« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

2008年10月5日 - 2008年10月11日

2008.10.10

■『電脳コイル』メモ 磯光雄著 企画書、BSアニメ夜話、アニメーション神戸賞

Photo『電脳コイル企画書』(著者:磯光雄)
   10月21日発売予定!

      (月刊アニメージュ【公式サイト】)

 2000年に磯光雄により描かれ『電脳コイル』の原作となった企画書を完全収録。
 特別付録として、没になったキャラクターや電脳グッズなど磯光雄直筆による多数のイラストやイメージボード、また2002年に書かれた、脚本の草案ともいうべきテキスト「もうひとつの物語」も収録!!
[A4ハード判/本文80P/3,150円]

 80ページで3150円は高いですが、買ってしまいそう。
 本当にマニア向けな一冊。

BSアニメ夜話 第11弾 メッセージ募集中

11月4日(火) 電脳コイル 監督: 磯光雄
11月5日(水) ガンバの冒険 監督: 出崎統
11月6日(木) 劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
         (公開収録分) 監督: 今石洋之

 コイルのゲストは磯監督の可能性が高い、と何故か思う。いや、単なる推測です。

アニメーション神戸-第13回アニメーション神戸賞 

◇個人賞  磯 光雄(監督)

 こんな世界観があったのか、こんな世界を映像化した人がいるのか……。(略)『電脳コイル』を、初めて観たときの衝撃は忘れようもありません。 審査委員「週刊アスキー」総編集長/福岡 俊弘

 アニメーション神戸賞 授賞式

開催日時: 平成20年11月2日(日)
会  場: 神戸国際会議場 メインホール
◇「アニメーション神戸賞 授賞式」   15:30~17:30
アニメーション神戸賞の受賞関係者のご紹介と授賞式を行います。 また、第13回アニメーション神戸賞の受賞者によるトークショーを行います。

 またコイルの受賞歴にひとつの賞が加わりました。
 それにしても早く磯監督の次回作が知りたい今日この頃。誰か情報を持たれていたら、プロフィールのメールアドレスまでこっそり教えてください。決して記事にはしませんので、、、、。(誰も信じてくれないだろーなー)

◆関連リンク
『電脳コイル 企画書』(amazon)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.10.08

■CGコンテスト 天下統一CG将軍2
 「絆 黒猫のファンク2」「東京雪女」「卵 TheEgg」

Cg_syougunn CGコンテスト 天下統一CG将軍2
本選出場者 本線結果発表
(BSジャパンオフィシャルサイト)

 10/4(土)夜に偶然TVで放映を見ました。
 放送作家,タレント,漫画家他とアマチュア,セミプロCGアーティストのコラボレーションコンテスト。

 僕が気に入ったのは、ダンス☆マンXあさをゆうじ「絆 黒猫のファンク2」、 さかもと未明X高嶋友也「東京雪女」、 とり・みきXそうまあきら「卵 TheEgg」といったところ。

 いずれも発想・シナリオ等を前者が作成し、後者のCGアーティストと相談しながら映像を作成していったもの。その制作過程も紹介されてバラエティ的な面白さも獲得している。反面技術面とかアートとしての分析とかはいまひとつだったけれど、、、。

 期待の内村宏幸氏の作品は、本人も番組で語っていたように練り方が充分でなかったみたいで、あのシュールなコントの凄みは残念ながら感じられませんでした。次回に期待。

 BSということでマイナー感が漂っていたが、それにしてもあまりに寂しいのが優勝賞金が30万円というところ。かなり生活かけた感じで登場するアーティストの心意気に対して、この金額はあまりにも酷。作品は良かったので、是非次回、もっと賞金をはずんでほしいもの。

◆関連リンク
『不思議の国とアリス』 - ニブンノイチケイカク 購入はここ
 そうまあきら氏の作品公式サイト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.07

■新刊メモ『樺島勝一 昭和のスーパーリアリズム画集』
 『少年マガジンの黄金時代 ~特集・記事と大伴昌司の世界~』他

Kabashima_syouwa_no_hyper_realism 樺島勝一 昭和のスーパーリアリズム画集(公式HP)
伝説のイラストレーター樺島勝一原画集1

昭和の 少年たちを熱狂させた冒険ロマン(略)の挿絵画家として一世を風靡した樺島勝一。本書 は、綿密な考証に基づく、リアルでドラマチックな挿絵185点を初めて原画から収録した資料的価値の高い画集。

弥生美術館・竹久夢二美術館

生誕120年記念
ペン画の神様 樺島勝一展
-写真よりリアルな密描画-
会期: 2008年10月2日(木)~12月23日(火・祝)

『樺島勝一昭和のスーパー・リアリズム画集』(amazon)

Img_0198  海野十三『太平洋魔城』の挿絵とか軍艦、潜水艦のイラストが素晴らしい。
 本屋で約30分、じっくりと立ち読みをしてしまいました。

 今の視点で観ると、さすがに「写真よりリアル」とはいかないけれど、昭和初期の少年の眼を疑似的にインストールして見ると(世代的には僕はずっと後です(為念))、飛び出すように迫力のあるリアルな画が迫ってきます。

