« 2008年11月9日 - 2008年11月15日 | トップページ | 2008年11月23日 - 2008年11月29日 »

2008年11月16日 - 2008年11月22日

2008.11.22

■新刊メモ『夢のアロマ VENEZIA』 『ミスター・ミー』
 『MUSIC MAGAZINE08.11』 『幻影の書』

新美 直『夢のアロマ VENEZIA』(amazon)
 (株式会社 アップフロントブックス)

冬の日、ヴェネツィアはカーニバルにきらめく。
異教徒の海の風景、運河と歩道の石畳が織りなす迷宮、
光と影が交錯する町、そこに悦楽と孤独の匂いが漂う。

非日常的な空気が支配する水の迷宮都市ヴェネツィア。
背徳的な衣装と仮面をつけた群衆が広場にむかうとき、
みつめる人々もまた中世の幻想に迷い込む。

  以前記事にした鮮烈な写真集 新美直『アリゾナの青い風になって』~Spiritual Journey~に続く、写真家・新美直氏の新しい作品集。
 まだ実はこの本、見たことがないのだけれど、前作のような鮮やかな色合いとシャープな画角でベネチアの幻想が切り取られているのだろうか。

アンドルー・クルミー『ミスター・ミー』(amazon)
 (東京創元社 海外文学セレクション).

 書 物に埋もれて暮らす八十代の老人、ミスター・ミーは、失われた謎の書物・ロジエの『百科全書』の探索に熱中しパソコン導入に至る。ネット検索の果てに老人 は、読書中の裸の女性のライブ映像に行き着いた!
 彼女の読んでいる本のタイトルは『フェランとミナール――ジャン=ジャック・ルソーと失われた時の探 求』だった。

 書物の世界とネットの海の探索の物語(?)。
 この紹介文を読むだけで、ドキドキしてくる本ですね。誰か読みました?

『MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2008年 11月号』(amazon)

特集ザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズ、そしてザ・クロマニヨンズ
 甲本ヒロト&真島昌利が語る二人の現在、ヒストリー+アルバム・ガイド、『TRAIN-TRAIN』で僕はブルーハーツ・フリークになった、他

 表紙がいいです。甲本ヒロトのヴォーカルと真島昌利の詩はグループが変遷してもいつも凄い。

ポール・オースター『幻影の書』(amazon)

救いとなる幻影を求めて――人生の危機のただ中で、生きる気力を引き起こさせてくれたある映画。主人公は、その監督の消息を追う旅へ出る。失踪して死んだと思われていた彼の意外な生涯。オースターの魅力の全てが詰め込まれた長編。オースター最高傑作!

 これは映像をめぐる探索の物語。
 セオドア・ローザック『フリッカー、あるいは映画の魔』を思い出します。そして著者がポール・オースター! これも期待の一冊です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.21

■ベルギーの彫刻家 Stephane Halleux:ステファン・ハレックス
  スチームパンクなマシンたち

Stephane_halleux00
Stephane Halleux index (公式HP)
MySpace.com - stephane www.myspace.com/stephanehalleux.
(スチームパンクなマシンたち:WIRED VISION経由)

ベルギーの彫刻家、Stephane Halleux氏の作品は、「ティム・バートン[米国の映画監督]がジュール・ベルヌと出会った」ようだと評されている。

 WIRD VISIONにはこの作家の作品は一点のみ紹介されている。これがとてもスチームパンクかつコミカルで気に入ったので、探したてみたら上記ホームページとMy Spaceに作品が掲載されていました。

 特に上の最初の2作品に注目いただきたい。他がティム・バートンの影響が見て取れるのと同様、どこかで観た雰囲気を感じませんか。

 僕にはヤノベケンジ作品を連想させます。
 たぶんこちらの作品は小型のものなので、もしいつか入手できるものなら、手に入れたいものです。ほしい!

 調べてみたら、ここで売ってました→Device Gallery  Stephane Halleux作品
 なんと$12,000USD !! 一生、買えない!!

