« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008年9月14日 - 2008年9月20日

2008.09.20

■デヴィッド・リンチ監督の新作は資生堂リバイタルグラナスCM
  DAVID LYNCH REVITAL GRANAS

Gucci_cm_by_lynch リバイタルグラナス(資生堂公式HP)
資生堂:鈴木京香ら新高級ブランドCM
          (出演者会見写真)
綾戸智恵、表参道ヒルズでバースデーライブ

資生堂の新スキンケアブランド「REVITAL GRANAS(リバイタルグラナス)」の10月21日発売を記念

 ネット某所での噂。リンチの新作は、資生堂の新ブランド リバイタルグラナスのCMフィルムらしい。公開は商品の発売のタイミング10/21頃になると思われる。

 音楽は綾戸智恵、出演は女優鈴木京香、バイオリニスト諏訪内晶子、モデルのマイコとのこと。リンチの演出でどんなフィルムになっているか、とても楽しみ。

YouTube - Commercial Gucci by Gucci - David Lynch
YouTube - Gucci by Gucci Behind the scenes - David Lynch(メイキング)
 リンチの化粧品のCMというと、昨年発表されたグッチの香水のCM。音楽がいまいちだけれど、映像はまぎれもなくリンチ。(冒頭の引用写真はこのメイキングより。)

 リンチの評価はアメリカよりもフランスや日本で高い。
 CF撮影でしっかり各国のスポンサーとの関係を築き、本編製作の資金調達につなげてほしいものです。

★09.1/11追記
YouTube - David Lynch "REVITAL GRANAS" SHISEIDO.
 これがリンチの撮ったCF。

◆関連リンク
David Lynch Commercials リンチのCFをまとめてある。
YouTube - Georgia coffee ad by David Lynch
 リンチの日本でのCFというと、『ツイン・ピークス』のヒットにあやかったカイル・マクラクランのジョージアコーヒー。
YouTube - デビット・リンチ作品 vol.1
  当Blog記事。タバコのCM、プレステPS2、Nissan Micra(日産マーチ)のCM他へのリンク集。
Gucciはデイヴィッド・リンチで対抗! “Gucci by Gucci” 海から始まる!?
David Lynch - Page 2 リンチの絵を販売しているサイト。

YouTube - ソフトバンク ブラピCM 
 ここの噂では、自動車が飛んでいる奴、デビット・フィンチャーが監督だったらしい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.17

■ティム・バートン監督『不思議の国のアリス』9月撮影開始

ティム・バートン監督版『不思議の国のアリス』はイギリス南西部で撮影

 ティム・バートン監督(略)の「不思議の国のアリス」が、イングランド南西部デヴォン州にある港湾都市プリマスで撮影が行われることが明らかになった。
(略)撮影は9月から2週間行われ、(略)出演がうわさされていたジョニー・デップがいかれ帽子屋役で出演すると書かれている。

 本作は、『ベオウルフ/呪われし勇者』のようにモーションキャプチャー・アニメーションと実写を融合させて3D映画化するもの(略)

Burton To Respect Alice's Essence.
(SciFiWire『不思議の国のアリス』に関するバートン インタビュー)

It's just such a classic, and the imagery is so surreal.
I've never seen a version where I feel like they got it all.
The stories are like drugs for children, you know?

 ティム・バートンとしては、今までの映像化作品が充分なものでなく、実写と3D-CGの融合で新たなシュールレアルなイメージを構築する、ということのようです。
 ティム・バートンでは『シザーハンズ』が一番好きなのだけれど、あのタッチと『チャーリーとチョコレート工場』の極彩色のアート感覚で幻覚に溢れた『不思議の国のアリス』が撮られたら、なかなか凄いかも。

 Alice in Wonderland (2010)(IMDb)によると、2010.3/5公開とのこと。期待したい。

◆関連リンク
「不思議の国のアリス」もう一人のプロダクションデザイナー?
ティム・バートンJP:アリス姿のミア・ワシコウスカ
 (ティム・バートンJP) さらに詳細はこのマニアックなサイトをご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.16

