« ■『電脳コイル』が切り拓くSecond Life以後の近未来サイバーワールド | トップページ | ■山本 弘 『アイの物語』 »

2008.03.12

■新海誠監督『秒速5センチメートル』

5secvert 秒速5センチメートル(公式HP)

 この監督の作品はどうも好きになれない。

 今回も素晴らしい背景映像には、とにかくため息。
 桜の季節感とか夏の黄昏時の光の再現。映像だけで懐かしさを感じさせるこの空気感の表現力が素晴らしいと思う。

 映像だけでこれだけ力があるのだから、あえて登場人物の日記とかメールを用いて心象描写をナレーションにする必要はないのではないか。

 その甘ったるい言葉の数々がかぶさることで、まるで洗練された美味しそうなケーキに、ドパドバと砂糖をかけて食べるような残念な映画になっている。と感じるのは僕が単に草臥れた中年だからだろうか、、、(^^;;)。(でもいっしょにDVDを観ていたうちの娘たちもそのナレーションにはひいていた)

 映像でこれだけ力があるのだから、クールな作家にダイアローグを書かせたら素晴らしい傑作になるかも。

 今回特に桜のシーンと、第二話冒頭の別の惑星のような凄い情景に息を飲んだので、あえてこんな感想を書いてみました。

◆関連リンク
Other voices -遠い声-.(新海誠HP)

|

« ■『電脳コイル』が切り拓くSecond Life以後の近未来サイバーワールド | トップページ | ■山本 弘 『アイの物語』 »

コメント


 shamonさん、TB、ありがとうございます。

>>ポスト宮崎駿と称される新海監督ですが、
手法は押井だなっていつも思いますね。

 映像の凝り方でしょうか。

>>第三話は歌と映像だけで圧倒されました。
良くも悪くも”男の未練”を引きずった内容に女としてはみょーに「だよな~(・・)とうなづいちゃいました(^^;。

 男の未練、うまいこと言いますね(^^)。
 この世界って、あまりに男の願望として描かれすぎているような気が、、、。うちの女性陣は冷やかにドン引き(^^;)でした。
 セリフを聴かないで観たら、どれだけ印象が変わるか、次回作はそうして観てみようかと。

 あの世界のファンの方には本当に申し訳ない言い草ですが、、、、(^^;;;)。

投稿: BP | 2008.03.13 00:52

まいどです。劇場で見たときの感想をTBします。

ポスト宮崎駿と称される新海監督ですが、
手法は押井だなっていつも思いますね。
そういう意味でも異彩(この言葉は似合わないけど)を
放つ監督でしょう。好みは別として(^^;。

第三話は歌と映像だけで圧倒されました。
良くも悪くも”男の未練”を引きずった内容に女としてはみょーに「だよな~(・・)とうなづいちゃいました(^^;。

投稿: shamon | 2008.03.12 07:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/40438944

この記事へのトラックバック一覧です: ■新海誠監督『秒速5センチメートル』:

» 「秒速5センチメートル」 [ひねもすのたりの日々]
作品公式サイトはこちら。 3本の短編で構成された1時間の短編連作アニメーションで [続きを読む]

受信: 2008.03.12 07:36

« ■『電脳コイル』が切り拓くSecond Life以後の近未来サイバーワールド | トップページ | ■山本 弘 『アイの物語』 »