« ■ヤノベケンジ 『トらやんの大冒険』 | トップページ | ■ルービックヘッド : Rubik's Head »

2007.11.21

■ティム・バートン監督『不思議の国のアリス』3D立体映画化

Tim_burtonティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」を3D映画化!(eiga.com)

 バートン監督は「ベオウルフ」同様のモーションキャプチャー・アニメーションと実写アクションを併用させて、白ウサギに誘われてウサギの穴に落ち、人間の言葉を話すチェシャ猫や帽子屋やトランプの札ハートの女王様らのいるファンタジーの世界に迷い込む少女アリスの物語を描くという。

 また、ティム・バートン監督は、84年の自身の短編映画「フランケンウィニー」を、ディズニーの長編の3D映画として自らリメイクすることに正式決定。

 ディズニーの3D映画というと、最近は『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』とか旧作の立体映画化(メガネ式)を思い出す。最近のハリウッドはこの記事でも取り上げた様に、ホームシアターが登場して映画館の付加価値をつけるために、3D化が進んでいる。

 ティム・バートンによる極彩色のアリス世界が飛び出てくる新作に期待。こんな相性のいい取り合わせも珍しいかも。

◆関連リンク
スターウォーズを立体映画にする技術 In-Three Dimensionalization®
映画『チキン・リトル』 ディズニー デジタル 3-Dシステム

|

« ■ヤノベケンジ 『トらやんの大冒険』 | トップページ | ■ルービックヘッド : Rubik's Head »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/17126298

この記事へのトラックバック一覧です: ■ティム・バートン監督『不思議の国のアリス』3D立体映画化:

« ■ヤノベケンジ 『トらやんの大冒険』 | トップページ | ■ルービックヘッド : Rubik's Head »