! 素晴らしいです。

>>それ程この作品は私にとって神格化されたものでしたから。

 僕も同様に、このラジオドラマは(原作よりも)体に染み込んでいて、別格な存在になっているので、その御気持ちよく分かります。

>>第一話の「ドラゴントレイル」や以前お話しした音源や動画は本当に無いので、どうあっても出てくる事は無いので御容赦下さい。

 これを機に私も、「ドラゴントレイル」の録音7分をUPしようかと思ってます。この土日に時間、取れそうですので、、、。

>>ここのコメント欄に書き込ませて頂いた事がなにかしらのモチベーションになった事は間違いないので感謝の気持ちも込めて一筆書かせて頂きました。

 そんな風に言っていただけると望外の喜びです。
 他にも最近復刻された荒巻義雄さんの『神聖代』や、J・G・バラード「時の声」、矢作俊彦さんの『リンゴォ・キッドの休日』も、懐かしいです!
 本当にありがとうございました。

投稿: BP(陽閉さんへ) | 2015.05.09 00:02

お久し振りです。
陽閉です。

ちょっと前ですがYo〇tu〇eなんて所に音質はとても悪いし曲が所々歯抜けになってますが『異星の人』の本編を4本分upさせて頂きました。

Tapeを持っているのを黙っていたのは悪かったですが何しろ私自身の中でまだまだ踏ん切りがついてなかったし、何より上げる手段や方法を知らなかったもので..。

今回upするにあたり全く躊躇が無かったかと言えば嘘になります。
誰にも聞かせず自分だけの作品にしておきたかったという気持ちは何処かにありました。
それ程この作品は私にとって神格化されたものでしたから。

色々と共有されてる場もありますが、私はフレンドリーな場所は苦手なので、個人的な責任の元に勝手にやらせて頂きました。

まあ大袈裟に言う程のクオリティーじゃありませんが..。

第一話の「ドラゴントレイル」や以前お話しした音源や動画は本当に無いので、どうあっても出てくる事は無いので御容赦下さい。

今回upしたのには個人的なとても説明にくい理由がありますが人に話す様な話じゃないので省略します(笑)

ここのコメント欄に書き込ませて頂いた事がなにかしらのモチベーションになった事は間違いないので感謝の気持ちも込めて一筆書かせて頂きました。

では。


投稿: 陽閉 | 2015.05.06 23:10

 陽閉さん、情報、ありがとうございます。

>>「異星の人」は「白き神々の座にて」も岩崎信忠主演でラジオドラマ化されてます。

 うわー、これは聴きたかったです。どこかに音源が残っていることを祈るばかりです。

>>ラジオに関しては田中光二氏は「日曜喫茶室」という番組にも片岡義男氏と一緒に出てました。
はかま満緒氏が二人に話を聞いていくというものでして、これもテープは紛失しましたが..。

 「日曜喫茶室」!
 この田中氏の回は聴いていませんが、僕もどうしてもテープを発掘できない想い出の一本があります。経済人類学者の栗本慎一郎氏の回です。
 確かにテープに録ったはずなのに、見つかりませんが、是非聴きなおしたい一本です。

>>また岩崎信忠氏は二木てるみさんと一緒に80年代の終わり頃(?)テレビの「三枝の愛ラブ爆笑クリニック」に出てました。

 これまた、レアですね。
 でもYoutubeとかとんでもない映像もありますから、こまめに探してみると、いつか出会えるかもしれませんね。Googleとかやらないかな、各家庭に残されているラジオテレビ番組の全ディジタルアーカイブ化(^^)。いずれやるかも、と思わせるところがグーグルの凄さ。

投稿: BP(陽閉さんへ) | 2009.09.30 23:45

はじめまして。


MIXIの方などで既に話題になっているのかもしれませんが、「異星の人」は「白き神々の座にて」も岩崎信忠主演でラジオドラマ化されてます。

脚本・田沼雄一かはわかりませんが、おそらく音の本棚のスタッフで作られた物だと思います。
(そういう感じ(?)でした。)

番組のタイトルは失念しましたがFMの特番で、作家を一日一人づつ取り上げる、というのがありまして田中光二氏の日にスペシャルドラマとして放送されたものです。

同番組では確か『わが赴くは蒼き大地』に収録されていた「冒険小説の読めない人生なんて」を岩崎氏が朗読してたりもしました。

本編を含めて完録したテープがあったのですが残念ながら紛失しました...。

どなたか持ってる人がいるなら聞かせて貰いたいものです。

ラジオに関しては田中光二氏は「日曜喫茶室」という番組にも片岡義男氏と一緒に出てました。
はかま満緒氏が二人に話を聞いていくというものでして、これもテープは紛失しましたが..。


また岩崎信忠氏は二木てるみさんと一緒に80年代の終わり頃(?)テレビの「三枝の愛ラブ爆笑クリニック」に出てました。

受け答えは二木さんが殆どしていて岩崎氏は余り喋っていなかった様な記憶があります。

これを録画されてる方がそうそう居るとは思いませんが、あるのならこれも今一度見てみたいものです。


投稿: 陽閉 | 2009.09.30 19:27

 えみしさん、はじめまして。
 この作品、大好きなので、皆さんからこのようにいろいろと情報をいただくと、とても嬉しいです。

>>岩崎さんは、先頃亡くなった「デビット・キャラダイン」が若い頃、主演していた「燃えよ カンフー」という西部劇(^^;) の主役、クワイ・チャン・ケインという役の声優でした。
>>そんな危険な旅の中でも「愛」「友情」「人間の尊厳」を見いだしていく、静謐な主人公ケインは、エナリーとよく似ています。多分それゆえ、エナリー役に起用されたのではないかと思われます。

 「燃えよ カンフー」、どこかで探して、岩崎さんの声で観てみたいものです。

>>エナリーとしての、岩崎さんの声に聞き惚れました。ああ、ありがとうございます。ドラマ「異星の人」をきけて幸せでした!

 僕は会社で疲れると、帰宅の電車でこのドラマをiphoneで聴いています(^^)。岩崎氏の声は、心を落ち着かせるには最適です。

>>PS 岩崎信忠さんは、劇団民芸の二木てるみさんの旦那さまだそうです。

 二木てるみって黒澤映画にも出られていた女優さんですね。Blogでいろんな方にこうして情報をいただけるとありがたいです。また今後もよろしくお願いします。

投稿: BP(えみしさんへ) | 2009.08.29 21:42

はじめまして。「異星の人」で検索していてこちらのHPにたどりつきました。大好きな作品です。ラジオドラマ化されているとは知りませんでした!! 聞かせていただいてありがとうございます。

しかも、エナリーの声は、「岩崎信忠」さんだったなんて!! 
岩崎さんは、先頃亡くなった「デビット・キャラダイン」が若い頃、主演していた「燃えよ カンフー」という西部劇(^^;) の主役、クワイ・チャン・ケインという役の声優でした。この西部劇は、中国の少林寺の老師が説く「タオ(禅)」の教えのもと、清国とアメリカ人との混血児のカンフーの達人が、19世紀の人種差別や暴力が支配する西部を放浪するという話です。そんな危険な旅の中でも「愛」「友情」「人間の尊厳」を見いだしていく、静謐な主人公ケインは、エナリーとよく似ています。多分それゆえ、エナリー役に起用されたのではないかと思われます。エナリーとしての、岩崎さんの声に聞き惚れました。ああ、ありがとうございます。ドラマ「異星の人」をきけて幸せでした!

