« ■ジャズを歌うエンターテインメントロボット タイタン
   Robot Entertainment Titan
| トップページ | ■カシオ デジタルカメラ EXILIM PRO EX-F1②
  シャッターレス コンセプト »

2008.02.10

■カシオ デジタルカメラ EXILIM PRO EX-F1①
  高速度撮影とフルハイビジョン 「四つの目」の独創

Exf1
カシオ デジタルカメラ オフィシャルWEBサイト | EX-F1
(サンプル.mov)

カシオの次世代デジタルカメラは、1秒間に最大1,200コマという驚異のハイスピードムービー撮影を実現。今まで業務用の映像機材でしか撮影できなかった超スロー映像を、手軽に記録することができます。人間の能力を超えた目に見えないドラマチックな瞬間や映像を楽しむことはもちろん、スポーツの技術向上のための分析、実験、昆虫観察など、幅広い用途に活用できます。

 発売は3月。発表から1ヵ月ほど経っていて中途半端な時期の紹介だけれども、この変革のデジカメについて思うところを書いてみます。

新しい視覚の獲得 超高速度撮影 1200fps

四つの目 - Wikipedia

 四つの目(よっつのめ)とは、NHK総合テレビで1966年4月から1972年3月まで放映されていた小学生向けの科学番組である。

 番組名の「四つの目」は、通常の撮影による「肉眼の目」、高速度撮影や微速度撮影による「時間の目」、顕微鏡や望遠鏡などによる「拡大の目」、X線撮影による「透視の目」を意味する。

 60年代に小学生をおくった我々には、このカメラ、まさに「四つの目」の民生機での実現のように感じられる。(と言っても微速度と透視はまだ不可だけど(^^;))

 上のサンプルを観て思い出だしたのは正に「四つの目」。この番組で最も僕が楽しみにしていたのは高速度撮影だった。現実から非現実の空間が切りとられる瞬間に立ち会えるあのセンスオブワンダーの感覚。これをこの値段(最初13万円くらいで登場らしい)で自分の手の中にできるというのは、まさに奇跡。DLPや液晶プロジェクターで家庭に映画館がやってきたのと同じ感動 ! (、、、「手にできる」というのは可能性の話で、僕の小遣いからはすぐ買える値段でない。念の為(^^;;)型落ちで半額くらいになったら手を出す予定)

ハイビジョンによる「拡大の目」の獲得

フルHDムービー

有効画素数600万画素の高画質写真だけでなく動画も美しく残すために、カシオの次世代デジタルカメラは、高効率画像圧縮技術H.264による1,920×1,080のフルハイビジョン動画撮影を可能にしました。 

 この一眼デジカメでハイビジョンムービーが撮れるというのは、レンズ交換できるハイビジョン動画機を気軽に手にできる、ということ。
 現在、ムービーカムでそれができるのはSONY HVR-Z7Jといった超高級機のみである。なんと価格は70万円。もちろん他の性能も差があるのだろうけれど、にしてもEXILIM PRO EX-F1で世にある一眼の各種レンズを使ってハイビジョン動画を簡単に撮れるのは、自主映画を作っている監督たちには福音でしょう。ハイビジョンの「拡大の目」の威力も楽しみ。

※すみません、訂正します。このカメラ、レンズ交換はできないみたい。できたらいいなー、という記事として読んでください。それにしても何故レンズ交換できる一眼にしなかったのだろう。いずれそういうカメラが出るのも時間の問題でしょう。

★記事 ②へ続く

◆関連リンク
EX-F1(amazon) ( 楽天 ) 2/10現在はリンクなし
「カメラにシャッターなんていらない」カシオの超高速機
           その狙いと先にあるもの- Tech-On!

中山氏 将来のカメラは,ユーザーに「ここではこの静止画(または動画)を残してはどうでしょうか」と提案する機能も備えるでしょう。

中山氏 当社のもともとの経営理念をかみ砕いたもので,管理職は創造憲章に対する誓約書に署名し,手元に置いています。その第1章にはこう書かれています。「私たちは,独創性を大切にし,普遍性のある必要を創造します」。  普遍性のある必要を創造という言葉はなかなか難しくて,こう解説されています。「誰にとっても必要でありながら,まだ世の中になかったものを,新たに生み出すこと。これは製品開発のみならず,すべての業務においてカシオが追求すべきものです」。

(略)消費者が一瞬で価値の高さを理解できる「営業トーク」を用意するのです。EX-F1では,それがフルHD動画(1080/60i)の撮影機能 でした。フルHD対応のビデオ・カメラは10万円くらいしますから,EX-F1が備える豊富な静止画関連機能と合わせて考えれば,EX-F1は決して高く ないと考えてもらえる。フルHD動画は,消費者だけでなく販売担当者にとっても価値ある機能なのです。

(略)レンズに対する品質基準は静止画を念頭に決めていますから,ビデオ・カメラのものよりも優位かもしれません。ただし,EX-F1の主用途は静止画撮影。フルHD動画の画質は,ビデオ・カメラと遜色ない水準でよい。

 ここの戦略も好きです。HDデジタルビデオに一眼のデジカメ(しかもハイスピード撮影機能とか盛りだくさんのハイテク)、ということだと断然お得な値付けになります。

 まじめに今まで運動会でデジタルビデオカメラと一眼カメラの両方をぶら下げて行ってたお父さんには朗報でしょう。

|

« ■ジャズを歌うエンターテインメントロボット タイタン
   Robot Entertainment Titan
| トップページ | ■カシオ デジタルカメラ EXILIM PRO EX-F1②
  シャッターレス コンセプト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/17632750

この記事へのトラックバック一覧です: ■カシオ デジタルカメラ EXILIM PRO EX-F1①
  高速度撮影とフルハイビジョン 「四つの目」の独創
:

« ■ジャズを歌うエンターテインメントロボット タイタン
   Robot Entertainment Titan
| トップページ | ■カシオ デジタルカメラ EXILIM PRO EX-F1②
  シャッターレス コンセプト »