« ■核融合科学研究所 大型ヘリカル装置一般公開(2)
    夢の核融合発電実現まであと29年(目標) 
| トップページ | ■SF画アーティスト
   ステファン・マルティニエア:Stephan Martiniere »

2007.11.15

■フランク・ダラボン監督 スティーブン・キング原作 『霧 : The Mist』

The_mistThe Mist(公式HP)

 スティーブン・キング:Stephen King原作、フランク・ダラボン:Frank Darabont監督,脚本のモンスター映画。『ショーシャンクの空に』、『グリーンマイル』というキングの渋い作品を撮ったダラボン監督(どちらも傑作)が、この原作をどう映画化したか、とても楽しみ。

 この原作中篇は1981年世界幻想文学大賞の候補作。『スケルトン・クルー』という作品集に収められている原作を読んだのは、すでに20年近く前。ジョン・カーペンター監督『ザ・フォッグ』とかぶっていて、いまひとつ記憶に残っていない(^^;;)。

 予告編を観ると映像は派手ではなく、どちらかというと人間ドラマに比重があるように観えるのだけど、どうだろうか。アメリカでは、07.11/21公開。

◆関連リンク
StephenKing.com's The Mist
スティーヴン・キング『スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員』(amazon)

7月19日のその夜、メイン州西部の全域が、未曽有のはげしい雷雨にみまわれた。嵐に脅える住民たち。だが、その後に襲ってきた“霧”こそが、真の恐怖だったのだ。その霧は街をおおいつくし、人々を閉じこめてしまう。奇怪な霧に閉じこめられた人々の動揺と冒険を描く中編『霧』

|

« ■核融合科学研究所 大型ヘリカル装置一般公開(2)
    夢の核融合発電実現まであと29年(目標) 
| トップページ | ■SF画アーティスト
   ステファン・マルティニエア:Stephan Martiniere »

コメント

 shamonさん、毎度です。

>>ロマちゃんの様子はいかがですか。
>>寒くて凍えてやしないかと(/_;)。

 霜、一歩手前で、昨日は葉っぱがうっすらと氷結してました、シャリシャリ。おかげで虫は凍死状態。ロマちゃんは大丈夫そう。カリフラワー系はこの時期、大丈夫らしいです。

>>私も「スケルトンクルー」で原作を読みました。
>>あの恐怖がどんなふうに映像化されるか楽しみです。

 キングの真骨頂はやはり人間ドラマなので、ダラボン監督の手腕に期待です。

投稿

投稿: BP | 2007.11.18 11:46

 象牙さん、こんにちは。

>>奇遇にも一週間ほど前に読んだところでしたので、これも何かの縁ということで公開を楽しみに待つことにします。

 予告編の雰囲気は、読後の感じと合ってますか。
 日本公開、まだ先でしょうが、楽しみです。

投稿: BP | 2007.11.18 11:42

まいどです^^。
ロマちゃんの様子はいかがですか。
寒くて凍えてやしないかと(/_;)。

私も「スケルトンクルー」で原作を読みました。
あの恐怖がどんなふうに映像化されるか楽しみです。

投稿: shamon | 2007.11.16 23:32

 こんばんは。

 『霧』映像化ですか!奇遇にも一週間ほど前に読んだところでしたので、これも何かの縁ということで公開を楽しみに待つことにします。

 真正面から「怪物もの」として撮ったら80~90年代のB級ホラー映画みたくなってしまいそうなところですが……映画化に実績のある監督ということで、期待したいですね。

投稿: 象牙 | 2007.11.16 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/17084687

この記事へのトラックバック一覧です: ■フランク・ダラボン監督 スティーブン・キング原作 『霧 : The Mist』:

« ■核融合科学研究所 大型ヘリカル装置一般公開(2)
    夢の核融合発電実現まであと29年(目標) 
| トップページ | ■SF画アーティスト
   ステファン・マルティニエア:Stephan Martiniere »