■ニコン デジタル一眼レフカメラ D90
 世界初のハイビジョン動画撮影機能

D90 D90:動画撮影機能

世界初の動画撮影機能「Dムービー」

D90では、静止画だけではなく、動画撮影(音声付き・モノラル)も可能です。一般的なビデオカメラに比べて撮像素子が大きいので、ボケ味を活かした新しい動画撮影が楽しめます。広角レンズや魚眼レンズなどの多彩な交換レンズを使った、デジタル一眼レフカメラならではのクリエイティブな動画撮影や、D90の優れた高感度特性を活かした美しい夜景の撮影もできます。

有効画素数12.3メガピクセル
ニコンDXフォーマットCMOSセンサ

動画仕様

1280×720/24fps、640×424/24fps、320×216/24fps
最長記録時間 約5分(1280×720)、約20分(640×424、320×216)
ファイル形式 AVI 圧縮方式 Motion-JPEG

撮像素子 有効画素数12.3メガピクセル
23.6×15.8mmサイズCMOSセンサー

 世界初のハイビジョンムービーを撮れる一眼レフデジカメ。
 動画サンプルが公式ページで観られるが、一眼レフならではの画像になっていて、なかなか魅力的。こんなカメラを駆使して自主映画を撮る監督が現れたら、プロ顔負けの映像になるのではないか。(ただしそれが自主映画独特の魅力をスポイルする危険性は高いけれど、、、。)

 本機の欠点は、フルハイビジョンでなく、1280×720ピクセルであること。
 加えて動画撮影時は、オートフォーカスが効かない、測光モードはマルチパターン測光に固定。撮影時間が5分と短い。

 下のリンクにあるように、パナソニックが来年春の発売を発表した「ハイビジョン撮影デジタル一眼」は、ニコンに対抗してAFが可能としている。ついでにフルハイピジョンで撮影時間が長いようなら、この手のカメラがほしい人はパナソニックを待つしかないですね。

◆関連リンク
ニコン、ハイビジョン動画撮影対応のデジタル一眼レフ「D90」 - ITmedia
パナソニック、AF対応ハイビジョン撮影デジタル一眼を投入 - ITmedia

 新製品の計画は「DMC-G1」の発表会の席上で発表され、会場にはモックアップも展示された。(略)明らかにされたのは「AF対応ハイビジョン撮影機能搭載」「投入は2009年春」の2つのみ。

『Nikon デジタル一眼レフカメラ D90』(amazon)

・当Blog記事 カシオ デジタルカメラ EXILIM PRO EX-F1①  高速度撮影とフルハイビジョン 「四つの目」の独創 EXILIM PRO EX-F1②  シャッターレス コンセプト 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.15

■黒澤清監督『トウキョウソナタ』予告篇

Tokyo_sonata 「トウキョウソナタ」公式サイト
2008年カンヌ国際映画祭受賞作品!
     (webDICE - 骰子の眼 -)

舞台はトウキョウ。線路沿いの小さなマイホームで暮らす、4人家族のものがたり。 お父さんもお母さんも大学生のお兄ちゃんも、小学生6年生のボクも誰にも言えない秘密がある。お父さんはリストラされ、お母さんはドーナツを作っても食べてもらえない。お兄ちゃんは、アメリカ軍に入隊することに!? そしてボクは、こっそりピアノを習ってる。

9月27日、恵比寿ガーデンシネマ、シネカノン有楽町ほかにて全国ロードショー

映画「トウキョウソナタ」公式ブログ

黒沢清監督のトークショー実施!
【日時】 8/30(土)15:10〜17:10
【場所】 仙台フォーラム

 公式HPには画面の小さい予告編しか掲載されていない。大きい画面の予告編は公式ブログの右上「作品情報」をクリック。
 映像的には、今回あまり冴えがある予告にはなっていません。
 でも物語はしっかり黒沢清している風。

 今回の作品は、オーストラリア出身のマックス・マニックスという人の脚本が先にあり、黒澤が監督として抜擢されたらしい。そして黒澤テイストに、というプロデューサーの依頼で脚本がリライトされた。クレジットで脚本は、黒澤清とマックス・マニックス、田中幸子となっている。
 08年カンヌ国際映画祭“ある視点”部門審査員賞受賞作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »