« ■村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ | トップページ | ■スパイク・ジョーンズ監督 新作 “Where the Wild Things Are” »

2009.02.25

■リコーのHDR:ハイダイナミックスレンジ
  デジタルカメラCX1 ダイナミックレンジダブルショットモード

Cx1_3 『RICOH デジタルカメラ CX1』
公式サイト プレスリリース

・ 画像処理エンジンと撮像素子の一新により高速連写が可能に。これにより、露出が異なる2枚の静止画を高速で連続撮影して、それぞれの適正露出部分を合成した画像を記録する「ダイナミックレンジダブルショットモード」の搭載を実現し、ダイナミックレンジを最大12EV相当まで拡大可能。人の目で見た印象と近い画像の記録が可能。

・ カメラが自動的に7箇所の合焦ポイントを決定し、それぞれのポイントにピントを移動しながら、7枚の画像を高速連続撮影。連続撮影した画像を1つのMPファイル(複数の静止画を1つにしたファイル形式)として記録します。

・ シャッターボタンを押し切った瞬間から、約1秒間で120枚(120コマ/秒)、または、約2秒間で120枚(60コマ/秒)の超高速連写が可能。

  以前紹介したHDR(High Dynamic Range)写真に対して、どの程度のものが撮れるか、今のところサンプルがリコーによって公表されていないので、なんとも言えないが、もしこの紹介記事のような写真が撮れるとしたら、画期的。

 原理的にはディジタル写真であれば、簡単にできるはずなので、本物のHDRデジカメであることを祈りたい。

 そして将来、ハイビジョンビデオカムでもこのような機能が搭載される可能性は高い。
 今のところ、かなり特殊な映画でしか、こんなハイダイナミックレンジな映像は観られないが、これを簡単に一般ユーザが撮れる日も近い!!

 コンデジで120コマ/秒の撮影も凄い。

◆関連リンク
『RICOH デジタルカメラ CX1』
価格.com - リコー CX1 のクチコミ掲示板

・当Blog記事
 HDR(High Dynamic Range)写真
 撮影後にどこへでもピントを合せられるカメラLight Field Camera

・リコー、4コマ/秒連写のCMOS搭載モデル「CX1」
あなたの写真、売れます。趣味を実益に変える、海外ストックフォトアフィリエイトの紹介。 - HDRiな生活 ネットでデジタル写真を売る方法。こういうの知りませんでした。

|

« ■村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ | トップページ | ■スパイク・ジョーンズ監督 新作 “Where the Wild Things Are” »

コメント

 ミのつく職人さん、こんばんは。

>>あえてGRD2を選択した理由とコンデジ二台体制への移行は自分に対する納得できる説明が両立せず...

 なかなか悩ましいですね。
 本来コンデジの下位モデルは携帯へ機能統合されていく方向なので、HDR機能も携帯に入ったらいいかも。

 かくいう私は、コンデジはすでに7年ほどFinePixを使い続けているので、ボチボチ買い替え時期なんだけれどなーーiPhoneで事足りていると言えば、足りているんだけれど、、、。

投稿: BP(ミのつく職人さんへ) | 2009.03.05 00:34

この存在は気になります。
リコーGRD2使ってまして大した写真なぞ撮りゃしませんが、ダイナミックレンジがもっと大きいといいなと思うことはままあります。この手の機能はGRシリーズには将来にわたって搭載されなさそう。かといってこちらに手を出すとGR2を使わなくなりそう。あえてGRD2を選択した理由とコンデジ二台体制への移行は自分に対する納得できる説明が両立せず...

投稿: ミのつく職人 | 2009.03.01 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/44126992

この記事へのトラックバック一覧です: ■リコーのHDR:ハイダイナミックスレンジ
  デジタルカメラCX1 ダイナミックレンジダブルショットモード
:

« ■村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ | トップページ | ■スパイク・ジョーンズ監督 新作 “Where the Wild Things Are” »