« ■テリー・ギリアム新作情報
 『パルナッサス博士の想像力:The Imaginarium of Dr. Parnassus』
| トップページ | ■SFマガジン編集部編『SFが読みたい!2008年版』
   & 究極映像研 2007年SFベスト »

2008.02.16

■『スターウォーズ・エピソード3』と『エピソード4』の3D映像公開
  BIFCOM 釜山フィルムコミッション

Titanic

BIFCOM 釜山フィルムコミッション

07年10月8日―11日@海雲台グランドホテル2階。

- 3D立体映像の技術実演会 ‐
ジョージ・ルーカス、ピーター・ジャクソン、ジェームズ・キャメロン監督らが称賛した3D変換特許技術

マシュー・ディゾン In-Three社オペレーションマネージャー
2D映像の3D映像への変換

In-Threeは、現在ハリウッドのメジャー スタジオで立体映画に変換するテストを行っている。同社は「スターウォーズ・エピソード3」と「エピソード4」の3D映像を公開する。特に「スターウォー ズ・エピソード3」の立体映像は世界初の公開だ。

2007年3Dリスト (大口孝之氏の特殊映像博物館:Special Movie Museum)

 その出来は極めて自然で、最初から立体映画として制作されたものと変わりがなかった。

 具体的な手順は、①オリジナルのフィルムを元に、奥行きを設定したデプス・ストーリーボードを作成。②各映像のレイヤーを分解。③見た目で3Dのジオメトリーをモデリング、もしくはペイントによるデプスマップを作成し、オリジナルの映像をテクスチャマッピング。④左右の視差を与えて、映像の欠けた部分をペイントで修正…というものである。被写界深度によるピントのボケた個所は、他のショットから焦点の合った映像を移植してきたり、そっくり別の映像に置き換えたりという方法で対応している。

 CGWORLD 2008年3月号 vol.115の大口氏の記事「いよいよ本格的になってきた立体映画ブーム」で、STAR WARS EPISODEⅢの立体映像の初公開情報を初めて知った。韓国で世界初というのはどういう意味があるか分からないけれど、このニュースはもっと報道されてもいいはず。昨年10月に公開。何分くらいが3D化されたのか知らないけれど、05年のハリウッドでのテスト映像の公開時(以前の記事
スターウォーズを立体映画にする技術  In-Three Dimensionalization®」参照)には本来07年に映画一本が3D化されて公開される予定とのことだったので(ルーカスの発言)、計画は随分遅れているようだ。

 以前の記事で紹介した時は、3D化の手法が不明だったけれど、今回の大口氏の情報でやっとわかってきた。

◆3D生成手法

In_three

The Process  (In-Three社)

uses its patented software tools and techniques to create a second view from any two dimensional image. For example, each frame of a movie can remain the left eye view and In-Three can create a right eye view. The result, an In-Three dimensionalized film, can be shown using any 3D projection system.

 詳細はDepth Grading in 3D Creationというpdfファイルで公開されている。
 IN3D : In-Three Depth-builderという自社製ソフトウェアが立体映像化のツールとのこと。

 このソフトの使用の様子が冒頭の写真だけれど、2Dの映像に深さ情報を追加して、実写映像をテクスチャーとして貼り付けるというのは、繊細で根気のいる作業になりそう。

 本来episode Ⅲは、多くのSFXシーンが3Dで作られていて、そこからダイレクトに立体映像は作れるはず。そこらへんの連係がどうなっているかは、このpdfの記述だけでは不明。釜山では技術実演があったそうなので、こういったところの解説もあったのかも。

 いずれにしても手法の効率化がはかられて、早い時期に公開されるのを待つばかりである。がんばれ>>In-Three社。

◆関連リンク
(amazon)
IN3D 調べたらニュージーランドのCG会社が同名だけれど、これは別物。

|

« ■テリー・ギリアム新作情報
 『パルナッサス博士の想像力:The Imaginarium of Dr. Parnassus』
| トップページ | ■SFマガジン編集部編『SFが読みたい!2008年版』
   & 究極映像研 2007年SFベスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/40136066

この記事へのトラックバック一覧です: ■『スターウォーズ・エピソード3』と『エピソード4』の3D映像公開
  BIFCOM 釜山フィルムコミッション
:

» エディソン・チャン(香港・俳優) [エディソン・チャン(香港・俳優)]
お隣の中国は香港で人気の俳優さん、エディソン・チャン(陳冠希)さんの画像と動画です。色んな女優さんとのスキャンダルが発覚して、中国では凄いニュースになってるとか。。。 [続きを読む]

受信: 2008.02.18 22:53

« ■テリー・ギリアム新作情報
 『パルナッサス博士の想像力:The Imaginarium of Dr. Parnassus』
| トップページ | ■SFマガジン編集部編『SFが読みたい!2008年版』
   & 究極映像研 2007年SFベスト »