« ■OTONARI KOBO:おとなり工房「手塚キャラ動かしてみました」 | トップページ | ■ハイビジョンレコーダーの素朴な疑問
  BD:ブルーレイディスク vs HDD:ハードディスク比較 »

2009.01.08

■巨大スペクタルアート劇団「ラ・マシン:La Machine 」
  巨大な生命のある機械 日本上陸!

La_machine_yokohama_trailer 巨大スペクタルアート劇団「ラ・マシン」
 横浜開港150周年記念テーマイベント

 (shamonさんより情報提供)

会場:1.Y150はじまりの森 (新港地区8街区)
開催:2009年4月28日(火)〜9月27日(日)

 高さ約12m(4階建てのビルに相当)の動く巨大生物オブジェが、2009年4月横浜に登場
 本件で日本初上陸となるフランスの巨大スペクタクルアート劇団「ラ・マシン」。彼らが表現する世界観=”生命のある機械”という世界初のコンセプトは、15〜20年ほど前に開発されました。 単なる”物体”としての作品ではなく、彼らの”生命のある機械”によって「街が劇場に変わる」という圧巻の巨大スペクタクルアートが実現するのです。

Vol.1 ラ・マシンが日本上陸
 (横浜開港150周年記念テーマイベント「開国・開港Y150」公式サイト)

 こちらはラ・マシンの今までのアート作品の映像と横浜での開催告知の映像。
 ラ・マシンのプロデューサー・総合演出を務めるフランソワ・テラロジエール:Francois Delaroziere氏も写真で登場。

 今まで観たことのなかった、巨人,きりん,黒人の巨大オブジェの映像が楽しめる。

 開催告知の映像では、まだ横浜でのアートがどんなものになるかは説明されていないが、「横浜が劇場化」する「4日間」という記述と、「153日間続くスペクタクル」という表現がされており、メーンイベントを4日間、展示を153日という日程であることがうかがい知れる。

 本来はこの4日間のパフォーマンスを観るのが一番なのだろうけれど、なかなか横浜へは行けないだろうから、テレビの映像か、153日間の間に訪問するかして、是非この眼でラ・マシンの日本上陸に立ち会いたいものである。

◆関連リンク
ロワイヤル・ド・リュクス『巨人の神話』
ロワイヤル・ド・リュクス『スルタンの象と少女』

当Blog記事
La Machine 15メートルの巨大クモ
SF作家ジュール・ヴェルヌの没後100年パレード  ゴシック 月世界 ジャイアント・マンモスと巨大アンドロイド少女

|

« ■OTONARI KOBO:おとなり工房「手塚キャラ動かしてみました」 | トップページ | ■ハイビジョンレコーダーの素朴な疑問
  BD:ブルーレイディスク vs HDD:ハードディスク比較 »

コメント

 shamonさん、こんばんは。ホットな情報、ありがとうございました。

 こっちのTVではやっていなかったような、、、。
 新聞でも見かけないし、関東ローカルレベルかと思います。

 でも春には全国区のニュースで大々的に報じられそうですよね。

 shamonさんのレポートも楽しみです。
 僕も某関東のメーカとの仕事が決まりそうな気配なので少し頻繁に出張できるかも。その時に寄ろうかなーと画策中(^^;)さてさてどうなりますことか。

投稿: BP(shamonさんへ) | 2009.01.09 00:30

まいどです。

イベントが近づいてきたせいか
先日TVでも紹介されていました(首都圏のみ?)

早く観たいです^^。

投稿: shamon | 2009.01.08 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/43647866

この記事へのトラックバック一覧です: ■巨大スペクタルアート劇団「ラ・マシン:La Machine 」
  巨大な生命のある機械 日本上陸!
:

« ■OTONARI KOBO:おとなり工房「手塚キャラ動かしてみました」 | トップページ | ■ハイビジョンレコーダーの素朴な疑問
  BD:ブルーレイディスク vs HDD:ハードディスク比較 »