« ■新刊メモ 『柴田元幸ハイブ・リット』 『村上春樹ハイブ・リット』
 & レイモンド・カーヴァーの関連映像
| トップページ | ■新刊メモ ウィリアム・ギブスン『スプーク・カントリー』
  ギブスン、磯光雄に挑む!? »

2008.12.22

■ジェームズ・キャメロン監督『アバター:Avatar』予告篇
  & 『禁断の惑星』リメイクの情報

Avatarhorz
YouTube - James Cameron's Avatar Teaser Trailer

 以前も記事で紹介したキャメロンの『アバター:Avatar』、公開は来年09年12/18とまだ一年も先。最近の情報をひさびさにネットでクリップしてみました。まずはYouTubeのテザー予告篇。イメージ映像で、まだまだ本編映像は公開されてないようです。

Two lenses image - Photos: The technology behind 3D movies - CNET News.
ジェームズ・キャメロン監督が「アバター」の映像革新を語る :eiga.com.

フュージョン3Dカメラシステム (Fusion 3D Camera System)
 「フュージョン3Dカメラシステム」は、キャメロン監督と撮影監督ビンス・ペイスにより共同開発されたシステムで、2台のSONY HDCF950 HDカメラを使用することでステレオスコープによる3D映像を作り出すことができる。このシステムが初めて実用化されたのがキャメロン監督によるIMAX 映画「ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密」(03)

Image4  本Blogとして興味のあるのが、この3Dハイビジョンビデオカメラ。
 調べるとカメラは右の写真のようなもの。

 『アバター:Avatar』でデビューするカメラかと思ったら、実はすでに『ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密』に使われている。

センター・オブ・ジ・アース 3D (Blu-Ray, R-1) JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH 3D Hi-Res Cover-Art added.

立体デジタル撮影装置フュージョン・カメラ・システムによる3D映画(開発にはジェームズ・キャメロンも参加)。

 上映中のこの映画でも使用しているようです。
 にしてもこんなカメラで撮ったら、撮影後すぐに現場で立体映像を確認できるんでしょうね。スタッフと俳優全員が液晶メガネをかけて、ロケ地で立体視している光景が眼に浮かびます。シリアスな映画でもギャグな光景? キャメロンは大作でなく、ドラマチックな掌編も立体映画にする予定とか↓また趣味のダイビング映画(^^)。

ジェームズ・キャメロン監督が「アバター」と3D映画の効果を語る!eiga.com
ジェームズ・キャメロン監督が3D超大作「アバター」その後を語る eiga.com.

 3D超大作「アバター」(09年12 月全米公開)を製作中のジェームズ・キャメロン監督が、「アバター」の次に、実在のキューバ人ダイバー、ピピン・フェレーラスとそのフランス人妻オード リー・メストレをめぐる「ザ・ダイブ(The Dive)」という実話ラブロマンスを3D技術により映画化する予定だという。

IESB.net - Movie News, Reviews, Interviews and More! - IESB Exclusive: FORBIDDEN PLANET May Have a Director.

 そして先週末のニュースで、キャメロンによる『禁断の惑星』のリメイクの情報。
 『地球の静止する日』のリメイクが当たれば、俄然『禁断の惑星』の再製作も現実味を帯びてくるか? 僕はこの時代のSFではダントツで『禁断の惑星』が一番好きなので、キャメロン映画化を熱望。

 『禁断の惑星』のロボット ロビーと、あの深層無意識の具現化映像を最新3D CGで是非観たい。でも音楽はぜひテルミンでね。

◆関連リンク
ジェームズ・キャメロン監督の新作「アバター」、撮影完了! : eiga.com.

キャメロンは現在、ニュージーランドの WETAスタジオで特殊効果撮影と編集を進めており、完成までにあと1年半以上はかかるそうだが、最新技術が大好きなキャメロンは、本作の実写とCGアニメを併用した新方式の3D映画という新たな技術に大満足。「これがいい作品になるか、偉大な作品になるか、ひどい作品になるかは分からないが、観客が想像 したこともなかった映像になることは間違いない。そして、この映画の技術面には、この業界全体が興味を持つに違いない」と自信たっぷりだ。09年12月 18日と公式発表された全米公開が今から楽しみだ。

Avatar novedades.
Welcome To Giant Studios

当Blog記事
ジェームズ・キャメロン監督『アバター』
 パフォーマンス・キャプチャー技術と3Dフュージョンカメラ

|

« ■新刊メモ 『柴田元幸ハイブ・リット』 『村上春樹ハイブ・リット』
 & レイモンド・カーヴァーの関連映像
| トップページ | ■新刊メモ ウィリアム・ギブスン『スプーク・カントリー』
  ギブスン、磯光雄に挑む!? »

コメント

突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2008.12.25 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/43480513

この記事へのトラックバック一覧です: ■ジェームズ・キャメロン監督『アバター:Avatar』予告篇
  & 『禁断の惑星』リメイクの情報
:

« ■新刊メモ 『柴田元幸ハイブ・リット』 『村上春樹ハイブ・リット』
 & レイモンド・カーヴァーの関連映像
| トップページ | ■新刊メモ ウィリアム・ギブスン『スプーク・カントリー』
  ギブスン、磯光雄に挑む!? »