◆関連リンク
Stephane Halleux - Google イメージ検索
072608_FantasticContraption_02 on Flickr - Photo Sharing!
 こちらのFlickerにStephane Halleux氏の作品展の様子があります。
 他の作家の作品もなかなか素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.20

■観た!アニメ夜話『電脳コイル』 『ガンバの冒険』
   『劇場版天元突破グレンラガン 紅蓮篇』

Vert_2NHK BSオンライン(BSアニメ夜話)

◆第1夜「電脳コイル」11/5(水)

【出演】松嶋初音、平松禎史、稲見昌彦、氷川竜介、岡田斗司夫【司会】加藤夏希、里匠

 ヴァーチャル・リアリティのメッカである東大舘研究室出身の慶応義塾大学稲見教授の出演がアニメ夜話としては異色。

 これも、いかに『コイル』の描いた近未来テクノロジーのコンセプトが優れていたかの証左であろう。

 稲見氏の発言で面白かったのが、舘研に入るとまず士郎正宗の『攻殻機動隊』を渡して、これを読んで議論に加わること、と指示されるというところ(^^)。(それを舘教授自らが決めたのかどうかは不明だが、教授が描いたテレイグジスタンスの概念が士郎作品と強く共鳴することは間違いない)

 そして出演者からの「こんな世界が本当に来るんですか?」という質問に対して、稲見教授の熱い言葉。
 「それを実現していくのが我々です」
 きっと舘研、稲見研の新人は『攻殻機動隊』に続き、『電脳コイル』も必須教材に指定されていることでしょう。

 ヴァーチャルリアリティもエンタテインメントやアートとしては一定の成果が出ているが、社会的にインパクトのある現実的アウトプットはとても少ない。

 「日本文化を牽引する」(本当か?)アニメーションが、日本のテクノロジービジネスを牽引する日も近い!?

◆第2夜「ガンバの冒険」11/6(木)

【出演】半田健人、仁藤優子、神山健治、椛島義夫、藤津亮太、岡田斗司夫【司会】加藤夏希、里匠

 冒頭に引用した写真。
 デザインと作画監督を務めた椛島義夫氏が好きなキャラクターとして挙げたのがシジンであるが、椛島氏の朴訥としゃべる様子とシジンの雰囲気がとても似ていると思ったのは、僕だけではないはず(^^;)。
 デザイン段階のキャラクターの絵が登場したのが嬉しかった。ガンバもイカサマも、こちらの方がよりマンガチックでシャープ。重い雰囲気もたたえた本編には、も少しリアル路線の最終デザインがやはりマッチしている。
 既にガンバは随分長いこと観ていないけれど、これを機に再見したくなりました。

Photo ◆第3夜「劇場版天元突破グレンラガン 紅蓮篇」11/7(金)

【出演】中島かずき、佐藤大、宮地真緒、福井裕佳梨、氷川竜介、岡田斗司夫【司会】喜屋武ちあき、里匠

 平松禎史氏の右の原画が登場。アクションゲージによるスピードと溜めの指示についての説明があった。

 監督の提示したコンセプトであるドリルから、中島かずき氏によりDNAや宇宙へと発想が広がっていく過程が、ダイレクトに視聴者に提示された。これ、やはりワイド・スクリーン・バロックですね。最初の穴倉世界描写もイアン・ワトスンの奇想SFなタッチがあったし、中島かずき氏ってSFマニア? 映画もDVD出たら、観なきゃ。(中島かずき氏wikiで見たら、双葉社の編集者が本業! 日曜シナリオライターって凄いですね)

 観客席から武田康廣氏の登場があったけれど、残念ながら岡田斗司夫との絡みはなく、「大阪芸人」ひさびさの再現は実現せず。

 そういえばロージェノム役の池田成志氏って、第三舞台の役者じゃないですか!TV観てる時はなんか見たことのある名だと思ったけれど、気づきませんでした。
 劇団☆新感線、中島かずき氏との演劇つながりでしょうか。

◆関連リンク
・椛島義夫氏wiki 作画wiki 社長を務める夢弦館
 『ぜんまいざむらい』も椛島氏!!まだ現役!!

・当Blog記事
メモ BSアニメ夜話 『電脳コイル』 『ガンバの冒険』
   平松禎史、稲見昌彦、神山健治、椛島義夫出演!!

