« ■デヴィッド・リンチ展覧会 ミラノ トリエンナーレ財団美術館
  『The air is on fire』 @ Triennale de Milan
| トップページ | ■HARA WORK SHOP 原 將人 ワークショップ(1)
  映画楽@京都芸術センター
  ~音楽の精神からの映画楽の誕生~ »

2007.10.17

■NHK ETV特集『21世紀を夢見た日々〜日本のSF50年〜』

Sf50_nenETV特集 21世紀を夢見た日々~日本のSF50年~
   【NHK教育】 10/21(日) 22:00〜23:30
             (某K君のmixi情報より)

 出演/ゲスト: 小山薫堂, 栗山千明

 伝説的なSF作家たちのグループ、「SF作家クラブ」が結成されて45年。星新一、小松左京、筒井康隆、手塚治虫など、SF作家クラブのメンバーは、文学の枠にとどまらず多方面で縦横の活躍を果たし、黄金の60年代と呼ばれるようになる。鉄腕アトムやウルトラシリーズなどがそこから生まれていった。彼らが育んだSFの「遺伝子」は、70年代半ばから音楽、映画、小説、アニメへと、さまざまなジャンルに広がり、世紀末を挟んで「オタク文化」の豊穣な世界を作り上げて行った。

 高度成長期の日本に生まれ、半世紀を経て世界に認められるようになった、日本SF。その50年にわたる歴史をたどりながら、育まれた遺伝子がどのように発展し現代日本文化を生み出したのかを浮き彫りにする。

 うすうす感じていたけど、やっぱSFが「「オタク文化」の豊穣な世界を作り上げて行った」のか(^^;;) 「日本文化」とか凄い持ち上げ方。

 何故この二人がゲストなのか、不明。二人とも実はSFファンなのだろうか。

 栗山千明の後ろに写る本棚が楽しみ。貴重な映像記録も放映されると良いな。60年代の「SF作家クラブ」のフィルムとか残っていないのだろうか。星・小松・筒井の往年のバカ話が映像で残っていたら素晴らしいのに。

◆関連リンク
・「SF作家クラブ」のHPには何もこの件は載っていない。
栗山千明(公式HP)

|

« ■デヴィッド・リンチ展覧会 ミラノ トリエンナーレ財団美術館
  『The air is on fire』 @ Triennale de Milan
| トップページ | ■HARA WORK SHOP 原 將人 ワークショップ(1)
  映画楽@京都芸術センター
  ~音楽の精神からの映画楽の誕生~ »

コメント

 say*3さん、ども。

>>これはやっぱり世界SF大会が日本で開催されたのも影響してるんでしょうか?

 ということなんでしょうね。
 当時、世界SF大会が日本でなんてのは、夢の夢だったでしょうね。

 世界SF大会の光景も放映されるのでしょうね。

投稿: BP | 2007.10.20 17:30

これはやっぱり世界SF大会が日本で開催されたのも影響してるんでしょうか?

投稿: say*3 | 2007.10.17 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/16716420

この記事へのトラックバック一覧です: ■NHK ETV特集『21世紀を夢見た日々〜日本のSF50年〜』:

» ETV特集「21世紀を夢見た日々〜日本SFの50年〜」 [Masa'S Weblog]
NHK教育系で放映しているETV特集を視た。 現代SFの牽引者である星新一氏、小松左京・豊田有恒・石川喬司氏や筒井康隆氏などの昔のお話が見れたのは中々よかった。 50年という括りでは取り上げようがなかっ... [続きを読む]

受信: 2007.10.22 19:00

« ■デヴィッド・リンチ展覧会 ミラノ トリエンナーレ財団美術館
  『The air is on fire』 @ Triennale de Milan
| トップページ | ■HARA WORK SHOP 原 將人 ワークショップ(1)
  映画楽@京都芸術センター
  ~音楽の精神からの映画楽の誕生~ »