« ■山崎貴監督『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 | トップページ | ■日本初の有人宇宙施設 ISS JEM
  国際宇宙ステーション 日本実験モジュール きぼう »

2008.06.07

■宇宙軍大元帥 野田昌宏氏 宙へ旅立つ

Noda_shambleau_press_all_3

訃報:野田昌宏さん74歳 (毎日新聞)

日本のSFファンの代表的存在として「宇宙大元帥」のニックネームで親しまれたほか、作家としても活躍した。ガチャピンのモデルといわれる。

 今朝の新聞で知りました。先日のクラーク今日泊亜蘭氏と、今年はSF作家たちの訃報が相次いでいますが、とても残念です。今夜は宇宙に向かって、野田さんに黙祷を捧げたいと思います。

 右の写真は、野田さんから送ってもらったソユーズ宇宙船の欠片。日本初の宇宙飛行士の秋山豊寛氏が持ち帰られたものをフロッピィのケースに入れ、色紙として綺麗にまとめられています。SFマガジンの大元帥の連載エッセイのプレゼントに応募していただいたもの。うちの家宝です(^^;)。破片はソユーズのもので、TBS鈴木順アナウンサーの好意によるものとのこと。

 数年、リビングに飾っておいたので、すっかり日焼けしてしまっていますが、野田さんのサイン代わりの「あの逆三角形眉毛の顔」と自分の名前が描かれているのが嬉しい(名前はモザイクにしました)。

Noda_daigensui  一部拡大版も掲載。
 Shambleau Pressとか、加藤直之氏のカットが入っていたり、こういうこだわりが楽しい。氏のエンターテインメント精神がこんなところにも活き活きと表れています。

 SFの翻訳では、学生の頃、『キャプテン・フューチャー』や『スター・ウルフ』でワクワクし、著作『銀河乞食軍団』のべらんめいなスペースオペラを楽しませてもらいました。あと<日本テレワーク>ものも大好き。

 でもやはり僕にとっての野田大元帥は、SFマガジンの連載でのSFイラストの熱い紹介記事の数々が忘れられません。「SFは絵だ」の言葉は有名ですが、氏の紹介で観るアメリカのSFイラストの光り輝いていたこと。
 僕らは絵そのものを観ていたのでなく、神田の古書街で米兵が残していったSF雑誌を見つけた時のセンス・オブ・ワンダーを加味した野田氏の脳内イメージをそこに観ていたのだと思う。数々のエピソードとともに、それらのイラストを眺めるのは、本当に楽しい時間でした。

 そしてもうひとつは、野田氏の手による宇宙開発のドキュメント。
 『NASA これがアメリカ航空宇宙局だ』他、フロリダの現地からの氏の宇宙開発の現場のルポルタージュは、これも宇宙への夢と希望にあふれていて、ワクワクしました。

 今頃、野田大元帥はクロパン大王に乗って、銀河のどのあたりを飛んでいるのだろうか。これから僕らは宇宙を見上げるたびに、そんな想いを想い描くことになるんだろうね。合掌。

◆関連リンク
野田昌宏 - Wikipedia
SPACE FORCE GENERAL STAFF OFFICE
ガチャピン日記にはまだ訃報の記載はありません。
・2ch 【訃報】大元帥、宇宙に還える 野田昌宏さん-74歳
野田大元帥やすらかに(Youtube)

・(6/8追記) 野尻ボードにて野田さん追悼の文を、TBSの鈴木順氏が書かれています。
上のソユーズの破片についても触れられています。破片の正体は「ソユーズの二段ロケットのアクリル保護カバー」とのこと。

|

« ■山崎貴監督『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 | トップページ | ■日本初の有人宇宙施設 ISS JEM
  国際宇宙ステーション 日本実験モジュール きぼう »

コメント

黙祷/合掌。

投稿: say*3 | 2008.06.08 20:48

 森下一仁さん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。

 野田さん追悼の気持ちを多くのプロガーの方と共有したくてトラックバックさせていただきました。本当に残念ですね。

 本文でも書きましたが、SFのセンスオブワンダーと宇宙開発の未来への希望を語られたらこの方の右に出る人はいませんでした。
 宇宙で運用を開始した「きぼう」を、野田さんのプロデュースされたドキュメンタリーで観たかったのは僕だけではないはずです。

P.S.
『コスモスホテル』の頃から、著作を愛読させていただいてます。今後ともよろしくお願いします。

投稿: BP | 2008.06.08 07:46

 TBありがとうございました。いつも元気で優しかった野田さんが逝ってしまうなんて……。
 ご冥福をお祈りします。

投稿: 森下一仁 | 2008.06.07 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/41449632

この記事へのトラックバック一覧です: ■宇宙軍大元帥 野田昌宏氏 宙へ旅立つ:

» 野田昌宏さん宇宙(そら)へ・・・逝く [=のぶさんの独り言=]
突然の訃報に驚きました。 SF作家の野田昌宏さん死去=朝日コム(2008年06月07日02時23分)  野田 昌宏さん(のだ・まさひろ=SF作家、本名野田宏一郎〈こういちろう〉)が6日、肺炎で死去、74歳。 「銀河乞食(こじき)軍団」シリーズなどのSF小説、ノン...... [続きを読む]

受信: 2008.06.08 00:51

» 野田昌宏氏、死去 [ケレン子とサンディ]
 極個人的に言うと、私の中の国内SF三大聖人(後の2人は矢野徹と松谷健二)の最後 [続きを読む]

受信: 2008.06.10 01:03

« ■山崎貴監督『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 | トップページ | ■日本初の有人宇宙施設 ISS JEM
  国際宇宙ステーション 日本実験モジュール きぼう »