« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »

2008年6月29日 - 2008年7月5日

2008.07.04

■デヴィッド・リンチ『マルホランド・ドライブ』
  TV版(?)パイロットフィルム!!
  David Lynch Mulholland Drive - Deleted pilot material

Mulholland_drive_pilot YouTube - mulholland dr. deleted pilot material 1/2
mulholland dr. deleted pilot material 2/2
Mulholland Drive - Pilot Tribute 

 これ、ファンには嬉しい!!
 定点観測で、Youtubeを検索してたら、あのリンチの最高傑作、『マルホランド・ドライブ』のパイロットフィルムがありました!!しかも別ヴァージョンで3本。

 確かに冒頭出たあの刑事のシーンや、犬のソファの前で電話する男など、観たことのないシーンが発見できます。

 3本目は字幕がスペイン語。これは下記のサイトがネタ元のようですが、詳しくは不明。

 どなたか情報をお持ちであれば、是非ご教示を。

http://www.twinpeaks06.crearforo.com/

◆関連リンク
Pilot Picture Gallery(mulholland-drive.net)
 写真ギャラリーもありました。
YouTube - David Lynch haastattelu MoonTV.

David Lynch promoaa Mulholland Drive a joskus 2002

 これも観たことのない『マルホランド・ドライブ』のメイキングフィルム付。ちょっとですが。
YouTube - David Lynch May 5 2008 Paris France.

David Lynch speaking at the Divan au Monde in Paris.

YouTube - RETURN OF THE JEDI by DAVID LYNCH?
 これは幻のデヴィッド・リンチ版『ジェダイの復讐』(??!)
YouTube - Mulholland Drive Alternate Ending.
 Mulholland  Drive, Inland  Empire,  Twin  Peaks,  Blue  Velvetをリミックスしたalternate  ending  re-edit。なかなかいいセンスですが、リンチをまだ観てない方は、是非本家を観てからにして下さい。オリジナルがけがれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.02

■ロッタ&ウシィ・ゲッフェンブラード監督
  Astons Stenar : Aston's Stones アストンの石

Astons_stenar

Lotta & Uzi Geffenblad Astons Stenar : Aston's Stones
ロッタ&ウシィ・ゲッフェンブラード監督 アストンの石 / 2007年 / 9分

秋の夕暮れ、アストンは水たまりに光るひとりぼっちの石をみつけてそっとお家に持ち帰りました。その日からさみしそうな石をみつけては持ち帰り…。幻想的な色彩がストーリーの優しさをいっそう際立たせています。

 本業で某国へ海外出張中。空港の書店で見つけた絵本にDVDが付いていて、そこに絵本のアニメ化作品が入っていました。

 映像は静かな落ち着いた音楽と上の絵にあるような素朴で色彩が素敵なアニメ。少しノルシュテインタッチです。犬のアストンの親子の描写が素晴らしい。
 一方、絵本のタッチはアニメより重厚。さらに深みがあります。

 調べてみると、日本でも第20回東京国際映画祭「みなと上映会」 第15回キンダー・フィルム・フェスティバルで上映されたとか。

 絵本も邦訳が出版されていました。

ロッタ ゲッフェンブラード, Lotta Geffenblad, 菱木 晃子『アストンの石』

ロッタ&ウシィ・ゲッフェンブラード
1962年生。ストックホルムのベックマン美術学校で学んだのち、1985年よりアニメーションの制作に携わる。夫君ウッ ジ氏とZig Zag Animationという工房をつくり創作する。また最近は絵本作家としても注目されている。デビュー作『アストンの石』で、2004年ボニエ・カールセ ン社主催の絵本コンテスト1位

 出版社の小峰書店公式HPにも記載がないので、おそらく日本版にDVDはついていないのだろう。でも是非観ていただきたい一品です。残念、Youtubeにもない。

◆関連リンク
アストンの石・北欧文学翻訳 菱木晃子(ひしきあきらこ)公式ホームページ

アストンは、ひとりぼっちで寂しそうな石を拾っては家へ持って帰ります。しだいに家の中は石だらけになっていき……。アニメ作家として活躍する作者の絵本デビュー作。

〈思い出ひと言〉
なにかにこだわる子どもの気持ちが、とてもよく描けている絵本だなと思います。編み物好きのパパの存在感も最高! 8月の猛暑の最中、作者のロッタさんがご家族とともに来日され、関係者の皆さんといっしょにランチをごいっしょできたのも楽しい思い出になりました。

