« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2007年12月9日 - 2007年12月15日

2007.12.15

■アーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』CHILDHOOD's END
  人類の未来 映像の未来

Childhoodsendtile
アーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』(amazon)
                    (光文社古典新訳文庫ラインナップ)

初版から36年後に書き直された新版、初の邦訳。
SFを超えた「哲学小説」!

この改稿版には、時代の趨勢にかんがみ作品の再調整をして、そのつど人類の平和のありかたを考え直す、クラークならではの未来のヴィジョンが貫かれている。

(解説より) 地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的はなにか? 異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を哲学的に描いた傑作SF。

 1953年に刊行され1999年に若干改稿された新版の初日本語訳。話題の古典新訳文庫にこの作品が入るというのが少し以外だったけれど、なんだかSF文庫以外で刊行されるのはとても嬉しい。

 改稿部分は第一章で、米ソの宇宙開発競争を背景としていた旧版に対して、冷戦終結後の世界情勢を反映し書き換えられている。だけれども読んだ印象はそれほど変わらない。現代からのリアリティを補ったくらいの改稿。

◆人類の未来

 今回読んだのが、たぶん中学、大学時代に続く3回目になるはず。年齢をとって読む感覚が多少変わるかと思ったけれど、異星人カレルレンと国連事務総長ストムグレンの会話がクラークにして若干若書きな印象があるくらいで、終盤の素晴らしい人類視野の展開は今だ古びていない。(新訳では「カレラン」になっているが、旧読者にはやはり「カレルレン」でないと(^^;))。この作品、クラークは36歳の時に執筆しているわけで、もう凄いとしか言いようがない。当時すでにオラフ・ステープルドン『最後にして最初の人類』といった思弁的に人類の進化を描いたSFがあったわけで、それらがクラークのこの作品に影響していることは間違いないにしても、こうした筆致で異様な人類の未来を描けているのは、全く凄い。

◆映像の未来

P285 ニューアテネで行なわれた実験のなかでもっとも目覚しい成果を上げたのは、無限の可能性を持つアニメ映画の分野だった。ディズニーから百年が経過しても、この何よりも柔軟な表現様式はまだ本領を発揮していなかった。純粋な写実主義を追求すれば実写と区別が付かない作品の制作も可能になっていたが、アニメ映画を抽象主義にそって進化させようとしている人々からは大きな軽蔑を買った。(略)

P286 そのチームの研究テーマは、"トータルアイデンティフィケーション" -完全な一体感だった。着想のもとは映画の歴史にあった。まず音が、次に色が、立体映像が、シネラマが、古い"活動写真"を着実に現実に近づけた。その発展の歴史の終着点はどこか。それは言うまでもなく、観衆が観衆であることを忘れ、映画の一部になることだろう。それを実現するには、五感のすべてを刺激したうえで、おそらくは催眠術も利用する必要がある。(略)映画を観ている間はどんな人物にでもなれる。現実のものであれ架空のものであれ、想像の及ぶ限りの冒険に参加できる。人間以外の生物の感覚印象をとらえ、記録することさえ可能になれば、植物や動物にもなれるだろう。

 こんな描写にも奮えます。映像の未来に関してもやはりこのフューチャリストの視点は素晴らしい。催眠術を援用した究極映像。この方法で映画を進化させるテクノロジーが開発されたら凄い。(ダグラス・トランブルの『ブレイン・ストーム』の世界か?) 

◆関連 対談『新世紀エヴァンゲリオン』の世界 SFマガジン 1996年8月号

  この対談は、4月28日に開催された「SFセミナー’96」でのパネルディスカッションをもとに再構成したものです。   

大森望 ぼくは逆に、光瀬龍ってのはあんまり思わなくって、やっぱりクラークの『幼年期の終り』から、小松左京を経て、最近でいえばグレッグ・ベアの『ブラッド・ミュージック』に至る、人類進化の階梯をひとつのぼるための物語として解釈してたんですが。

庵野秀明 わかんないですね。そこまで大仰なもんじゃないと思うんですけどね。やろうとしたことは。

 『幼年期』のクライマックスで現出する無表情な無数の子供たちの異様な姿。このシーンは明らかに映画版『新世紀エヴァンゲリオン』に影響している。

 そしてこの映画は、たぶん『2001年宇宙の旅』を超えて、今のところ『幼年期の終わり』の不気味な進化に最も近いイメージを映像化した作品といえるだろう。たぶんリビルド『ヱヴァンゲリヲン』の最終話が作られるまでは。

アーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』(amazon) ルビ訳

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.12.14

■2007年 文化庁メディア芸術祭 アニメ部門
   優秀賞『電脳コイル』 磯光雄監督 受賞コメント

Coil_isovert_2 2007年 文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門
優秀賞 電脳コイル | 文化庁メディア芸術プラザ

 (shamonさんのひねもすのたりの日々経由)

磯光雄監督 受賞コメント

 新しい風景のなかにも懐かしさが潜んでいると気づいたことがこの作品をつくる発端だったように思います。もともと今回の『電脳コイル』は立派な作品にするつもりはあまりなく、単純に楽しめる作品になったらいいなと思いながら制作しました。(略)

贈賞理由

(略)「クゥ」がなければ大賞であったろうし、本作こそが本年度の大賞であるべきだという人もいるだろう。あるいは、後年にジャンル化してマスター・ピースとなるかもしれない。そんな“夢”を見させるところが、本作の価値だろう。ディティールが理解できなくても、子どもたちの暮らす世界の緊張、対立、欲望は理解できる。よくできたジュブナイルであることが、本作を“観やすい作品”にしている。よくよく考えれば、スタッフのアプローチはまさにその部分にあったのだろう。(略)

 磯監督他、スタッフの方々、受賞おめでとうございます。本当にこの作品、楽しませていただきました。

 監督のコメント、作品と同じく控えめに抑えたところが光ります。「立派な作品」を目指した場合、どこまで行くのか、次はそんな作品も是非観てみたいものです。

 アニメーション部門全体の審査講評はこちら。
 審査員は次の4氏。鈴木 伸一(アニメーション監督)、幾原 邦彦(アニメーション監督)、木船 園子(アニメーション作家)、野村 辰寿(アニメーション作家)。
 あまり詳しい『電脳コイル』に関するコメントは述べられていないけれど、審査の過程で語られた言葉も全部聞きたいと思わせるのも、『コイル』の魅力ゆえ。

当Blog『電脳コイル』関連記事

| | コメント (2) | トラックバック (1)

■動画革命東京 宇木敦哉監督 『センコロール』(トレーラー)

Tokyo_doga_sencorol YouTube - センコロール(トレーラー) 動画革命東京

 平凡な日常に突如現れた得体の知れぬ怪物と、それを取り巻く少年達が繰り広げる非日常 な世界。女子高生ユキを巻き込んで展開され るハイクオリティ・セル・アニメ作品。

 講談社アフタヌーン四季賞にて四季大賞を受賞した宇木敦哉が、持ち前のデザイン力や色 彩感覚をより活かすことができるアニメーシ ョンにそのフィールドを移し、才能を存分に発揮する。

 パイロット版の制作支援と、海外へのプロモーションを実施する株式会社シンクの事業。

 こういうところから新しい才能がどんどん出てくると、いいですね。

 特にこの作品は、シャープなデザインと動画が魅力。引用の画だけではわかりにくいでしょうが、動くとさらにいい。

 うまくいって本編が実現するといいですね。是非観てみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.12

■ホンダ ASIMO:アシモ新型 協調サービス機能

Asimo_kyouchou ASIMO | テクノロジー | 実用機能 複数体 協調(公式HP)

 複数で協調し、連続してサービスを提供するために必要な知能化技術を新たに開発しました。この技術により、人や複数のASIMOがいる環境下で、複数のASIMOが連続してサービスを提供することが可能になり、人間と共存する環境での実用化に一歩近づきました。

ホンダが最新型アシモ発表、トヨタも(TBS)

 アシモの動きを徹底的に邪魔する実験をしてみました。2体のアシモの行く手に立ちふさがり、邪魔をしてみると、状況を判断してよけて通過して行きます。また、飲み物のトレイを置くはずの場所に書類を置いてみると、アシモは書類があるのでトレイを置きません。そこで、書類を動かすと、飲み物をその場所に置きます。

 リンク先のTBSで動画が見える。特に意地悪をした時の動作が見ものなのだけど、いまいち記者が気を使いすぎで、どの程度の対応能力があるのか、不明。

ホンダは12日から東京・青山の本社で2体のアシモを使った接客サービスの実験を行う。実験は1月末まで(年末年始を除く)。

 ということなので、ホンダ本社へ出張のある方は、実物のサービスを目の当たりにできるのかも。この動画を見てると、ホンダの本気が見えます。デザインとか奇をてらった機能に走るのでなく、丁寧に一歩一歩人との共存へ近づいている感じ。(まだまだ実用には遠いのだろうけれど、、、。)

◆関連リンク
ホンダの二足歩行ロボット「アシモ」が溶鉱炉に転落(虚構新聞)
 一瞬、ギクリ。
トヨタ、新型ロボット2体と案内ロボット「ロビーナ」をお台場で一般公開(RobotWatch)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.12.11

■デイヴィッド・リンチDVD『インスタレーション/インランド・エンパイア+リンチ1』

 象牙さんのコメントで知った『インランド・エンパイア』のDVD情報。
 発売は来年2/22としばらくお待たせ状態。

デイヴィッド・リンチ インスタレーション
       『インランド・エンパイア』+『リンチ1』
(amazon)

デイヴィッド・リンチ インスタレーション
        『インランド・エンパイア 通常版』
(amazon)

 特別版には、リンチを撮ったドキュメントである『リンチ1』というのが付く。これは是非観てみたい。

 あとDVDのことを調べていて、リンチの最新の仕事(写真)を発見。

Image1lyn

Gallery Fetish - Louboutin and Lynch
  fluffy Lychees: Lynch meets Louboutin

 フランスの靴のメーカChristian Louboutin:クリスチャン・ルブタンと組んだ写真。

 リンチ独特の妖しさをたたえた写真と先鋭な靴のデザインがマッチしている。

David Lynch Commercials

 残念ながら上の靴については写真のみでCMフィルムはないようだけど、このサイトに今までのリンチのCFがまとめて掲載されているのでご紹介。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.12.10

■押井守、『ブレードランナー』を語る!
  リドリー・スコットとデヴィッド・リンチについて

Black_hork_down_2 押井守、『ブレードランナー』を語る!(TORNADO BASE)
                                                 (野良犬の塒経由)

 僕は今、世界中の監督の中で「この監督にはもしかしたらかなわないかもしれない」と思う監督はふたりしかいない、大法螺を吹くみたいだけどね。

 そのふたりというのは、リドリー・スコットとデビッド・リンチです。このふたりには、もしかしたら勝てないかもしれない。勝つというのは変な言い方だけど、どこかしら驚嘆するというか、圧倒される部分がある。

 映画はビジョンだとして、リドリー・スコットについて語っている。『ブレードランナー』を超える未来映像が何故出てこないかも詳細に分析。リドリー・スコットの映画に関して、『ブラックホーク・ダウン』を15~16回ぐらい観たというようなことも語られている。押井守にとってのリドリー・スコットという監督の大きさが読み取れる。

 そんな文脈で語られた上の文章。押井守がデヴィッド・リンチについて語るのをあまり聞いたことがなかったので、印象的。しかし残念ながらこれ以上の発言はなされていない。『ブレード・ランナー』に関しての講演なので、しかたないのだけれど。

 というわけで、他から押井守のデヴィッド・リンチ評。
 押井守ファンサイトとして有名な<野良犬の塒>の都々目さとし氏が04年8月に発行した『犬からの手紙 第6号 : Ein Brief von den Hunden 6』の押井守インタビューより。

 僕はリンチに関しては色んなものをもらったというか、非常にインスパイアされた。インパクトを与えられた人間だよ。(略)多分今、唯一評価する監督だよね。リンチは確かに凄い、もしかしたらちょっと適わないかもしれないっていうくらい凄い監督だと改めて思ったよ。つい先週だったかな。『マルホランド・ドライブ』観たからそう言うんだけどさ。「あれはすげぇ映画だ」ってさ。ここ数年で一番インパクトあったよね、参りました。

 この同人誌のインタビューは、通常の商業誌で読めないような深い話が聞き出せていて、さすが都々目さとし氏という出来。機会があれば押井守ファンは入手されることをお薦め。(僕は縁あって都々目さんからお贈りいただきました)

 押井守は『イノセンス』を観るとまさしく物語よりもヴィジュアルを優先する映像の作家という感じがする。これは年々深化しているように思う。映画というものに関する押井守の考え方が先鋭化してきているのを感じる。

 『マルホランド・ドライブ』は映画芸術が到達したひとつの究極の姿だと思う。

 押井守の『マルホランド・ドライブ』論を是非読んでみたい。監督では北野武(『TAKESHIS'』でまんま泣き女のパロディを美輪明宏にやらせていたのには吃驚)、作家では山田正紀(こちらも『サイコトパス』で『マルホランド・ドライブ』挑戦)。これらインスパイアされた作家たちの『マルホランド・ドライブ』評論集なんてのを編んだら面白そう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.09

■幻想植物 栽培日記8 ロマネスコ vs 青虫 冬の対決

Romanesco_07120901  栽培日記の続き。2本だけ生き残り、そのうち一本がフラクタクルな形状を現したロマネスコのその後。

 左がフラクタクルな実を結ぶ1本。実の生育のスピードは遅く、やっとこぶし大。右はいまだ葉のみで宇宙植物の本性を現していない。

 そして左を良く見てほしい。
 葉の勢いがなくなっているのがわかると思う。あろうことか、冬が来たというのに青虫が大量に発生し、この一本に集中してとりついて葉を蝕んでいる。再びボロボロになった葉がお分かりいただけるだろう。宇宙植物をこの地上に繁殖させてはいけないと、地球生物を代表して頑張っているのか>>青虫。

 次の一枚がさらにロマネスコと青虫の対決の一枚。
Romanesco_07120902_2

 右の一枚の左下、ここに取り付いている二匹の青虫が見えるだろうか。
 この植物の驚異の容姿にひるむことなく、果敢に戦いを挑む青虫の地球愛にしばし目頭を熱くしたBPであるが、その後、虫を引き剥がし踏み潰し撃退したのであった。既に私の精神はロマネスコにコントロールされているのであろうか(^^;)。これぞインベーション。

◆関連リンク 当Blog記事 
幻想野菜 ロマネスコ
幻想植物 栽培日記1 ロマネスコの種まき
幻想植物 栽培日記2 ロマネスコ、芽吹く
幻想植物 栽培日記3 ロマネスコ、フィールドへ
幻想植物 栽培日記4 ロマネスコ、地球の虫との対決
幻想植物 栽培日記5 ロマネスコ、巨大化
幻想植物 栽培日記6 ロマネスコ、瀕死!!
幻想植物 栽培日記7 ロマネスコ、復活!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »