« ■予告篇ムービー「YANOBE KENJI 2009 SUITO OSAKA」
  ヤノベケンジ2009 水都大阪
| トップページ | ■墨岡雅聡監督「バス・アマリリス:BASS AMARYLLIS」
 @PFF上映会 »

2009.07.10

■古波津陽監督『築城せよ!』 予告篇

Photo_7 『築城せよ!』(公式HP)

2009年、過疎化がすすむ町・猿投(さなげ)に突如として現れた3人の戦国武将。彼らは400年前、 自分の城を完成できずに無念の死を遂げた侍の霊だった。 殿様の「築城せよ!」という号令の下、町おこしを願う住民達を巻き込んで、壮大かつ無謀なプロジェクトが立ち上がる。素材は段ボール!残された時間はあと3日。意味不明の号令と傍若無人な振る舞いに、住民たちの間で不協和音が流れる!!

 愛知県の猿投町でこのようなファンタジーが撮られていたのですね。
 もともと自主映画だったものをリメイクして劇場公開とのこと(現在公開中)。

 予告篇を観るとなかなか丁寧な作りで、架空の話をリアルに、そしてファンタスティックに描写しているように観られます。段ボールのお城という着想がいいですね。

Photo_6  あとこの映像で僕が想い出したのは、大友克洋の初期の短編「信長戦記」(『GOOD WEATHER (1981)』収録)。
 現代の街に馬に乗った武士が現れるシーンで連想したわけですが、なんか懐かしい映像。「信長戦記」の戦車と切りむすぶ武士の映像は忘れられません。

◆関連リンク
原案:古波津陽, 漫画:米良仁『築城せよ!』
『築城せよ!』全編でRED ONEを活用
- PRONEWS : デジタル映像制作Webマガジン

段ボールで城を建てる?! 映画「築城せよ!」が公開されます  レンゴー株式会社

映画では、高さ25メートルにも及ぶ段ボール城を、CGやミニチュアではなく実物大の巨大セットで建立しています。使用した段ボール箱は1万 2000個。築城に際しては、愛知工業大学建築学科の学生達がボランティアとして参加するとともに、エキストラとしても数多くの現役大学生や地元の方たち が出演しています。

YouTube - 【古波津陽】城郭の防御・攻撃性に見る日本人の知恵 [桜 H21/6/16].
 自衛隊テレビ「防人の道 今日の自衛隊」(!)。築城学について自衛隊の人といっしょに監督が語っています。キャンペーンでしょうけれど、たいへんですね。それにしてもこの番組名、、、、凄い。
Apple Paradise: OTOMO KATSUHIRO: GOOD WEATHER (1981)

|

« ■予告篇ムービー「YANOBE KENJI 2009 SUITO OSAKA」
  ヤノベケンジ2009 水都大阪
| トップページ | ■墨岡雅聡監督「バス・アマリリス:BASS AMARYLLIS」
 @PFF上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/45531842

この記事へのトラックバック一覧です: ■古波津陽監督『築城せよ!』 予告篇:

« ■予告篇ムービー「YANOBE KENJI 2009 SUITO OSAKA」
  ヤノベケンジ2009 水都大阪
| トップページ | ■墨岡雅聡監督「バス・アマリリス:BASS AMARYLLIS」
 @PFF上映会 »