« ■新刊メモ テレコム『アニメーション・バイブル』
 『アニメーション映画の演出術―『スカイ・クロラ』にみる映像技法』
| トップページ | ■山田太一脚本 田島大輔監督 『ありふれた奇跡』 最終回 »

2009.03.26

■デジタルカメラ ハイビジョンムービーとハイスピード撮影
 HD2000 vs FC100 vs TZ7 vs CX1 比較表

Photo_2

 最近のデジカメは、ハイスピード撮影(スローモーション)とハイビジョン動画が撮れるものが出てきている。そこで最新機種のスペックを比較してみた。(いや、7年使用しているコンデジを買い替えようかと思っているので、自分のためです(^^;))

 比較したのは、表の4機種。ハイビジョンとハイスピードで抽出したが、CX1はハイビジョン動画がないのだが、興味があるため。
 自分の眼にとまったものを抽出したけれど、もし他の選択肢もあれば、ご教示ください。

 これを見ると、EXILIMのコストパフォーマンスがダントツ。
 特にハイスピードについては、さすがに業界初を実現したCASIO、コンデジへの導入でもトップを走っている。

 これでほぼ決まりのようなものだが、捨てきれないのは、XACTI。
 もちろんハイビジョン動画がフルハイビジョンで、しかも60fpsのプログレッシブ。サンプルのムービーも素晴らしい出来なので、価格は高いが候補に残している。たいがいXACTIは次の機種が出るころに、前モデルが4万円台くらいまで値落ちするので、そこまで待って購入するのもありかと、、、。
 そろそろムービーカメラもハイビジョンハンディカムHDR-HC1のテープタイプから脱したいと思っているので、この際、これでデジカメと合わせて刷新としたい気持が大きくなっている。コンパクトさで有利なEXILIMとどっちにするか、悩むところ。

◆関連リンク
DMX-HD2000(三洋電機) 撮影サンプル 価格.com クチコミ
 60fps 24Mbpsのプログレッシブ動画 すばらしく奇麗
DMC-TZ7 LUMIX(ルミックス)(Panasonic) 撮影サンプル 価格.com クチコミ
EXILIM EX-FC100(カシオ)  撮影サンプル 価格.com クチコミ
  Amazonで09.3/25現在¥30690円!
CX1 (Ricoh Japan) 撮影サンプル 価格.com クチコミ

|

« ■新刊メモ テレコム『アニメーション・バイブル』
 『アニメーション映画の演出術―『スカイ・クロラ』にみる映像技法』
| トップページ | ■山田太一脚本 田島大輔監督 『ありふれた奇跡』 最終回 »

コメント

 ミのつく職人さん、こんばんは。
 
>>家庭で撮れる究極映像の入門編として、まずはミルク・クラウンを期待してます。手のひらにミリセコンド単位の芸を。

 人間の脳の処理速度の原単位は、およそ100msecとのこと。
 すでに我々は、通常、現実を処理している速度の100分の1の映像世界を家庭で手に入れた訳です。

 ここからどんな可能性が広がるか?
 この答えはYoutubeのみぞ知る。

投稿: BP(ミのつく職人さんへ) | 2009.03.28 23:42

家庭で撮れる究極映像の入門編として、まずはミルク・クラウンを期待してます。手のひらにミリセコンド単位の芸を。

投稿: ミのつく職人 | 2009.03.27 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/44427411

この記事へのトラックバック一覧です: ■デジタルカメラ ハイビジョンムービーとハイスピード撮影
 HD2000 vs FC100 vs TZ7 vs CX1 比較表
:

« ■新刊メモ テレコム『アニメーション・バイブル』
 『アニメーション映画の演出術―『スカイ・クロラ』にみる映像技法』
| トップページ | ■山田太一脚本 田島大輔監督 『ありふれた奇跡』 最終回 »