 樺島氏の人となりも巻末に丁寧に語られており、興味深く読みました。

 東京では美術展も開かれているようなので、ファンの方は是非。

まるで写真を見ているようだ (樺島勝一の絵の秘密分析) (兵器生活)
 当時の雑誌の飛行機の写真と樺島画の関係を分析されている貴重な記録。

週刊少年マガジン編集部
平野 暁臣『岡本太郎と太陽の塔』
(Shogakukan Creative Visual Book) (amazon)

発見された資料を基に太陽の塔の全てを解説
永久保存が決まり、1995年に補修工事を終えた「太陽の塔」の全てを解説。初公開となる初期スケッチや写真、説計図などを用いて、岡本太郎が太陽の塔に 込めたメッセージを探ると共に、失われてしまった太陽の塔内部展示を誌面上にて再現。詳細な解説と、ビジュアル両面から岡本太郎の代表作に迫る。

 われわれ「20世紀少年」たちの未来の魂の故郷(おおげさ(^^;))、太陽の塔の貴重な資料集。これも樺島画集と同じ、Shogakukan Creative Visual Bookの一冊。今後のこの叢書からどんな本が刊行されるか楽しみです。

週刊少年マガジン編集部
『少年マガジンの黄金時代 ~特集・記事と大伴昌司の世界~』(amazon)

週刊少年マガジン掲載のなつかしい記事の集大成。1970年代、口絵の魔術師:大伴昌司の構成による少年マガジンのグラビア記事が一世を風靡した。 創刊から80年代までのマガジン黄金時代の記事・グラビアを公開します。

 そしてもう一冊、これも「20世紀少年」たちの魂の故郷、大伴昌司氏の作りだした未来。
 表紙が濃いですが、これは買います。

日本SF作家クラブ『世界のSFがやって来た!!―ニッポンコン・ファイル2007』(amazon)

 つけたしみたいになりましたが、昨年のワールドコンのレポート本。これも読んでみたい一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.06

■David Portelaデザイン
  『The Future of Citroen 2CV:未来の新型シトロエン2CV』

Future_2cv_full

This Could Be The Future of Citroen 2CV Car | Future Technology.

This Citroen concept car has just entered from future for all Citroen 2CV lovers. This concept is designed by David Portela to present a classic model. You will get what you can expect from Citroen 2CV such as the same curved bonnet, hunk sides, roofed rear wheels and much more.

 パリオートショーのマツダのコンパクトカー「清:KIYORA」の情報を集めていて、ネットで見つけた未来のシトロエン2CVのカーデザイン。なかなか面白いデザインなので「清:KIYORA」から切り替えてこちらをアップ。

 デザイナーはDavid Portelaという人。
 graphiste-Designer David Portela 公式HP PDI1b

 他にもPSAやVWのデザインがあるけれど凡庸。この2CVが特に良い。
 最近の車は、どれも体積効率重視で四角を基本としたデザインで面白くないのだけれど、これはクラッシックカーのように四輪が出っ張って主張するフォルム。

 加えて面白いのがキャビンのタンク形状。これは新しい。
 デザイナーのページにも走行のCG映像はないけれど、走っている映像も是非観てみたいものです。2CVはファンが多いので、賛否両論でしょうね。否定派の方がきっと多いでしょうが僕は2CVのネーミングを付けるかはともかくこんなカーデザインも現実に観てみたい。

◆関連リンク
Citroen's 2CV is back! | Auto Express News | News | Auto Express
 これは2CVのスクープらしき記事。信ぴょう性は不明。
祝還暦! 「シトロエン2CV」の特別展が本国で開催中
 「2CV EXPO SHOW

場所:LA CITE DES SCIENCES ET DE L'INDUSTRIE
(科学・産業シティ博物館)
開催:2008年4月15日~11月30日

・同じデザイナーのConcept Hydroxというのも面白い。
 →Maroc Automobile Actualité VoitureAuMaroc.com Concours Design Peugeot.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■NHK 「ヒミツのちからんど」ヤノベケンジULTRA FACTORY
  「夢のひみつ基地をつくろう!」・・・アートのちから

Photo ヒミツのちからんど 放送予定

10月11日PM6:50-7:15
10月18日AM10:05-10:30

「夢のひみつ基地」を作るために、現代美術のアーティスト・ヤノベケンジさんが本当に作ったひみつ基地を調査。そこは、ヤノベさんの子供の頃の大切な思い出がたくさん詰め込まれた場所だった。これから生きていくために、自分にとって「大切なこと」とは何か、ヤノベさんと一緒に考えて、自分の大切な物を置いた「夢のひみつ基地」をつくりあげる。
【ちからマスター】ヤノベケンジさん。

ULTRA TODAY.(ULTRA FACTORY公式Blog)

そういえばちいさなこどもさんがファクトリーに入るのは初めてのことで、なんだか新鮮な感じがしました。ファクトリーの中はこどもたちの好奇心をくすぐるようなものばかりです。休憩中もトらやんフィギュアに興味津々の様子。

 先日のウルトラツアーに参加できなかったヤノベファンに朗報です。
 今週末、NHKで京都造形芸術大のウルトラファクトリーの様子が放送されます。
 好奇心いっぱいの子供たちによって「空前絶後の」アートプロジェクト、番組タイトルにぴったりの「秘密の地下ランド」がどうレポートされるか、大変楽しみです。

※写真は、ULTRA TOURの際に僕が撮ったファクトリー内の様子です。プロトタイプジャイアント・トらやん(かな?)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »