« ■未来技術遺産
 噴水型ジュース自動販売機, Philco Television
| トップページ | ■アートディレクター森本千絵 CM「イロニンゲン」 »

2008.10.23

■豊田市美術館 ヤノベケンジ展 情報
  ウルトラ・ヤノベプロジェクト第二弾

◆豊田の街にヤノベケンジが帰ってくる !
 今後のプロジェクトについて(ULTRA PROJECT catalog)

ウルトラ・ヤノベプロジェクト第二弾の現場は美術館である。来年3月に開催する豊田市美術館での個展「ウルトラ」ではトンデモない新作を用意している。アート、デザイン、サイエンスをまさに融合させた極秘プロジェクト。その実験現場がこのウルトラファクトリーとなる。

 先日レポートしたULTRA FACTORYで配布されたパンフ「ULTRA PROJECT catalog」の中で発表されたプロジェクト第二弾の情報。
 ジャイアント・トらやんが三河の地に火を吐いた時から4年ぶりにヤノベケンジがモータウン豊田に戻ってきます。

 情報をあさってみると、公式HPに既に下記の広報がありました。

Ultra bloc: 豊田市美術館

2009/3/7(土) →2009/6/21(日) ヤノベケンジ展:ウルトラ 愛知【豊田市美術館】

スケジュール|豊田市美術館 (Toyota Municipal Museum of Art)

豊田市公式HP  市民文化

常設特別展:テーマを設定し、所蔵品を中心とする小規模な展覧会です。
ヤノベケンジ展: ウルトラ
平成21年 3月 7日(土) ∼ 6月21日(日)
美術作家ヤノベケンジによる待望の新作プ ロジェクトを初公開。ますます広がりを見 せる世紀のトリックスター「トらやん」の 世界。その活動を記した絵本作品の原画及 びドキュメントも併せて展示します。

 あと半年先。豊田は地元みたいなものなので、しっかり鑑賞できるので楽しみ。
 この広報文だと「小規模展」。「ウルトラ」プロジェクトなのに「小規模」じゃ駄目でしょう! と思わず突っ込みたくなります。京造大の学生さんとのコラボレーションで、ジャイアント・トらやんを超えるULTRAアートを期待します !

◆スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI - 「西ジブリ」応募者募集中です!(いよいよ17日まで).

指導はジブリの作画部 門のリーダーでもある稲村武志とそのほか2名のベテランアニメーターが務めます。もちろん、宮崎駿監督も毎週、アニメーションに必要な知識とノウハウの講 義と指導を直接行ないます。宮崎監督自身の言葉を借りると「この2年間で、今後30年くらいはアニメーターとしてやっていける術を全部叩き込む」というこ とです。

ポッドキャスト

 おまけにもうひとつ旧聞ですが、豊田に絡むアートな情報。この「西ジブリ」スタジオが作られるのが豊田市。
 何故豊田なのかは上のポッドキャストでそれなりに語られています。んが、豊田でなくても郊外な環境ならどこでも良いように聞こえます。
 折しも自動車産業に影が差し、トヨタの大幅減益が予想される昨今。はやばやと豊田市が自動車の次はアートだ、と生き残りの手を打ちはじめた、、、わけはないでしょうが、モータウン豊田がこのような形でアートへのアプローチをしている/偶然かも??は、近郊に住む者には嬉しいことです。
 ポッドキャストによると、宮崎駿は週一で豊田に通い、ピシピシ新人育成に取り組むという(怖いけどあと20歳若かったら考えた鴨(^^;))。
 うちのBlog的には、豊田市での宮崎とヤノベの遭遇に期待したりして。ジャイアント・ポニョは観たくないけど、、、(^^;)。

|

« ■未来技術遺産
 噴水型ジュース自動販売機, Philco Television
| トップページ | ■アートディレクター森本千絵 CM「イロニンゲン」 »

コメント

 shamonさん、こんばんは。

>>風邪を気合と薬で叩きのめして惨状、いや参上~。

 おー、復活、よかったです。

>>愛知で行うことにいろいろ理由つけていますが
一番の理由は宮さんが若手に干渉し過ぎないようにじゃないの~?なんちゃって<おいヾ(--;。

 でも週一で来るらしいよ。
 あの手の持つ技をどう盗むか。本当に吸収したい人には、週一では少ないかも。

>>"梁山泊"度合いでは押井塾と競ってくれるかも。
>>押井塾ではあの神山監督も食事が喉を通らないくらい師匠にこてんぱんに叩きのめされたとS.A.C.オフィシャルログで語ってます。

 そろそろ本当に次世代の宮崎駿が出てきても良いですよね。あんなアニメのスーパーマンが5人も出てこれば日本アニメもまだまだ安泰でしょうに。

投稿: BP(shamonさんへ) | 2008.10.28 00:16

まいどです。BPさん。
風邪を気合と薬で叩きのめして惨状、いや参上~。

ジブリの件、
この夏の日経夕刊で宮さんが述べていました。
#余談ですがこの翌日は押井監督が登場してます。
結局「西ジブリ」って名前に決まったんですね。
愛知で行うことにいろいろ理由つけていますが
一番の理由は宮さんが若手に干渉し過ぎないように
じゃないの~?なんちゃって<おいヾ(--;。

IGがアニメーター募集をすると
凄まじい数の応募が来ると聴いてますが、
この「西ジブリ」もさぞかし凄かったでしょうね~。

>全部叩き込む
"梁山泊"度合いでは押井塾と競ってくれるかも。
押井塾ではあの神山監督も食事が喉を通らないくらい
師匠にこてんぱんに叩きのめされたと
S.A.C.オフィシャルログで語ってます。
しかしその結果見事世に出たわけで、
西ジブリからは一体どんな才能が生まれるでしょうか。

投稿: shamon | 2008.10.25 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/42630627

この記事へのトラックバック一覧です: ■豊田市美術館 ヤノベケンジ展 情報
  ウルトラ・ヤノベプロジェクト第二弾
:

» アンパンマン 動画 [アンパンマン 動画]
アンパンについて [続きを読む]

受信: 2008.10.27 15:32

« ■未来技術遺産
 噴水型ジュース自動販売機, Philco Television
| トップページ | ■アートディレクター森本千絵 CM「イロニンゲン」 »