« ■ヤノベケンジ『トらやんの世界ーラッキードラゴンのおはなし』出版 | トップページ | ■「SFマガジン神林長平特集」 「神林長平+新世代作家トークショー」 »

2009.08.31

■探偵!ナイトスクープ 『シェラデコブレの幽霊』

 週末、いきなり本Blogのアクセスが急増(いつもの約3倍の5000件)。アクセス解析で調べてみると「シエラ・デ・コブレの幽霊」のキーワードで検索して、以前書いたこの記事へアクセスされるのがほとんど。

 で、焦ったわけです。もしかして知らないうちについに放映されたのか、と。まずい!見逃した!と思って調べてみると、、、、。

朝日放送 | 探偵!ナイトスクープ

『史上最高に怖い映画』田村裕探偵

東京都の男性(25)から。今から44年前、1965年にアメリカで制作された“シェラ・デ・コブレの幽霊”というホラー映画は、その試写版を見たアメリカの テレビ局幹部が、あまりの恐怖から嘔吐したといわれ、ついには「恐すぎる」という理由で、アメリカ本国でお蔵入りしたとか。ある本でこの作品を知ったが、 今ではとても入手困難と書かれていた。なんとか、その“シェラデコブレの幽霊”を探し出し、観賞させて頂きたい、というもの。

シェラデコブレの幽霊.

しかし、版権がどうなっているのか分からないので、テレビでは放送できないため、出演者らだけで鑑賞。探偵ナイトスクープでは、「シェラ・デ・コブレの幽霊」の動画は一切、流れませんでした。

 ということで、「探偵ナイトスクープ」で取り上げられたようです。それでアクセスが増えた、放映はされていない、ということで、見逃したわけでなかったのでまずはホッ(^^;)。

 すぐ上のリンクに詳細が記載されているが、番組ではフィルム所持者 映画評論家の添野知生氏を探し出し、関係者だけで今回番組のために試写をしたとのこと。探し出す過程も面白そうなので、たぶん何週間か後で東海地区でも流される番組を楽しみに待ちます。
 (もっとも添野知生氏がフィルム所持していることはGoogle検索でかなり楽に見つかる情報ですけどね。それを言ったらおしめぇよ(^^;))

 その添野知生氏がBlogで番組のこと、フィルム入手の経緯を書かれています。

Not Always a Waste of Time: 探偵ナイトスクープ.

 朝日放送の番組「探偵ナイトスクープ」に協力し、ちょっとだけ出演もしました。朝日放送では今夜放送されます。
 8月28日(金)午後11時17分から(朝日放送など)

 私は2週間後の東京放送まで見られません。
 9月11日(金)午後11時30分から(TOKYO MX)

 番組の構成が最終的にどうなっているのか判りませんが、公式DVD化のための良いきっかけになれば、と思って協力しました。テレビ放送の影響力は非常に大きいので、予想を超えた反響があると思います。この件、続報します。

Not Always a Waste of Time: 呪われたフィルムがうちにあるわけ.

こ の機会を逃したら幻の映画が幻のままになってしまう(かもしれない)。このときばかりは苦手の英語メールにも力が入り、もう一人いるという買い手(オース トラリアの人だったらしい)との熾烈な争いを経て、翌週にはもうフィルム缶の入った段ボール箱と対面していたのだった。(この項さらに続く)

Not Always a Waste of Time: 呪われたフィルムがうちにあるわけ(2)

 その日、SFファン仲間の樫原辰郎さん(映画監督・脚本家)が、mixi日記でジョゼフ・ステファノの死を悼み、唯一の監督作である「シエラデコブレの幽霊」が見られない現状を嘆いていた。それを読んだ私はその場で樫原さんに電話して―― 「あるんですよ」 「あるってなにが」 「だからその幽霊が」 「どこに」 「うちに」

 ナイトスクープがきっかけでDVD化されるといいですね。テレビ局が噛めば、版権取得も楽になるのでは。

◆関連リンク
朝日放送 | 探偵!ナイトスクープ.

2. 『マネキンと結婚したい女』 間寛平探偵 大阪市の女性(26)から。5年前に1度だけ会った“彼”のことが忘れられず、恋愛ができない。“彼”とは京都・亀岡近辺にある酒造店の2階に展示されて いたマネキン人形。一目惚れし、日が経つごとに“彼”への愛情が燃え上がり、彼と結婚したいと思うようになった。この真剣な気持ちを持ち主に分かってもらえる自信がないので、力になって欲しいというもの。これは2年後の『99年探偵!ナイトスクープアカデミー大賞』で主演女優賞を受賞した名作。さらに昨年、『グランドアカデミー大賞』(08年5月23日放送)にも登場した力作を完全版で紹介。

 先週末、東海地方ではリバイバル企画で、この97年制作回が放映されていました。
 この『マネキンと結婚したい女』、くだんのマネキンを見つけ、本当に親族を呼んで結婚式を挙げてしまうという、凄まじいものでした。いやー、日本の今は奥深い。

|

« ■ヤノベケンジ『トらやんの世界ーラッキードラゴンのおはなし』出版 | トップページ | ■「SFマガジン神林長平特集」 「神林長平+新世代作家トークショー」 »

コメント

 shamonさん、コメント、ありがとうございます。

>>関西出身のshamonです(^^;。
>>まさか東海在住のBPさんとこでこの番組の名前が出るとは・・。

 コテコテ関西な番組ですが、東海地方でも人気ありますよ(^^)
 最近、この時間に帰宅して、お茶を飲みながら(^^;)これを観るのがささやかな週末の楽しみです。

>>9/11ですかー。
>>一応鑑賞予約を入れておこう、忘れなければですが(^^;。

 東海地方では昨晩放映。
 先週から関西・東海・関東と一週づつズレて放映されるので、毎週のアクセス件数拡大に絶大な効果(^^)

 放送では、映画の画面も音もテレビに映らず、ただ出演者たちが観ている表情で映画を想像するだけ、、という映画ファンにはとっても酷な番組でした。

 この番組がきっかけでDVD化、もしくは放映されるといいのですがねー。

 

投稿: BP(shamonさんへ) | 2009.09.05 09:10

関西出身のshamonです(^^;。
まさか東海在住のBPさんとこでこの番組の名前が出るとは・・。

9/11ですかー。
一応鑑賞予約を入れておこう、忘れなければですが(^^;。

探偵!ナイトスクープの探し物企画では
「自転車に乗った花嫁花婿」が印象的だったなぁ。

投稿: shamon | 2009.09.01 17:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/46059811

この記事へのトラックバック一覧です: ■探偵!ナイトスクープ 『シェラデコブレの幽霊』:

« ■ヤノベケンジ『トらやんの世界ーラッキードラゴンのおはなし』出版 | トップページ | ■「SFマガジン神林長平特集」 「神林長平+新世代作家トークショー」 »