« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »

2008年5月4日 - 2008年5月10日

2008.05.10

■SFセミナー2008
  磯光雄インタビュー・電脳コイルの世界

Coil_battle SF SEMINAR Top Page 2008.5/3(土)

15:00-16:00
磯光雄インタビュー・電脳コイルの世界
出演:磯光雄 聞き手:向井淳

20:00-20:45
磯光雄インタビュー番外編

 あのSFセミナーで磯光雄監督を招聘した『電脳コイル』の企画が催されたとのこと。全く知りませんでした。不覚じゃー。
 というわけでネットでレポートを探してみました。興味深いポイントを少し長文ですが、引用させていただきます。レポータの方に大感謝。

磯光雄インタビュー レポート
  (ヒゲ抜き隊ブログ)
(Blog きなこ餅コミック経由)

アニメの表現力
 私にとっては現実の人間を描くのも仮想のロボットを描くのも同じ。
 どちらも「脳内映像を表現する」という意味で同じ。アニメはある意味で実写を超える、とか言うと危ない人扱いされそうだがw。
 現実の女の子より脳内の理想の女の子のほうが可愛いように脳内映像は現実の映像を超えるものだ。

 アニメは一時、現実を完全再現しようという方向に流れたが 実写より優れた脳内映像の再現を目指すべき 。
 あるとき作画していて監督に「それはどんなレンズで撮ってるの?広角?望遠?」 みたいなことを聞かれたが、あえて言うなら「水晶体」。
 実際はそれに脳内補正がかかった脳内映像だが。

 さらに、脚本を書く行為も脳内映像をどう表現するか という意味で私にとっては同じこと、脳の同じところを使ってると思う。
 コイルで押山くんに 「アニメーターに戻って新しいエフェクト描いてくださいよ」 と言われたが、
 「これ(脚本)が僕の新しいエフェクトです」 と答えたw

SFについて
 SFは「サイエンスフィクション」とか「すこしふしぎ」とか「サイエンスファンタジー」とか いろいろ解釈があるが、一番本質に近いのは「サイエンスフェチ」じゃないかと思うw。

これからのSF
 最近、SFは全盛期を過ぎたのでは?みたいな感じもあるが 前の話のSF=サイエンスフェチ理論で言えば、SFが盛り上がったころは 「全盛期」ではなく「発情期」w。
 今は倦怠期だけど、また発情期が来ると思う。

そろそろ時間なので、最後に次回作についてなど…
 それは時間がないのでやめときましょうw。

SFセミナー2008本会レポート (lainの極私的独白inはてな) (5/11追加)

アニメーターとしての磯の 感覚には、人間とロボットの動きに境界はなく、人間の動きでもすごい瞬間があるとのこと。アニメは現実よりスペックが高く、脳内映像を現実よりも引き上げ た位相で映像化する。アニメを実写に近づける人もいるが、磯のアプローチは異なるようだ。脳内に面白い動き・形・色などと感じた部分があり、それは人間も メカも同じ。面白いものを集めて動きを攻勢するのに人もメカもない。これは磯いわくクオリアだそうで、脚本を書いているときも同じ感覚とのこと。

yama-gat site:2008年5月前半 (5/11追加)

あとは元々、カリスマアニメーターである磯さんのアニメへの意識の話などもあり、「アニメは現実よりスペックが高い」、「木の枝が伸びているのを描くのと、ミサイルの軌道を描くのは同じ脳内部位を使ってる」などの発言が印象に残る。

 映像とドラマを「脳内映像」として定義している。そして「これ(脚本)が僕の新しいエフェクトです」!この言葉はかっこいい。アニメーターから脚本家/演出家への仕事の拡張は「脳内映像」として自分の世界をより表現したいため、ということを的確に語っている。磯アニメートについても「脳内映像」の観点で本人がどう考えているのか、インタビュアーには突っ込んで欲しかったところ。(関連記事 アニメーター磯光雄と金田伊功と脳の構造の関係。)

 5/11追記 脳内の動き・形・色などについてクオリアを持ち出して表現されていたようだ。『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 Air』で描かれた弐号機VS量産型EVAのアスカのアニメートを思い出す。まさに現実よりも引き上げた位相の映像化。

 激闘の振動とアスカの心情がミックスして(磯の)脳内に作りだされた観たことのないアクション(クオリア)が、磯の手と作画用紙を介して、我々観客の脳内に展開される。
 そしてこれはミームとなって次世代の究極映像として、また別の映像クリエータによって拡大再生産されていくのだろう。(関連記事 アニメータ磯光雄 と 監督作『電脳コイル』)