 磯光雄監督 次回作と『電脳コイル2』!?を語る
  アニメ『電脳コイル』に見るリアルとバーチャルの接点

 電脳コイル』メモ 磯光雄著 企画書、BSアニメ夜話、アニメーション神戸賞

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.11.19

■オープンソースの3次元CGソフト
 ブレンダーのイベント Blender Party @ NAGOYA

Blender

Blender_party_nagoyajapan2008_2Blender party @NAGOYA,Japan2008
NAGOYA2008参加申し込み Wiki
 (でいをおかあさんのBlog
  PROJECT HYPER BALLより
)

LIVE & RESTAURANT BAR 〔SAN JOSE〕(サンホセ)
名古屋市中区錦3-1-9 桜町ビルB1
開催日時 11月29日土曜日,16:00-19:00(3h)
参加費用 4,500yen
募集人数 ~50名
 (会場自体のキャパは着席70名、立席100名)

Blender - Wikipedia

Blender(ブレンダー)はオープンソースの3次元コンピュータグラフィックスソフトウェアの一つで、3Dモデルの作成、レンダリングのほかアニメーション、コンポジット機能も備える。

 でいをおかあさんからご案内いただきました。
 来週末に開催される3D-CGソフトのイベントの紹介です。30~40分のCGアニメーションの上映会も予定されています。

 僕自身はCGソフトというと、MAC時代にStrataStudioをちょっと使ったくらいで素人なのですが、このBlenderは、ユーザーインタフェースがなかなか面白そう。
 時間なくてダウンロードしても、どれだけ遊べるかわからないけれど、週末に落としてみようと思っています。

◆関連リンク
Blender.jp - Blender Japanese Website
・ダウンロードはこちらから→blender.org - Get Blender 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.18

■幻想の魔術師 カレル・ゼマン レトロスペクティブ
  :karel zeman Retrospectiva

Photo_3

カレル・ゼマン レトロスペクティブ 11/8-11/28@イメージ・フォーラム

幻想の魔術師 カレル・ゼマン レトロスペクティヴ Karel Zeman Retrospectiva 人形アニメ大国チェコにおいて、トルンカやティールロヴァーと並ぶ先駆的存在、そして前人未到の幻想世界の創造者カレル・ゼマン。

代表作『水玉の幻想』、『前世紀探検』、『盗まれた飛行船』を始め、幻の処女作『クリスマスの夢』から晩年の傑作『クラバート』、『ホンジークとマジェンカ』までのカレル・ゼマン13作品を一挙公開!トリック映画の創始者ジョルジュ・メリエスに魅せられ、SFの始祖ジュール・ベルヌを愛した<少年の心>を持つカレル・ゼマンの玉手箱のようなファンタジー・ワールドをお楽しみ下さい。

 shamonさんにメールで教えてもらいました。
 チェコの映像作家カレル・ゼマンの回顧展。

 実は恥ずかしながらカレル・ゼマン、未見なのです。昔からSF映画関連で、『盗まれた飛行船』『彗星に乗って』とか必ず紹介されていたのですが、何故か観ていないという、、、。

 上映会は行けないけれど、これを機に自宅でDVD鑑賞としましょうか。

◆関連リンク
カレル・ゼマン(NSW) おかだえみこさんの紹介記事
『幻想の魔術師 カレル・ゼマン コレクターズBOX』(amazon)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.17

■赤塚若樹 著『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』

Photo_2 赤塚若樹 著
『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』

        (未知谷 公式HP)

ブルトン『シュルレアリスム宣言』から10年――表現主義、キュビスム、ダダなどの影響のもと、タイゲ、トワイヤン、ネズヴァル、シュティルスキーらは独自のアヴァンギャルド《ポエティズム》を推進し、その後発展的解消を経てシュルレアリスムを宣言する。社会主義体制下では地下活動を余儀なくされるが、幾度もの世代交代を経てチェコ・シュルレアリスムは、現在進行形である。
(略)シュヴァンクマイエル、チェコ映画、チェコ・アートの三部構成で論じる待望の評論集。

 08.7月刊行。
 出版されたことを全然知らなかったので、こんなに記事にするのが遅くなってしまいました。引用した紹介記事にあるとおり、シュヴァンクマイエルとチェコ映画・アートを論じた評論集。

 残念ながら僕は、シュヴァンクマイエル以外のチェコアートの知識が貧しく、それ以外は赤塚氏の文章からイマジネーションたくましくして想像した脳内映像に頼るしかない(^^;)。

 非常に興味深かったのが、第三章のチェコシュルレアリスムの歴史と現在について触れたところ。もちろん「戦闘的シュルレアリスト」であるシュヴァンクマイエルに関連した興味である。この本から紐解いて、ウェブ上でしかなかなか触れることはできないけれど、チェコのシュルレアリストの作品を調べてみたい。いずれこのBlogでリンク集を紹介できたら、と思う。

◆シュヴァンクマイエル
 著者が述べているように、ここ数年、日本のシュヴァンクマイエルの受容が広がっているわりに、ちゃんとした評論が書かれていないのは寂しい。
 そこを埋める形で書かれた5本の論考が収められている。

 「驚きの感覚」こそがシュヴァンクマイエル芸術を理解するのに必要なものではないかとも思う。(P11)

 シュヴァンクマイエルはみずからルドルフ二世の信奉者であるということを表明している。(略)シュヴァンクマイエルが芸術作品と称してつくっているのは、みずからの想像上のクンスト=ヴンダーカマーに収まるだろうもの、収めておきたいもの、そのなかでもとくに自然物(ナトゥラリア)である、と。つまり、夢の世界のナトゥラリアであり、空想世界の自然の驚異をつくりだしているのであり、それがシュヴァンクマイエルという稀有な才能の芸術・創作活動となっているということだ。(P26)

 手の押し跡を「創作者の心的状態の純粋な表出」とみなし、それをとどめる素材として粘土をもちいている(略)。(P46)

 多様な読みが可能なシュヴァンクマイエルであるが、こうしたポイントでの分析が面白い。アニメーションだけでなく、実写映像、コラージュ、オブジェ等、幅広いシュヴァンクマイエルの活動の総体をとらえるのはかなり広範な分析が必要で、今回の5本の論考はいくつかの視点から多角的な読みのアプローチがなされている。

 僕が特に強くひかれたのが、「戦闘的シュルレアリストの賭け」と題して、『ボヘミアにおけるスターリン主義の終焉』について詳しく論じたもの。
 政治的なダイレクトなメッセージと、シュルレアリスムと魔術、魔術とアニメーションの観点からの分析が総体としてのシュヴァンクマイエルをとらえているように感じた。
 そうした観点での戦闘的なシュルレアリストの姿と、人を驚かせてやろうという一種茶目っ気に溢れたヴンダーカマー的感性。これらの渾然一体となった総体が我々を惹きつけるシュヴァンクマイエルの魅力なのだと改めて思う。

 ここで急遽、アンケートです。
 ここの読者の皆さんに答えていただけたら幸いです。シュヴァンクマイエルのどういった作品に魅かれるか、クリックいただければ幸いです。
 ★回答いただくと、即現在の得票結果がグラフで表示されます。
 次の土曜11/22締切として、来週結果を掲載したいと思います。ご協力、よろしくお願いします。(NIFTYにアンケート機能があるのを今日知ったので、今後、利用したいと思います。このBlogに来ていただける皆さんで何かアンケートしたいことがあれば、この記事へのコメントでご一報ください)
 

◆関連リンク
・その全文がネットに掲載されている。
 「戦闘的シュルレアリストの賭け ヤン・シュヴァンクマイエルの『ボヘミアにおけるスターリン主義の終焉』をめぐって」(「スラブ研究」45号)
シュヴァンクマイエルとアニメーション
 アニメーションは魔術の現代的なかたち。
 初出:『夜想34』(特集=パペット・アニメーション). ペヨトル工房(1998年).pp. 68-83.
編集・翻訳(原文=チェコ語・英語):赤塚若樹
シュヴァンクマイエルとアニメーション インタビュー記事

  私には魔術的な側面のない自分の作品など想像できませんでした。(略)
 かつて芸術と魔術は溶け合って、さまざまな儀式――それによって文明の初期段階を生きる 人間が自然の善意(自然現象、先祖の霊魂、悪霊)を勝ち得ようとしたさまざまな儀式――の分けることのできない一部分になっていました。その後、芸術は魔 術からは距離をおきはじめて、みずから図像学上の機能、美的機能、再現の機能などといった、ほかの機能を獲得し、とうとう全体主義体制のイデオロギーのし もべになりはてたり、あるいは美術市場のためにつくられる品物という悲惨な役割を引き受けるようになったりしました。シュルレアリスムはいつも芸術にその “魔術的威厳”を取りもどそうとしていました。そして、それがあるから、私はそのシュルレアリスムにつよい関心を抱いているのです。

・引用されていたWhen Jan met Terry | Independent, The (London) | Find Articles at BNET.全文(かな)
赤塚若樹氏HP 著書と翻訳書 文章1.

「チェ コ・シュルレアリスムの歴史的概観・1918年から1948年まで」
 『比較文学・文化論集』第14号(1997年).pp. 1-9.
 この文章については、これまでに何度か問い合わせがありました。(ありがとうございました。)これまでチェコのシュルレアリスムの歴史を大づかみにでき るような日本語の文献がなかったので、取っておいたメモをまとめるかたちで書いた研究ノートのようなものです。ですから、何かを「議論」するようなたぐい の文章ではありません。
 内容は表題のとおりですが、同時に日本語(およびフランスと英語)で読めるチェコ・シュルレアリスムの文献をまとめる目的もありました(数はかぎられて います)。掲載誌はたまたまそのとき発表しやすかったものですが、残念ながらあまり入手しやすくないようです。

赤塚若樹『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』(amazon)
・当Blog記事
 小宮 正安 『愉悦の蒐集ヴンダーカンマーの謎』
 ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展@ラフォーレミュージアム原宿
 エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー関連図録  Eva Svankmajerova
 エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーと深井克美
 『GAUDIA(ガウディア)造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.16

■虚構の劇団 第2回公演決定 『リアリティ・ショウ』

The_reality_show_2 虚構の劇団
第2回公演
『リアリティ・ショウ』 (公式HP)

ドラマや歌番組ではない、「本当の人生」を登場させたTV番組を、 世界基準では、『リアリティ・ショウ』と呼ぶ。(略)

テレビカメラがなくても、携帯カメラがある。
テレビ局がなくても、ブログがある。

うんと哀しい時、これはショウなんだとつぶやいて安心しよう。
うんと楽しい時、これはリアルなのかと念のために確認しよう。

リアルなのに、ショウ。ショウなのに、リアル。

それは、21世紀の私たちの祝福された絶望的な日常。
幻の観客の熱烈な拍手を求めて、リアルなショウは終わらない。

作・演出:鴻上尚史
出演:大久保綾乃、小沢道成、小名木美里、小野川晶、 杉浦一輝、高橋奈津季、三上陽永、山崎雄介、渡辺芳博
公演日程:2008年12月12日(金)→12月20日(土)

 うわっー、ポスターがめちゃくちゃ、カッコいい。
 旗揚げ公演も鮮烈なポスターだったけれど、今回のはとにかくクール。

 狙っているコンセプトも上の紹介文からすると、まさに鴻上尚史の得意な世界。12月の東京行、真剣に考えるか(忘年会を二個ほどパスすれば行けるかも(^^;)。個人的には断然こっちなのだけれど世間のしがらみが、、、、。)。

◆関連リンク
虚構の稽古場Blog リアリティ・ショウ 1日目

11月10日。 本日、虚構の劇団・第二回公演への実験が本格的に始動した。 まず最初の試みとしてこの空間の中で1週間過ごすことから始まるようだ。 休憩や食事、及び個別的な理由での退室は許可されているが、 決められた時間は基本的にこの部屋で過ごさなければならない。 この実験の先にある成功は 「この空間の中でそれぞれが新たな人格を形成すること」のようだ。 現段階ではここまでの撮影が許されたので、まずはこの実験空間の画像を提供したい。

・当Blog記事 虚構の劇団 旗揚げ公演『グローブ・ジャングル』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月9日 - 2008年11月15日 | トップページ | 2008年11月23日 - 2008年11月29日 »