« ■京都造形芸術大 ウルトラ・ワーク・イン・プログレス
 『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・1
| トップページ | ■『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・3
 パパ・タラフマラ「ガリバー&スウィフト」
 ヤノベケンジの舞台装置と劇団リハーサル »

2008.09.30

■『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・2
  ジャイアント・トらやん と Big Flea

Bigflea02

Top_2
 ひさびさにジャイアント・トらやんと再会することができた。
 これはウルトラファクトリーで組み立てられ、京都造形芸術大に常設展示されているヤノベ氏現時点最大の作品。

 以前豊田市美術館で観て、既に3年が経過している。
 3年の間、各地を巡業したトらやんは、若干どこか疲れた風情(気のせい?(^^;))。

 そして今回の展示で素晴らしかったのが、京造大1年生が制作しオープンキャンパスで公開された京ねぶた祭の「BIG FLEA」との競演。
 全高7mの巨大ロボット ジャイアント・トらやんと全長約5~6mの巨大蚤のねぷた。この巨大感威圧感はかなりの見もの。写真で少しでもそれが感じてもらえれば幸い。

 特にホールの横に設けられた階段の上から、トらやんを俯瞰した眺めが新鮮だった。
 まるで巨大蚤に先導させたパレードのように観える。蚤とトらやんの関係??、これは想像力を働かせるしかない。
 そしてウルトラツアーでトらやんはヤノベ氏の指示で、その巨体を動かした。
 さすがに火炎放射は今回ない。ねぶたが炎で燃えるようなパフォーマンスもありだと思うけれど、さすがに消防法上、不可能(^^;)。

 ノミに続き、来年はどんなねぶたが並んで展示されるか、期待したい。
 ここのホール、広いので、いっそヤノベ氏の巨大作品を並べて展示するなんてのも嬉しいけど、、、。

◆関連リンク 当Blog記事
幻の万博 YANOBE KENJI  『KINDER GARTEN』
ヤノベケンジ作品集出版記念イベント 火を噴くトらやん @豊田市美術館
絵本『トらやんの大冒険』&ヤノベケンジ展『トらやんの世界』
「キンダガルテン」、卒園式
『トらやんの大冒険』
本格的作品集『ヤノベケンジ 1969 - 2005』ついに刊行
豊田市美術館 最後の「トらやん・ファイヤー」
「絶対孤独の表現者たち アウトサイダーアートの世界」
 新日曜美術館 KPO閉館現代アート発信の20年

|

« ■京都造形芸術大 ウルトラ・ワーク・イン・プログレス
 『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・1
| トップページ | ■『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・3
 パパ・タラフマラ「ガリバー&スウィフト」
 ヤノベケンジの舞台装置と劇団リハーサル »

コメント

 BIG FLEAさん、展示場所に関する質問に回答いただき、ありがとうございます。会場で制作した方と話したかったのですが、かなわなかったのでこうした場で会話出来て嬉しいです。

>>勿体無いですよね;作ってすぐ壊しちゃうなんて><
>>ただ、学長賞ほかを獲ったクラスは、
>>解体せず1か月ほど置いておけるみたいですよ~。

 他の作品が展示できるなら、全部1ヵ月ほど置いておけばいいのに。資材としてももったいないし、何より迫力ある作品がもったいないですね。大学祭まで展示して多くの人に観てもらえると良かったですね。

>>エリア選択→そこから厳密にクジ、という形です。
>>私たちはある意味一番良い場所でした(笑)

 まさにベストポイント!
 ジャイアント・トらやんにとってもこうした巨大物との競演は初めてのはずで、魅力的なコラボだったと思います。
 今後もこうしたイベント、楽しみにしてます!

投稿: BP(BIG FLEAさんへ) | 2008.10.04 08:56

こんばんは、お返事ありがとうございます!
勿体無いですよね;作ってすぐ壊しちゃうなんて><
ただ、学長賞ほかを獲ったクラスは、
解体せず1か月ほど置いておけるみたいですよ~。

質問ありがとうございます~。
展示場所は体育館・オーブなどエリアで別れていて、
エリア選択→そこから厳密にクジ、という形です。
私たちはある意味一番良い場所でした(笑)

投稿: BIG FLEA | 2008.10.02 22:59

 BIG FLEAさん、こんばんは。
 なんと制作者の方ですか! コメント、ありがとうございます。

>>褒めて頂けて嬉しいです!ノミは6m30cmあります。

 トらやんとほぼ同じ大きさですね!

>>もう解体作業も終わってしまいましたが、

 もったいないですね。もっと長く展示されるといいのに。でも物騒な世の中なので、燃えやすいものをずっと置いておくわけにいかないのでしょうね。

>>見て頂けて幸せです。ありがとうございました。

 こちらこそ、ダイナミックなアートをありがとうございました。

 ひとつ質問させていただいていいでしょうか。

 もともとこのBIG FLEAは、ジャイアント・トらやんと並べて展示される予定だったのでしょうか。他にもいくつものねぶたがあったわけですが、このトらやんとの競演は、どうやって勝ち取られたのでしょうか。のみとジャイアントの対比が面白いと思いました。

 もし教えていただけると嬉しいです。

投稿: BP(BIG FLEAさんへ) | 2008.10.02 22:38

こんばんは。BIG FLEAを制作した、
京都造形芸術大学の学生です。
褒めて頂けて嬉しいです!ノミは6m30cmあります。
もう解体作業も終わってしまいましたが、
見て頂けて幸せです。ありがとうございました。

投稿: BIG FLEA | 2008.10.02 00:23

 shamonさん、こんばんは。

>>透明な王蟲に見えました・・・^^;。

 そう言われてみれば。

 ねぷたの巨大感は本当にいいですね。本物の王蟲はこれよりふたまわりは大きいのでしょうね。

投稿: BP(shamonさんへ) | 2008.10.01 22:04

>全長約5~6mの巨大蚤のねぷた
透明な王蟲に見えました・・・^^;。

投稿: shamon | 2008.10.01 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/42634793

この記事へのトラックバック一覧です: ■『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・2
  ジャイアント・トらやん と Big Flea
:

« ■京都造形芸術大 ウルトラ・ワーク・イン・プログレス
 『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・1
| トップページ | ■『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・3
 パパ・タラフマラ「ガリバー&スウィフト」
 ヤノベケンジの舞台装置と劇団リハーサル »