« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

2008年9月21日 - 2008年9月27日

2008.09.27

■京都造形芸術大学 《ウルトラ・ファクトリー》
  ULTRA TOUR/ウルトラツアー

Ultra_factory_tour ウルトラ・ワーク・イン・プログレス
ULTRA TOUR/ウルトラツアー
 (ウルトラファクトリー公式Blog ULTRA TODAY)

ウルトラツアーとは、ウルトラファクトリー展~ジャイアント・トらやん~パパ・タラフマラ「ガリバー&スウィフト」ワーク・イン・プログレスを巡るツアーで、ウルトラファクトリープレスのスタッフがファクトリーやワーク・イン・プログレスの見どころをご案内します。

そしてそして、9月28日(日)は特別です!13:00~の回はヤノベさんがガイドをつとめ、16:00~の回はヤノベさんとパパ・タラフマラ舞台監督の大谷地力さんガイドによるスペシャルパッケージツアーとなります。

//////////////////////////////
ULTRA TOUR/ウルトラツアー
開催日時:2008年9月26日(金)~28日(日) [1日2回 13:00-/16:00-]
出発地点:ウルトラファクトリー
定員:各回15名(※要予約)
参加費:無料 所要時間:約40分 *受付はメールかお電話にて
TEL:075-791-8482/
MAIL:contact@ultrafactory.jp(藤井・宮崎)
//////////////////////////////

ULTRA TODAY: ウルトラ・ワーク・イン・プログレス

パパ・タラフマラガリバー&スウィフト」公開リハーサル
【入場無料】 日 時:2008年9月29日(月)18:30~20:00
場 所:京都芸術劇場・春秋座(京都造形芸術大学内)
18:00 開場     
18:30~19:00 小池博史×ヤノベケンジ トークセッション     
19:00~20:00 リハーサル公演

 以前から注目の京都造形芸術大学 《ウルトラ・ファクトリー》
 今週末(紹介が遅れて既に今日じゃないかぁ!)開催されるのが、この心躍る『ウルトラツアー』!
 引用した写真の秘密基地感覚、凄いでしょ。でも実はこれは偶然、停電で撮られた写真。停電により怪しさが増して、まるでマッドサイエンティストの地下秘密工場。ここでヤノベケンジ氏と学生たちが何をたくらんでいるのか、探索のツアーのお申し込みは今すぐ!

◆関連リンク
ウルトラファクトリーの魅力を学生(ULTRA STUDENT)が語る(Youtube)
YANOBE KENJI ART WORKS /// ヤノベケンジ アートワークス
 ウルトラファクトリー ムービー1,2はこちらから。
・劇団 パパ・タラフマラガリバー&スウィフト」(公式HP)
対談 演出家 小池博史×舞台美術 ヤノベケンジ
『Birds on Board: パパ・タラフマラ: DVD』(amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.25

■シュールコント作家・内村宏幸
 「笑う犬2008秋」一夜限り復活 & サラリーマンNEO


せつないプリン: 犬、久々に遠吠え(放送作家・内村宏幸氏Blog)

脈々と受け継がれてきたフジテレビの優秀なコント制作チームの仕事ぶり は、今も変わらず見事である。

2008 秋 フジテレビ 特別番組発表資料|笑う犬2008秋 - フジテレビ

2008年9月30日 22:30~23:24 
・左遷サラリーマン「小須田部長」は昔から転校を繰り返していた!? 「小須田中学生」
・“謝罪会見”が何かと話題の今日この頃…本当の謝罪を教えてあげます! 「関東土下座組2008」
・あの「ミル姉さん」が、今の世の中をぶった斬る! 「帰ってきた!ミル姉さん」

ミル姉さんが案内役「笑う犬」一夜限り復活 - Yahoo!ニュース.

 かつて大ヒットしたバラエティーが30日、一夜限りの特番「笑う犬・2008秋」(フジ、後10・30)として復活する。(略)今回も番組の案内役はもちろん「ミル姉さん」。(略)
 左遷続きの部長の過去を描く「小須田中学生」や、海の家でナンパ指南をするが実は女性との交際経験がない「葉山先輩」など、懐かしの人気キャラが満載だ。

 なんと大好きだったコント番組『笑う犬』が10年ぶりの復活。
 この番組のシュールなコントが忘れられない。特に凄味があったのが、『ビルマの竪琴』のパロディにして不可解極まりない『奈良の竪琴』。あそこまでシュールレアルなお笑いを僕は知らない(^^;)。(Youtubeへリンクしようと思ったけれど、ないんですねー、『奈良の竪琴』(泣))

 この番組のメインライターが放送作家・内村宏幸氏。
 そしてその内村氏の現在進行形の仕事が、NHKの『サラリーマンNEO』。

 これがまたシュールでいいんですよねー。
 ほとんど笑う犬のあのタッチが毎週楽しめて、至福の日曜23時。

 でも今週末でSEASON3も今週末で最終回。

三谷幸喜Special(『サラリーマンNEO』公式HP )
せつないプリン: 巨匠からの言葉

本人から番組に出たいという話があり、スムーズに収録も行われたとは言え、正直、三谷さんがどんな感想を持ったのか気になっていたので、この記事の内容は、ほんとにありがたい、そして恥ずかしい、申し訳ない。
最後の方は、思わず涙が出そうになりちゃんと読めなかった。

 しばらく前になるけれど、三谷幸喜が喜々としてNEOに出ていたのも良かった。
 『ザ・マジックアワー』のキャンペーンの一環だったはずだけれど、めちゃくちゃその映画を茶化した内容が○でした。

 次は内村宏幸脚本でシュールお笑い映画はいかがですか? >>三谷監督殿(^^;)。

◆関連リンク
YouTube - 「笑う犬」
Vol.60 内村宏幸さん(前編) 【1】テレビが大好きだった少年時代: 有名人ブログ:ココセレブ:Specialインタビュー
『サラリーマンNEO SEASON-2 DVD-BOX I』(amazon)
『サラリーマンNEO SEASON-1 DVD-BOX I』(amazon)
『サラリーマンNEО―内村宏幸オリジナルコント傑作集』(amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.09.24

■古川日出男『聖家族』ついに刊行!

Photo_3古川日出男公式サイト 『聖家族』発売決定 2008.9/26

 これは僕のデビューからの十年間のビブリオグラフィ(著書目録)において、確実に最大規模の作品として登場するはずです。最大、とは、枚数の面でもそうだし、内容でもそうです。いったい小説において“スケール”とは何か――ということを、正面から己れに問いかけてもいます。

 2005年の夏から書き進められてきた2000枚の大作がついに刊行される。
 『すばる』『小説すばる』『青春と読書』他の各誌掲載分に書き下ろしを加えた小説。

 執筆中の日記(五月前半脱稿)を読んできたので、これにかける古川の意気込みの熱気に当てられている期待の一冊、こころして読みたいと思う。

◆関連リンク
古川日出男 挑戦者募集

編集部内で選考の上、20名の方に『聖家族』の校正刷りをお送りいたします。
選ばれた方には8月11日頃、校正刷りを発送しますので、お読みになった感想(40字以上)を、9月5日(金)までに指定のアドレスにメールでお送りください。

 こんなイベントがあったんですね!これを逃したのはファンとしては痛い。
青山ブックセンター:『聖家族』刊行記念
 古川日出男ナイトVOL・7 (六本木店:2008年10月11日)
.
古川日出男『聖家族』(amazonではまだ登録されていない)
・当Blog記事
 超大作『聖家族』シリーズ 朗読ムービーファイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.23

■ダニエル・サイモン『COSMIC MOTORS
   -遥か彼方の銀河系の宇宙船、車、パイロット』

Daniel_simon 架空世界の超リアルなビークルたち
  :画像ギャラリー | WIRED VISION

 われわれに未来の車を約束する自動車メーカーが、口先ばかりで何も行動しない今、Simon氏の著作『COSMIC MOTORS――遥か彼方の銀河系の宇宙船、車、パイロット』は、われわれの未来への欲望を、超リアルでフェティッシュな乗り物で満たしてくれる。

 3D-CGによる未来の車のデザイン。われわれが夢に見た流線型の未来がここにあります。
 各イラストに物語が付随していてなかなか楽しめる。

 デザイナーのダニエル・サイモン自らの手による3D-CGのプロモーションムービーがYoutubeにアップされているので、こちらも楽しめる。

Daniel Simon - Car Designer Daniel Simon's Work.各種作品(ダニエル・サイモン公式HP)

COSMIC-MOTORS. The spaceships, cars and pilots of another galaxy.
(COSMIC MOTORS公式HP)

ダニエル・サイモン『COSMIC MOTORS -遥か彼方の銀河系の宇宙船、車、パイロット』(amazon)

 でも僕の一番好きな未来の車はコレ→未来の車 GM Firebird Ⅲ(過去記事)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.21

■デヴィッド・ブラザーズ,クリスピン・グローヴァー監督
  スティーブン・C・スチュワート脚本主演
  『It is Fine. Everything is Fine!』

Everything_is_fine_crispin 先週末に金沢で上映されたこの映画、素晴らしい傑作であったらしい。ネットでの評判がとにかく凄い。
 特殊な興行形態であるため、日本で観たことのある観客は、カナザワ映画祭2008の会場にいたわずか百数十名のみ。そして今後、DVD等の発売の可能性はなく、日本での公開が再びあるか、まったくわからない。まさに幻のカルト映画の誕生である。

 なんとか都合を付けて観に行くべきだったと悔やんでも後の祭り。そこでネットでの感想リンク集です。
 
映画評論家緊張日記:カナザワ映画祭2008 フィルマゲドン(柳下毅一郎氏HP)

ぼくは字幕を担当したのだけれど、It is Fine. Everything is Fine!を見るのはこれがはじめて。話は知っていたのだが、まさかあんなイメジャリーが登場するとは思わなかった。度肝を抜かれたとはこのこと。

 It is Fine. Everything is Fine!はすさまじい情念の映画だった。一生に一本しか作れない類の映画だと思うけれど、What is it?もやはり一生に一本しか作れない映画(略)

a day in the life of mercy snow(殊能将之氏HP 2008年9月前半 のアーカイブ https://archive.org/web/)

" 間違いなく今年のベストワン映画である。
 いや、わたしの見た範囲でいえば、ここ10年のスパンで考えても指折りの傑作だと思う。これほど心ゆさぶられ、感動させられる映画はめったにない。必見中の必見!

 ……なんだけど……

 ……簡単には見られないんだよなあ……

「でもオレは見たもんねー」などと子供っぽい自慢をする気にもなれない。本作はできるだけ多くの人が見るべき映画だからだ。
 ほんとうにみんなに見てもらいたいんだよ。グローヴァーの頑固な上映方針が心底うらめしい。全世界の映画館に配給したあと、DVD化しろよっ! あんたのプライベートフィルムじゃなくて、原作・脚本・主演のスティーヴン・C・スチュアートの映画なんだからさ!


 しかたがないから、次善の策として、大都市圏にお住まいの有志の方はいますぐビッグ・スライドショウ誘致に動きなさい。
 オレの言うことが信用できないなら、金沢で見た幸運な観客の誰にでも訊いてみるといい。この映画を見て感動しない人はいない(もしいたら、そいつはどうかしてる)。一部の特殊な映画マニアだけのものにしておいちゃいかんよ。


「It is Fine! Everything is Fine.」のあまりのすばらしさに頭がくらくらし、Q&Aコーナーはよく覚えていなかったりする。"

クリスピン・グローヴァーさんを呼んで下さい!!(古泉智浩氏Blog)

主役のスティーブン・C・スチュワートさんがシナリオもお描きになって、撮影が終わった途端1ヵ月後に亡くなってしまうという、文字通り命がけで作られた映画です。一人の身障の男が人生の全てを賭けて、魂を焦がして作られた凄まじい狂気に満ち満ちた圧倒的な作品でした。

クリスピン・グローヴァーの「ビッグ・スライドショウ」in カナザワ映画祭(Blog Simply Dead)

 『What Is It?』はまさに「なんだこれは?」と観た者を唖然とさせる空前絶後のアートフィルムだったし、『It Is Fine ! Everything Is Fine.』に至っては、その場にいた観客全員の魂を揺さぶる未曾有の大傑作だった。

2008-09-16 (Blog The Texas Chainsaw Suicide)

「ほうほう、どんなに素晴らしいのかな」とちょっと上から目線で見始めた自分が、映画を見ている間ずうっと体中を駆け巡る多幸感のせいで、知らず知らずの内に口からよだれが垂れていた程(俺ヤバイ)。

『It is Fine! Everything is Fine.』は、世は全てこともなし(Blog いつか想い出す日々)

 『It is Fine! Everything is Fine.』の後に観た渡辺文樹監督作品のせいもあるけど、今後、どんな映画を観れば人間を描いていると思えるのだろうか?(略)
 私の中では、『It is Fine! Everything is Fine.』は、異形の映画として、燦然と輝き、記憶に残り続けると思う。間違いなく超傑作だ。その魅力は、カルト・オブ・カルトとして、百年経っても色褪せないと思う。

◆関連リンク
It Is Fine. Everything Is Fine! (2007)(IMDb)

Directors:David Brothers, Crispin Glover
Writer:Steven C. Stewart

 この傑作を監督しているのは、クリスピン・グローヴァーと、もうひとりデヴィッド・ブラザーズがクレジットされている。デヴィッド・ブラザーズは『What is it?』のセットを担当している美術畑の人で、監督としてはこの作品が初クレジット。
 クリスピン・グローヴァーとどのように分担してこの映画を撮ったのか、知りたいところ。
Everything is Fine! crispin - Google イメージ検索
YouTube - It is Fine! Everthing is Fine. Crispin Glover Trailer....
 予告編だけれど、たぶんこの映画のタイトル。

当Blog記事
カナザワ映画祭2008 フィルマゲドン
クリスピン・グローヴァー ビッグ・スライドショウ
“IT”トリロジー 『What is it?』 『It Is Fine! Everything Is Fine.』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »