« ■リコーのHDR:ハイダイナミックスレンジ
  デジタルカメラCX1 ダイナミックレンジダブルショットモード
| トップページ | ■立体映画用Fusion 3D Camera Systemを手掛ける米PACE »

2009.02.25

■スパイク・ジョーンズ監督 新作 “Where the Wild Things Are”

Where_the_wild_things_arespike_jonz
Where the Wild Things Are (2009)(IMDb)
YouTube - where the wild things are (test footage)live action movie

 雑誌 Cut(09年03月号)恒例の「誰も観てない映画50本!」で、『パルナッサス博士の想像力』(原題)、『アリス・イン・ワンダーランド』(原題)と並んで紹介されていたのが、スパイク・ジョーンズ監督の“Where the Wild Things Are”。

  まだ公式HPはなく、予告篇も公開されていない。
 しかし上の写真とリンクにあるテストフッテージを観ると、イマジネーションに溢れた映像になりそうな予感。
 スパイク・ジョーンズというと、もちろんチャーリー・カウフマン脚本の『マルコヴィッチの穴』が素晴らしかったわけであるが、あの不思議なストーリーテーリングと映像で、ファンタジーが撮られたらと想像すると、、、。ちなみに本作のシナリオはカウフマンではなく、スパイク・ジョーンズとDave Eggersという新人のコンビ。 

 また楽しみな映画が増えました。

◆関連リンク
モーリス・センダック:Maurice Sendak『かいじゅうたちのいるところ』
 原作は誰でも一度は観たことのあるこの表紙の本。

|

« ■リコーのHDR:ハイダイナミックスレンジ
  デジタルカメラCX1 ダイナミックレンジダブルショットモード
| トップページ | ■立体映画用Fusion 3D Camera Systemを手掛ける米PACE »

コメント

 MBIさん、貴重な情報、ありがとうございます。

>>原作は懐かしいものなので、
>>同じ様に期待していたのですが、
>>残念ながら、、、でした。

 ありゃありゃ、スパイク・ジョーンズ監督、はずしちゃいましたか。ビジュアルはなかなか良さそうだったのですが、残念ですねー。

 今後もアメリカの新作について、コメントいただけると嬉しいです。よろしく御願いします。

投稿: BP(MBIさんへ) | 2009.10.30 00:06

米国在住です。
この映画を見ました。
原作は懐かしいものなので、
同じ様に期待していたのですが、
残念ながら、、、でした。
MAXに対しては、non-likeable.
総評としては、boredom.
It's less than perfect.

投稿: MBI | 2009.10.27 02:37

 ta2nbさん、まとかさん、こんにちは。

>>この絵本大好きです。
>>自分もエントリを書きましたので、リンクとトラックバックさせて頂きました。

 記事を紹介いただき、ありがとうございます。
 実は僕はこの絵本、本屋で観ただけで読んでないのです。ちゃんと読まなきゃ、です(^^;)。

>>ところで、テストフッテージってどういう意味ですか?

 「フッテージ」ってここでは「映像」の意味です。なので「テスト映像」ということになります。最初から「テスト映像」って書けよって話ですが(^^;)、「フッテージ」という語感が好きなので、、、。

 もともとは映画フィルムを長さ(フィート)で表現していたところから来ている言葉のようです。

 今ならさしずめ、記憶容量から「テストgigage」とでも言うんでしょうか?(^^)


>>この人の絵本に出てくる男の子達は、みんな悪ガキのクソ坊主です。

 (^^)、いいですね。
 悪ガキとスパイク・ジョーンズは相性が良さそう。

>>我が家の坊主はいつか大人になってしまうけど、センダックの坊主たちは絵本の中でずーっとヤンチャなんだと思うと、愛しくて切ないです。

 うちの子供たちは既にほぼ「悪ガキ」時代を終えてしまっているので、まとかさんの雲母LIFEで読ませていただくお子さんの様子、うちもそんなころがあったなー、と既に遠い眼でいささか寂しいです。

 うちは今、この「悪ガキ」役は5歳になる犬が果たしてくれています。犬はいつまでも「悪ガキ」ですね。懐いてくれるし、、、。

 そして「悪ガキ」なのに、実は我々より短い寿命で早く逝ってしまうはずで、そこがまとかさんの言われる「悪ガキ」の「愛しくて切ない」風情と同質のものを醸し出しています。

 あれ、しんみりした話になっちゃいましたね。
 犬バカまるだしでした(^^)

投稿: BP(ta2nbさん、まとかさんへ) | 2009.03.01 09:32

こんにちは!
センダック、好きです。
この人の絵本に出てくる男の子達は、みんな悪ガキのクソ坊主です。
我が家の坊主はいつか大人になってしまうけど、センダックの坊主たちは絵本の中でずーっとヤンチャなんだと思うと、愛しくて切ないです。
どんな映画になるんでしょうね。

投稿: まとか | 2009.02.26 12:07

この絵本大好きです。
自分もエントリを書きましたので、リンクとトラックバックさせて頂きました。
よろしくお願いします。

ところで、テストフッテージってどういう意味ですか?
よろしければご教授ください。

投稿: ta2nb | 2009.02.25 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/44128081

この記事へのトラックバック一覧です: ■スパイク・ジョーンズ監督 新作 “Where the Wild Things Are”:

» かいじゅうたちのいるところ [-系-kei the system]
かいじゅうたちのいるところ じんぐう てるお,Maurice Sendak 「かいじゅうたちのいるところ」という絵本を知ってますか? 自分はこの絵本が大好きです。 と言っても手元に持ってはいないので、ついこの間も新宿紀伊国屋の絵本コーナーで立ち読みしてきました(^^; ★究極映像研究所★さんの記事を見て知ったのですが、 この絵本が映画化されているみたい。 >スパイク・ジョーンズ監督の“Where the Wild Things Are” これは楽しみだ。 you... [続きを読む]

受信: 2009.02.25 17:45

» 楽しみな新作映画 [【霧状スプレー】]
考えてみると1ヶ月以上更新してなかった…メインサイトの更新もまだだし(こちらはまとめてする予定ですが)管理の酷さがうかがえるね。 そ... [続きを読む]

受信: 2009.03.21 14:27

« ■リコーのHDR:ハイダイナミックスレンジ
  デジタルカメラCX1 ダイナミックレンジダブルショットモード
| トップページ | ■立体映画用Fusion 3D Camera Systemを手掛ける米PACE »