 2026年にSFが子供たちの間で再びブームになっている設定で、「ダイチ、発毛ス」という素晴らしいバカ&奇想SF世界を描いた磯監督の述べるSFの定義「サイエンスフェチ」(笑)。
 定義論争の不毛を語った上での言葉。
 SFファンダムでも数々のSFの定義が語られてきたけれど、ある意味でこれほど的確な言葉は聞いたことがなかったかも(^^;)。
 特にアニメサイドから定義された言葉として、SFファンダムのある部分の不毛性をこれほど鋭く突いたのは凄い。しかも語られた場がコアなSFファンの集まるSFセミナーだというところも一粒で二度美味しいところ。そして「発情期」はいつ来るんでしょうか?(^^;)

電脳コイル磯光雄@SFセミナー (Blog 黒い森の祠)

 あの世界では、マイクロマシンが多用されており、塗料の中にも入って市販され、塗布すると、電子タグのような働きをし、電脳空間と現実空間の位相を結ぶ。その結果、壁を叩くと、「電脳空間がブレる」という。(略)

 実は、リスト・バンドやアンクル・バンドもあって、体の位置とかから電脳空間での活動を支援している。いわゆるスマート・グローブの簡易版である。(略)

 電脳空間化は、車の自動操縦化とともに拡大し、GPSの支援信号群として、道路沿いに発展した。ロード・ドメインという。

 やはり自動車産業とのリンクで、電脳空間が発達したという設定があったんだ(あのストーリーから考えれば当たり前だけど、、、)。現在のカーナビは、もっとも街を仮想空間として表現している媒体になっているわけで、やはり複合現実の利用はITS絡みで進化するんでしょうね。(関連記事 電脳コイル世界の電脳ナビによる自動走行)

 マイクロマシンについては、もっと番組内でも語られてもよかったかも。ますます子供にはわかりづらくなるけど。

SFセミナー2008 (Blog 異色な物語その他の物語)

(略)
③それほどSF作品を読んでいないが、自分の作品がSFに近いとするならカレル・チャペックだとか真の黎明期であるような時代のものではないかと思っている。
④表には見えないような設定を詳細に考えるのは大好き。設定を考えるとき、実現不可能となった技術や失敗した技術を使うのがやりやすい。実際には終わってるから好きなようにいじれる。だから雑誌で実現可能な未来予測をしてくれという企画は本当に困る。
(略)
⑥1996年に火星の隕石に生命がいる証拠がみつかった、という大ニュースが報道された。しかしトップニュースどころかかなり低い扱いだった。トップで報道されるに違いないと思った自分は、子供の頃科学が話題の中心にあった特殊な時代に成長したことに気づいた。

 SFセミナー全般を丁寧にレポートされている。
 磯氏の発言を6つのポイントで簡潔にまとめてあってわかりやすい。その中から三点を引用させていただきました。全文はリンクを辿ってください。
 「子供の頃科学が話題の中心にあった特殊な時代に成長」、ここで言う科学というのは、「宇宙科学技術」のことでしょう。我々の世代と現在では宇宙への関心の度合いが圧倒的に温度差がある。昔の「宇宙」への関心がマスコミによって「環境」への関心へ大きくシフトしているのもSFが「倦怠期」な理由の一つなんでしょうね。

◆関連リンク
物理空間の統治者は電脳空間の統治者であるべきか ~Nagaya1730プロジェクト管理人に聞く!~:鈴木健の天命反転生活日記 - CNET Japan

去年の冬コミケ用にインタビュー・フィクションを作った。

電脳コイルテンプレまとめ@wiki - トップページ
 まだ残念ながら関連スレッドはまとめられていません。
SFセミナー2008 - val it : α → α = fun

磯光雄インタビューで聞き手をつとめました。私は何にもできなかったが磯さんがたいへん愉快な人だったので結果的にはとても面白い話になったのではないかと思います。

 これはインタビュアーの向井淳氏のBlogのコメント(のようです)。
『季刊S (エス) 2008年 04月号』 (amazon)
 磯監督への別のインタビュー掲載
電脳コイル(Bandai Channel) ネットで第一話、無料配信中。

当Blog関連記事
アニメーター磯光雄と金田伊功と脳の構造の関係
脳のトップダウン構造と視覚
電脳コイル世界の電脳ナビによる自動走行
「ダイチ、発毛ス」ギャグ & 奇想 & バカSF & 感動作 すげぇ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008.05.09

■アート雑誌 『HI-FRUCTOSE:ハイ・フルクトース
         アンダー・ザ・カウンター・カルチャー』

Hi_fructosevert_2

Hi-Fructose Magazine(公式サイト)