・小峰書店 ヨーロッパの絵本コレクション
ZigZagAnimation ご夫婦のアニメスタジオHP。作品は以下。

A Film by Uzi & Lotta Geffenblad

* Best Short Animated Film in Seattle, USA 2008
* The Siver Goats award in Ale Kino!, Poland 2007
* Children's Jury Prize in Wissmbourg, France 2007
* Jury's Diplom in 14th KROK, Ukraine 2007
* Honourable Mention in Ottawa, Canada 2007

Astons stenar (2007)(IMDb)
東映アニメーション研究所 | 【特別講義】スウェーデンのアニメーション

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.01

■小田部羊一著/なみきたかし責任編集
  アニドウ 『小田部羊一アニメーション画集』予約受付中

Otabe_gasyuu_2 小田部羊一アニメーション画集
予約受付 (アニドウHP)

発売時期:2008年7月28日
価格:書籍本体14,700円(税込)
書籍体裁:A4縦ワイド297×230 
上製本/布クロス/特製ケース 
ページ数:300P

メルマガ登録された方には、さらに耳寄りな情報もお伝えしています。

 アニドウのメーリングリストで教えてもらいました。
 予約受付は2008/7/20まで。

 メルマガの耳寄り情報はここに書いてしまうわけにいきませんが、本当にこの本をほしい方なら、是非メルマガ登録をお薦めします。特典があります。

 小田部さんの絵のこの柔らかで健やかな感じは、絶品ですね。
Otabe  一度でいいからイメージスケッチの水彩画のタッチで動き出すところを観たいと思うのは僕だけでしょうか。

 あ、ジブリにとっては『ホーホケキョ となりの山田くん』の悪夢が、、、(^^)。

 あのテクノロジーで小田部羊一水彩スケッチアニメが観たい!

◆関連リンク
名作が生まれる場所 奥山玲子・小田部羊一夫妻に聞く 
 アニメ夜話で見た髭のイメージが強いのですが、髭のない顔はこんな方。
インタビュー 小田部羊一さん
小田部羊一(Googleイメージ)
『アッコちゃん』の宮崎駿・小田部羊一担当パート
・当Blog記事 『空飛ぶゆうれい船』 大好きなこの作品の作画監督も小田部氏。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.30

■完全変形 電人ザボーガー

Zaborger

電人ザボーガー ギャラリー 変形パターン 製作工程 blog 製作記 (バジルの造形魂さん)

 ミのつく職人さんにmixiで教えてもらいました。これは凄い。特に製作工程のページは圧巻。

 フィギュア、全く詳しくないですが、最近はメーカー商品もこうした造形家の作品も凝りに凝ってますね。

 想えば我々子供時代にどれだけTVのイメージとオモチャのギャップにがっかりさせられたか、、、。

 我々ファンの積年のもっとリアルなおもちゃを観たいという想いとこれら造形家の熱意が結実して充実してきてるのでしょうね、フィギュア。我々の子供時代の魂の叫びの具現化(^^;;)

 で、どこにもないフィギュアを自分の手で作り出す、というチャレンジとこの完成度、想いの強さに圧倒(^^)されます。これは熱い。

 ぜひ変形をコマ撮リにしてムービーとして見せていただきたいものです。
 もしくはこれに触発された誰かに実物大を作ってもらいたい。

Zaborger_4legs  製作工程に掲載された右の写真、これって、バイクメーカが実際にロボットとバイクの融合技術として作ったら、モーターショーとかでメチャクチャ受けるのではないか。こんなものがモーターショー会場を人を乗せて走りまわり、二足歩行形態へ変形するのを是非観たい!

 あ、そうじゃないか、バイクメーカでもあるホンダならアシモの技術があるから即、作れるじゃん。最近ASIMOも人工知能関連の技術開発アピールがほとんどで少し地味なので、いっちょうこういう派手なのをよろしく >> ホンダのロボット技術者殿

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »