« ■感想 中沢 新一, 波多野 一郎『イカの哲学』 | トップページ | ■小林治監督『まんが日本昔ばなし みちびき地蔵』 »

2009.02.18

■感想 M・ナイト・シャマラン監督『ハプニング』

Happning 「ハプニング」オフィシャルサイト

 『サイン』『アンブレイカブル』で鮮烈なイメージをみせたシャマランだけれど、ここのところ低調。

 この映画、冒頭からの不安感を煽る雰囲気は、さすがシャマランという感じで、ドキドキして観た。

 おしむらくはその不安が、またもや人間関係だけに集約していくこと。

 これはちゃんとSF的な意味付けがほしかった。
 前半の不安を、みごとに収束させるネタがあれば、、、、。(アイデアをギリギリまで思考し、シナリオを徹底的に練り込む集中力が落ちているのだろうか??)

 映画を観終わって外へ出て「風」の音を聴いたら、少しだけドキッとする、そこはなかなか秀作な部分。

 演出力は素晴らしいから、次作はシナリオを優秀なライターにまかせて、監督に徹した方がいいのかも。

◆関連リンク
M・ナイト・シャマラン『ハプニング』

|

« ■感想 中沢 新一, 波多野 一郎『イカの哲学』 | トップページ | ■小林治監督『まんが日本昔ばなし みちびき地蔵』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/44060022

この記事へのトラックバック一覧です: ■感想 M・ナイト・シャマラン監督『ハプニング』:

« ■感想 中沢 新一, 波多野 一郎『イカの哲学』 | トップページ | ■小林治監督『まんが日本昔ばなし みちびき地蔵』 »