 飛騨高山 留之助商店 本店 訪問の記事で書いた『HI-FRUCTOSE:ハイ・フルクトース』という雑誌と、そこに掲載されていたアーティストの絵について紹介します。

店主55才、玩具道(オモチャミチ)の光と影:HI-FRUCTOSE

ハイ・フルクトース=高果糖という意味のこの雑誌のサブタイトルは、アンダー・ザ・カウンター・カルチャー=反体制文化の内側で。
ひとことでいうなら“最新ロウブロウアート情報誌”、というよりは“アートの秘境ガイド”、つまりオブジェモチャのルーツを探検するような心弾む内容なんだよ。
ギャラリーやモチャメーカーのグラフィカルなアドも多く、旬な情報はここらへんからも拾えるね。

 僕が購入したのは、留之助書店でネット通販もされているHI-FRUCTOSE Vol.7。表紙は趣味に合わず今ひとつなのだけれど、中身はとても刺激的。数々のアーティストの作品を大判のカラーで紹介してあってとにかく眼に楽しい。
 こんな刺激的な雑誌を教えていただいた留之助商店に感謝です。

 加えて、ギャラリーの広告がいくつも掲載されているのだけれど、そこで紹介されているアーティストも素晴らしい。

 このネット時代、嬉しいのは、アーティストの名前さえ情報として入手すれば、どんどん検索で探すとPCのディスプレイに美麗なイラストやオブジェの写真が高解像度で表示できること。

 もちろんそれで気に入った我執や雑誌は紙媒体としてもほしくなるのが人情で、ネットで厳選した上で購入できるのが嬉しい。留之助書店での通販もとてもありがたい。

◆こんなアーティスト、いかがですか。

 HI-FRUCTOSE Vol.7で気に入った絵から検索した結果が以下です。リンクの後ろに記載した丸付き数字が、右上の引用画像の上から順のNo.。どれも幻想的でポップでワクワクするので、しばし浮世を忘れて画像に見惚れていただければ、幸いです。
(注.引用画像はHI-FRUCTOSE Vol.7掲載作品とは別のものです。単なる僕の趣味に合ったもの)

Brian Despain(Google イメージ)
Mark Ryden
LUKE CHUEH.com
Elizabeth McGrath(Google イメージ) ③ ④
 Elizabeth McGrath 公式HP ギャラリー
Greg Simkins(Google イメージ) 
Chris Mars(Google イメージ)
Naoto Hattori (Google イメージ)
Edwin Ushiro(Google イメージ)
 WELCOME TO MRUSHIRO.COM
Brian Mccarty(Google イメージ) ⑥ ⑦
 McCarty PhotoWorks 公式HP
 Flickr: Brian McCarty's Photostream
  メイキング写真もある。ここは素晴らしい。
BEAUTIFUL MUTANTS Mark Mothersbaugh(Google イメージ)

◆関連書籍リンク
 以下、これらアーティストの書籍について、amazonと留之助書店へのリンクです。
Mark Ryden『Anima Mundi』
Elizabeth McGrath『Everything That Creeps』
Christy Kane『Tales of the Sisters Kane』 (留之助書店) 
Brian McCarty『Toys 2008 Calendar』 (留之助書店) Monte Beauchamp,Mark Mothersbaugh『New and Used Blab!』
Dot Dot Dash: Designer Toys, Action Figures And Character Art『Dot Dot Dash: Designer Toys, Action Figures And Character Art』 (留之助書店)

◆関連リンク
店主55才、玩具道(オモチャミチ)の光と影:SWINDLE.

SWINDLEと書いて、スウィンドルと読みます。意味は、ペテンとか、詐欺とか、ボッタクリといったところでしょうか。ロサンゼルスの先頭をいく超人気ポップカルチャー誌の名前です。

 もう一冊、留之助書店で扱われているアート誌。
Dot Dot Dash: Designer Toys, Action Figures And Character Art『Dot Dot Dash: Designer Toys, Action Figures And Character Art』 (留之助書店)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.08

■黒沢清 『トウキョウソナタ』カンヌ出品
 新刊『恐怖の対談』

Variety Japan | 黒沢清『トウキョウソナタ』で5年ぶりカンヌへ.

黒沢監督は、「うそと疑心暗鬼と徹底した無視が、家族たち全員をどっぷりと浸しているところから出発させてみようと思った。最後にはどうにかしてある種の希望にたどり着きたい。(略)」

 イーストウッド、ソダーバーグ、ベンダース監督最新作がカンヌへ!
 Variety Japan | 2008年 第61回 カンヌ映画祭 関連ニュース一覧

 5/14に開幕するカンヌ映画祭<ある視点>部門に黒沢清の新作が選出されたとのこと。
 映画は今秋公開ということで今しばらくお待たせなのだけれど、カンヌでの結果が期待されます。黒沢清って賞をとってしっかりヒットしてほしい監督だと思うのだけれど、、、。

黒沢 清『恐怖の対談―映画のもっとこわい話』 (青土社)

Ⅰ 恐怖論
 高橋洋×鶴田法男 斎藤環 手塚眞

Ⅱ 作品論
 中原昌也 柳下毅一郎 青山真治

Ⅲ 作家論
 テオ・アンゲロプロス  サエキけんぞう  蓮實重彦

 伊藤潤二

 対談の相手がなかなか面白い取り合わせ。特にⅠの恐怖論が読んでみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.07

■ターセム・シン監督 『ザ・セル』

The_cell ターセム・シン監督『ザ・セル』

危険人物の精神世界へ入り込んでいくヒロインの冒険をスタイリッシュな映像で描いたサイコ・サスペンス・ホラー。

 『ザ・フォール』の予告編でその映像美に惹かれ、ターセム・シン監督の前作である『ザ・セル』を観た。

 あちこちで言われているように、映像センスは眼を惹くものがある。サイコな犯人の精神世界として、夢幻的悪夢的な映像が炸裂。

 いきなりの馬の断面シーンとか、石岡瑛子デザインによる悪魔的な装飾とか、枚挙に暇のない鮮烈な映像。

 特に僕が面白かったのは、巨大な空間の階段シーンと砂漠の三人の女のシーン。あのレイアウトや色合いは、まさに悪夢の映像化。
 つまり自分が観る悪夢に近い。これはそれこそ個人差があるだろうけれど、僕はこれらシーンにシンクロ。他の人もそうだとしたら、何か共通の精神的悪夢映像というのが人間の脳にはプリセットされているのだろうか。(もっともいろんな映像作品に影響されて形作られた後天的イメージとも考えられるわけですが、、、)

 ストーリーは、想像したよりずっと普通。
 かなり律儀にエンターテインメントとして筋の通った物語が導入されている。たぶんもともとは精神的世界の映像化をやってみたい、というモチーフが先にあって、ストーリーは後付で作られたものなのだろう。

 だけれど、ストーリーが整合されすぎていて、映像美との乖離が目立つ。映像が悪夢的なわりに物語が整然としすぎていて、悪夢のイメージを相殺しているという感じ。たぶんただ悪夢のみを描くと言うことでは前衛過ぎてハリウッドから不安視されたのではないか。で、ストーリーは雇われシナリオライターが、当時はやりのサイコものとしてきっちりエンターテインメントへ着地したというところでないか。

 もっとストーリーも幻想的にした方がバランスがとれたと思う。そんな映像も物語も幻惑に満ちた世界が次作『THE FALL』で展開されるかどうかが期待。

◆関連リンク
ターセム・シン監督『ザ・セル』(amazon)
・当Blog記事 ターセム・シン『ザ・フォール:The Fall』 予告編
『KINGS OF ADS 001』(amazon)
 ティム・バートン,リュック・ベッソン,デヴィッド・クローネンバーグ,ヴィム・ヴェンダース,スパイク・リー,デヴィッド・リンチ,エミール・クストリッツァ,ロマン・ポランスキー,王家衛,フランシス・フォード・コッポラといった名だたる監督によるCMフィルム集。これらの監督に加えて、もともとMPV畑のターセム・シン監督のCF作品も収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.06

■独SPELCO社 装着型操縦桿付きグライダー『Gryphon』

Gryphon_2装着型の、操縦桿付きグライダー
『Gryphon』:時速240キロで正確に降下
独SPELCO社 (WIRED VISION経由)

Dimensions: Span: 1.800 mm
Length: 1.500 mm Heights: 430 mm
Maximum jump weight: 225 kg (with TW9 340)
Empty weight: 15 kg
Payload: 50 kg

Attack Wing: Glider Makes Waves With Stealth and Speed (FOXNews.com)
 (動画は、Click here to see video of the Gryphon glider in actionをクリック)

 パラシュートと組み合わせて使用するグライダー。ビジュアルがなかなかいいので載せてみました。
 飛行機から発進するしかないけれど、飛んでいる姿は、まるで『ロケッティア』みたいです。

 軍用だけれど、いずれ観光旅行で一般人も飛べるようになるかも。その前にお笑い芸人の誰かが犠牲になるか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »