« ■池谷 裕二, 木村 俊介『ゆらぐ脳』 レビュー・2
  脳の自発活動と意識
| トップページ | ■カナザワ映画祭2008 フィルマゲドン
クリスピン・グローヴァー ビッグ・スライドショウ “IT”トリロジー
  『What is it?』 『It Is Fine! Everything Is Fine.』 »

2008.09.11

■美濃市造り酒屋小坂家 こめぐらギャラリー『林真作品展』

Hayashi_shin_2 小坂家住宅 -美濃市

 近場の美濃市へふらふらとドライブ。
 普通の旅行ならここで取り上げることはないのだけれど、期せずして、個性的な画家の展示を独特な空間で偶然見ることができたので、簡単にレポートです。

 美濃の古い町並みが残る一角。
 国の重要文化財に指定された小坂家住宅。造り酒屋で奥に深い家屋の屋内に広い土間が続いている。そしてその先にかすかに土蔵が見える。

 ひんやりとした空間、人は他にはいない。
 土蔵には「こめぐらギャラリー」の文字。

 暗く沈んだ土蔵の中に入っていくと、まず見えるのは、「バスルーム」と名付けられた作品。コンクリートの土間に冷え冷えと並べられた丸椅子との組合せのイメージがまず素晴らしい。

 こんな土蔵の中で冷えた風呂に入る寂しげな女。

 そしてその右にかけられた「駱駝」と名付けられた個性的な陰鬱な絵。異様な迫力に思わず息を飲んで、明るい方へ出ていきたくなる。どこか引き込まれそうなこの雰囲気は一級でした。

 これは、岐阜県土岐市出身の画家林真氏の作品展。

 残念ながらネットには林氏の詳しい情報は見つかりませんでした。

 美濃へ行かれる方にはお薦め。
 開催期日は明記されていなかったので、電話で予め確認下さい。

◆関連リンク
林氏の切手デザイン ずいぶん雰囲気の違う絵です。

|

« ■池谷 裕二, 木村 俊介『ゆらぐ脳』 レビュー・2
  脳の自発活動と意識
| トップページ | ■カナザワ映画祭2008 フィルマゲドン
クリスピン・グローヴァー ビッグ・スライドショウ “IT”トリロジー
  『What is it?』 『It Is Fine! Everything Is Fine.』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/42410754

この記事へのトラックバック一覧です: ■美濃市造り酒屋小坂家 こめぐらギャラリー『林真作品展』:

« ■池谷 裕二, 木村 俊介『ゆらぐ脳』 レビュー・2
  脳の自発活動と意識
| トップページ | ■カナザワ映画祭2008 フィルマゲドン
クリスピン・グローヴァー ビッグ・スライドショウ “IT”トリロジー
  『What is it?』 『It Is Fine! Everything Is Fine.』 »