« ■筑波大学 岩田洋夫教授 Floating EYE:フローティングアイ | トップページ | ■赤塚若樹 著『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』 »

2008.11.16

■虚構の劇団 第2回公演決定 『リアリティ・ショウ』

The_reality_show_2 虚構の劇団
第2回公演
『リアリティ・ショウ』 (公式HP)

ドラマや歌番組ではない、「本当の人生」を登場させたTV番組を、 世界基準では、『リアリティ・ショウ』と呼ぶ。(略)

テレビカメラがなくても、携帯カメラがある。
テレビ局がなくても、ブログがある。

うんと哀しい時、これはショウなんだとつぶやいて安心しよう。
うんと楽しい時、これはリアルなのかと念のために確認しよう。

リアルなのに、ショウ。ショウなのに、リアル。

それは、21世紀の私たちの祝福された絶望的な日常。
幻の観客の熱烈な拍手を求めて、リアルなショウは終わらない。

作・演出:鴻上尚史
出演:大久保綾乃、小沢道成、小名木美里、小野川晶、 杉浦一輝、高橋奈津季、三上陽永、山崎雄介、渡辺芳博
公演日程:2008年12月12日(金)→12月20日(土)

 うわっー、ポスターがめちゃくちゃ、カッコいい。
 旗揚げ公演も鮮烈なポスターだったけれど、今回のはとにかくクール。

 狙っているコンセプトも上の紹介文からすると、まさに鴻上尚史の得意な世界。12月の東京行、真剣に考えるか(忘年会を二個ほどパスすれば行けるかも(^^;)。個人的には断然こっちなのだけれど世間のしがらみが、、、、。)。

◆関連リンク
虚構の稽古場Blog リアリティ・ショウ 1日目

11月10日。 本日、虚構の劇団・第二回公演への実験が本格的に始動した。 まず最初の試みとしてこの空間の中で1週間過ごすことから始まるようだ。 休憩や食事、及び個別的な理由での退室は許可されているが、 決められた時間は基本的にこの部屋で過ごさなければならない。 この実験の先にある成功は 「この空間の中でそれぞれが新たな人格を形成すること」のようだ。 現段階ではここまでの撮影が許されたので、まずはこの実験空間の画像を提供したい。

・当Blog記事 虚構の劇団 旗揚げ公演『グローブ・ジャングル』

|

« ■筑波大学 岩田洋夫教授 Floating EYE:フローティングアイ | トップページ | ■赤塚若樹 著『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』 »

コメント

 [きたがわ]さん、はじめまして。

 Blogに書かれている感想、拝見しました。

 やはり芝居は生きていて日々変わっていくものなのですね。最近、鴻上の芝居観ていないので、観たかったのですが、やはり東京まで行けませんでした。

 DVDを楽しみに待ちたいと思っています。

投稿: BP([きたがわ]さんへ) | 2008.12.21 22:25

楽日、観ました。今後も、見逃せませんね。

投稿: [きたがわ] | 2008.12.21 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/43127059

この記事へのトラックバック一覧です: ■虚構の劇団 第2回公演決定 『リアリティ・ショウ』:

« ■筑波大学 岩田洋夫教授 Floating EYE:フローティングアイ | トップページ | ■赤塚若樹 著『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』 »