PS 岩崎信忠さんは、劇団民芸の二木てるみさんの旦那さまだそうです。

投稿: えみし | 2009.08.27 22:52

 こんばんは。
 とても貴重な情報、ありがとうございます。なんとあの作品の脚色が矢作氏とは!!思い入れのある作品なので、矢作シナリオに、なんかとても感激です。

>>田沼雄一は矢作俊彦のペンネームです。
>>音の本棚のシナリオの約3分の1は矢作が書いたといわれています。
>>http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119112412/l50

 矢作俊彦 総合スレへのリンク、見ました。

矢作はものすごく沢山の名前で書いていたが、司城(志朗)はひとりの名だったので メインライターのように思われていたらしいが、実質は二人で月二週ずつ。 当時の声優から聞いた話だから正確だと思う。

ちなみに、脚色:矢作俊彦、田沼雄一、石山信次郎など。

 この記述ですね。
 またリンクとして紹介されている下記のページを見ると、矢作俊彦は、『地下鉄サム』や『X電車で行こう』も書かれていたのですね。
 これらはかすかに覚えているので、懐かしいです。

[mixi] 懐かしFMラジオ 「音の本棚」 | 放送作品一覧

【地下鉄サム】  作:ジョンストン・マッカレー 脚色:矢作俊彦
【X電車で行こう】 作:山野 浩一 脚色:矢作俊彦

投稿: BP(名なしさんへ) | 2009.04.25 00:32

田沼雄一は矢作俊彦のペンネームです。
音の本棚のシナリオの約3分の1は矢作が書いたといわれています。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119112412/l50

投稿: | 2009.04.24 11:54

 toshiさん、貴重な情報、ありがとうございます!!

>>ぜひ本編を揃って聴いてみたいと思いますので、あつかましいお願いですが、藤戸さんとコンタクトを取っていただけると嬉しいです。

 この記事を書いた時に、メールしたのですが、なんらかの行き違いか、御連絡がとれませんでした。この機会に再度メールしてみます。

 もし必要なら、このBlogのプロフィールに記した私のメールアドレスまで御連絡下さい。

>>脚色は田沼雄一。
>>出演者は、エナリー役として岩崎信忠(略)。
>>女性は、武藤礼子(エリザベス・テーラーのフィックス声優)でした。確かに初代峰不二子の声に似ていますね。

 田沼雄一! 岩崎信忠! 武藤礼子! この名前を書いていただいて、当時の記憶が呼び覚まされました。
 本当にありがとうございました。いただいた情報をもとに、記事に追記します。

>>ぼくは第1話のBGMに使われたオシビサのCDを長年捜し求め、つい昨年、ようやく輸入版をゲットしました。

 このドラマの音楽は、全部CDで揃えたくなるくらい素晴らしいですよね(^^)。

投稿: BP(toshiさんへ) | 2009.02.15 06:52

はじめまして。
藤戸薬局さんに音源を提供した者ですが、
第1話の「ドラゴントレイル」以外はクレジット部分のみの録音でした。
ぜひ本編を揃って聴いてみたいと思いますので、あつかましいお願いですが、藤戸さんとコンタクトを取っていただけると嬉しいです。
さて、疑問点についてお答えします。
脚色は田沼雄一。
出演者は、エナリー役として岩崎信忠、他キャラは小林昭二の他に、井上真樹夫(キャプテンハーロックの声)。
女性は、武藤礼子(エリザベス・テーラーのフィックス声優)でした。確かに初代峰不二子の声に似ていますね。
ぼくは第1話のBGMに使われたオシビサのCDを長年捜し求め、つい昨年、ようやく輸入版をゲットしました。
長々と失礼しました。


投稿: toshi | 2009.02.15 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/16140828

この記事へのトラックバック一覧です: ■FM『音の本棚』 田中光二原作ラジオドラマ『異星の人』
   エーリアン・メモ ALIEN MEMO
:

« ■謎の映画の予告編 "01-18-08"
"CLOVERFIELD""MONSTROUS""FURIOUS""TERRIFYING"
| トップページ | ■マイケル・ベイ監督 『 トランスフォーマー』 »