« ■J・キャメロン監督『アバター:Avatar』予告篇 特別3D映像公開 | トップページ | ■ヤノベケンジ『トらやんの世界ーラッキードラゴンのおはなし』出版 »

2009.08.27

■押井守監督 『鉄人28号』 BS2 ミッドナイトステージ館 8/29(土)公開

Testujin2801 BSオンライン.

ミッドナイトステージ館  劇場中継  『鉄人28号』  BS2
8月29日(土) 午前0:45~2:22(28日深夜)
原作:横山光輝 脚本・演出:押井 守
出演:南 果歩、池田成志ほか
(2009.1月 天王洲銀河劇場)

 時は、1964年、東京オリンピック前夜。鉄人28号の生みの親・敷島博士、そして鉄人を唯一操縦することの出来る少年・金田正太郎。(略)
 2人をテロリスト集団“人狼党”が襲います。正太郎、敷島博士、人狼党党首、犬走一直。それぞれが抱く想いが怪しく交錯します…。(略)
 「変な舞台にしたい」という押井さんの思いのこもった、異色のキャストでおくる話題の舞台です。

梅田芸術劇場

鋼鉄の巨人、お前は、正義か悪魔か。 ドラマと歌が摩訶不思議な化学反応を起こす。 それは、誰も見たことのない奇怪な世界、 ファンタスティックな謎の舞台劇。 さあ、飛べ、鉄人!首都の空に未来を描け!

 劇場に観にいけなかったので、この放映は凄く楽しみ。
 ハイビジョンでないのが残念だけれど、それにしてもテレビで観られるとは思ってもいなかったので感激(^^)。

 押井守昭和史の一環を成すのか、それとも虚構の東京を描くのか、、、、。押井ファン必見。

◆関連リンク
YouTube - 実物大!鉄人28号製造中.

アニメ版の設定と同じ全長18メートルの「鉄人28号」が、大阪府岸和田市の金属加工 会社「北海製作所」で制作中。建造費は1億3500万円。今年10月に横山光輝さんの 出身地、神戸で公開される。

 これはお台場ガンダムと同じ18mの鉄人。制作風景が4本ほど公開されているが、ダイナミックでこちらもなかなか。

|

« ■J・キャメロン監督『アバター:Avatar』予告篇 特別3D映像公開 | トップページ | ■ヤノベケンジ『トらやんの世界ーラッキードラゴンのおはなし』出版 »

コメント

 タンクさん、こんばんは。

>>天王洲銀河劇場に定価を払って見に行ったのですが・・・
>>面白いところもあったのですけども、とりあえず、金返せとorz
>>あの内容で11,000円は高すぎだと思います。

 やはり生であってもマイナス評価、なんですね。通常の芝居より随分高い設定ですしね。

>>また、舞台演出することあるんでしょうかねぇ・・・

 やはりアニメに専念してほしいですね。

 演劇界では名演出家の第三舞台 鴻上尚史は、逆に映画へ進出しましたが、傑作というわけにはいきませんでした。

 どう分析するか難しいですが、映画の文法と演劇の文法は決定的に違うのでしょうね。
 世界の蜷川の映画はどうだったんでしょうね。

 両方で成功した演出家っているんでしょうか。

投稿: BP(タンクさんへ) | 2009.09.11 00:17

検索からお邪魔します。
天王洲銀河劇場に定価を払って見に行ったのですが・・・
面白いところもあったのですけども、とりあえず、金返せとorz
あの内容で11,000円は高すぎだと思います。
また、舞台演出することあるんでしょうかねぇ・・・

投稿: タンク | 2009.09.09 23:18

 ミのつく職人さん、こんちは。コメント、ありがとう。

>>ようやく録画を見ました。
>>舞台劇というのはこういう様式なんですかね。
>>「御先祖様万々歳」と同様、乗り切れませんでした。
>>受け取る側にも訓練が必要なんでしょうね。

 いやいや、本来作品は演劇だろうが、いいものは訓練なんてなくても面白いもののはずですよ。
 やはりあれは、押井が舞台演出というものをこなしていない、ということなんだと思います。

 第三舞台の池田成志も冴えなかったなー。
 『イノセンス』で素晴らしい歌を提供していた西田佳づ美とかの使い方も、あの歌では生きないですよね。なんだろう、もっと面白くなっても不思議でないのに。

 いずれにしても僕には心の踊らない残念な舞台でした。

投稿: BP(ミのつく職人さんへ) | 2009.09.06 12:28

ようやく録画を見ました。
舞台劇というのはこういう様式なんですかね。「御先祖様万々歳」と同様、乗り切れませんでした。月影先生もこれを善しとするのでしょうか。いや忘れられた荒野はもっと違ったはず、紅天女だってきっと違うはず...

宝塚だってそういうジャンルのものだと見なきゃいけないそうですし、受け取る側にも訓練が必要なんでしょうね。

投稿: ミのつく職人 | 2009.09.05 20:44

 shamonさん、コメント、ども。

>>放送されるんだ・・・(呆然・・;)。

 さっき録画を観ました。
 うーん、なんども瞼が閉じてしまった(^^;)。

 はっきり言って、芝居としては、、、、。
 やはり演出技法、まったく映画とは違うわけで、あの年で新しく出て行って、いきなり傑作ができるほど演劇の世界も甘くはないわけです。

投稿: BP(shamonさんへ) | 2009.08.29 21:49

放送されるんだ・・・(呆然・・;)。

NHKってつくづく押井贔屓ですよね^^;。
IGを採用した「沸騰都市」シリーズといい、
今後もいろいろでてくるかも。

投稿: shamon | 2009.08.28 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/45947074

この記事へのトラックバック一覧です: ■押井守監督 『鉄人28号』 BS2 ミッドナイトステージ館 8/29(土)公開:

« ■J・キャメロン監督『アバター:Avatar』予告篇 特別3D映像公開 | トップページ | ■ヤノベケンジ『トらやんの世界ーラッキードラゴンのおはなし』出版 »