« ■MOMA:ニューヨーク近代美術館 ティム・バートン監督アート展 | トップページ | ■神山健治監督『東のエデン』
 「第10話★誰が滝沢朗を殺したか」
 演出:岩崎太郎 作画監督:佐々木敦子/上石恵美 »

2009.06.21

■平川哲生監督 丹内司作画監督 『川の光』

Photo 長編アニメ「川の光」
 NHK 環境特集番組
 SAVE THE FUTURE 2009

監督/絵コンテ 平川哲生
演出協力 原恵一
キャラクターデザイン/作画監督 丹内司
美術 山本二三
   原作 松浦寿輝

 現在は存在しないが、秀逸なアニメ映画評等を書かれているBlogぼくらは少年演出家をしばらく愛読していた。そのBlogを書いていたのが、若手アニメータ平川哲生氏。(6/23コメントで指摘頂いた間違いを修正、リンクを更新)

 ひさびさにこの方の名前を拝見したのが、NHKの本特番アニメのスタッフリスト。
 原恵一、丹内司、山本二三というそうそうたるスタッフの中に監督としてクレジットされていたのが平川哲生氏。29歳になるアニメータ平川氏の初監督作品が本作である。監督となった経緯は、放映の1時間ほど前にNHKで流れたメイキング番組であきらかになっているが、アニメータとして参加した『河童のクゥと夏休み』で原監督から認められて、今回の大抜擢となったとのこと。(初監督作品がNHKでのゴールデンタイム1時間15分の長編)

 原作は芥川賞受賞作家で、詩人の松浦寿輝氏の小説『川の光』。3匹の親子鼠の冒険物語である。

 最初、リアルなネズミの姿に少しひいたけれど、観ていくうちに、このデザインに(このデザインだからこそ)出てくる味わいにじんわりと感動。
 特に図書館で溝鼠詩人のグレンが語り、子供鼠タータが故郷の川を想い出して泣くシーンが秀逸。ここに3匹の物語前半と、後半「川」への想いが結晶する。

 映像的には、丁寧に描かれたリアルなタッチのネズミ他、川の周辺の生物の姿が物語にマッチしていた。ネズミというアニメの原初から(ミッキー!)映像化されている素材へのアプローチとして、この物語には合っていたと思う。
 一方、そうした表現を選択したため、アニメ独特の映像という点では、『ガンバの冒険』という秀逸なアニメートに比較すると、今後の飛躍が期待される。

◆関連リンク
・現在の平川哲生氏のBlog ぼくらは少年演出家
ぼくらは少年演出家
 http://bokuen.cool.ne.jp/

 平川哲生氏のホームページ。今は存在しません。

・しかしこんな時、便利な
Internet Archive (インターネットアーカイブ)
 http://www.archive.org/web/web.phpで、以下発掘。
 過去のぼくらは少年演出家 (Internet Archive Wayback Machine)

松浦 寿輝『川の光』

|

« ■MOMA:ニューヨーク近代美術館 ティム・バートン監督アート展 | トップページ | ■神山健治監督『東のエデン』
 「第10話★誰が滝沢朗を殺したか」
 演出:岩崎太郎 作画監督:佐々木敦子/上石恵美 »

コメント

 QGKOEさん、H.ATさん、こんばんは。

>>DVDが発売されることを心から祈っております。

>>素晴らしいアニメを作っていただき、ありがとうございます。

 僕はただの視聴者ですので、、、、。
 でもなんでこうしたコメントが先日から5件ほど続いているのでしょうか。
 失礼ですが、なんだか『川の光』ファンのハッカーが放ったBOTがつぶやきコメントしているような気がしてきますが、、、。ごめんなさい。

投稿: BP | 2010.03.03 23:52

DVDが発売されることを心から祈っております。

投稿: QGKOE | 2010.03.03 16:39

素晴らしいアニメを作っていただき、ありがとうございます。

投稿: H.AT | 2010.03.03 16:38


 Radさん、Nkgさん、こんにちは。

>>再放送だけでは納得出来ません。早くDVD発売してください。

 僕に頼まれても何の効果もありません(^^;)
 監督のbokuenさんかNHKをプッシュ!

>>グレンとブルーの優しさがカッコ良かったです。

 気持ちのいい映画でしたよね。

投稿: BP(Radさん、Nkgさんへ) | 2010.02.27 08:30

再放送だけでは納得出来ません。早くDVD発売してください。

投稿: Rad | 2010.02.22 20:39

グレンとブルーの優しさがカッコ良かったです。

投稿: Nkg | 2010.02.22 20:35

 xmdさん、コメントありがとうございます。

>>DVD化強く希望!!

 出ると良いですね。
 twitterに平川哲生監督がいらっしゃるので、希望をつぶやいてみるのも手ですね。

 以下のリンク先です。

平川哲生氏 (bokuen) on Twitter

 3/16に『川の光』6回目の放映のニュースが監督によって書かれています。

投稿: BP(xmdさんへ) | 2010.02.21 22:10

DVD化強く希望!!

投稿: xmd | 2010.02.21 17:50

まいどです。

ようやく再放送で観ました。

丁寧に作られたよい作品でしたね。
山本さんの背景の美しさに唸りました。


投稿: shamon | 2009.07.21 13:13

 ぼくらは少年演出家のアドレス、ご教示ありがとうございます。

 一応ググってみたのですが、見つからなかったので、、、、、失礼しました、本文も修正しました。

投稿: BP( さんへ) | 2009.06.27 19:40

平川さんのサイトは現在もありますよ。URLが変わっているだけで。
現在のURLはhttp://bokuen.net/です。

ちなみに、Twitterもやられているそうで。
http://twitter.com/bokuen

投稿: | 2009.06.22 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/45398786

この記事へのトラックバック一覧です: ■平川哲生監督 丹内司作画監督 『川の光』:

« ■MOMA:ニューヨーク近代美術館 ティム・バートン監督アート展 | トップページ | ■神山健治監督『東のエデン』
 「第10話★誰が滝沢朗を殺したか」
 演出:岩崎太郎 作画監督:佐々木敦子/上石恵美 »