« ■古川日出男「どのあたりが犬の視線か?」
 (『4444』河出書房新社より)
| トップページ | ■Virgin Galactic:ヴァージンギャラクティック
 SpaceShipTwo:スペースシップツー »

2009.11.10

■ギャラクティック・スイート:galactic suite
 宇宙ホテル 2012年スタート

Galactic_suite galactic suite (公式HP)
Blog Archive »
ギャラクティック・スイートの宇宙ホテルは予定通り、2012年にオープン

 ギャラクティック・スイート(Galactic Suite)は(略)予定通り2012年に最初の宇宙旅行者を 迎える予定があると述べたようだ。 同プロジェクトは「ギャラクティック・スイート」と呼ばれる宇宙ホテルを高度450kmに打ち上げ、宇宙旅行者は約18週間の訓練を経て、カリブ海の宇宙港から宇宙船に乗り、宇宙ホテルで3日間滞在するという内容。宇宙ホテルは2012年までに打ち上げられる予定で、宇宙ホテルまでの移動にはロケットが使用される。(略)
 サビエル・クララムントCEOが 「ある富豪から30億ドルの出資を受けた。15年以内に、子どもたちが宇宙で週末を過ごすようになると考えるのはごく自然のこと」だと説明した。(略)
 なお、「ギャラクティック・スイート」の宇宙旅行代金は一人あたり300万ユーロ(約4億円)である。

YouTube - Space Hotel On Schedule To Open

 欧米の宇宙業界は民間のベンチャーが元気。
 今までも宇宙ホテルというと、ホテル王が起業したビジロウ・エアロスペース社あったが2015年を目指していた。
 今回のギャラクティック・スイート社は2012年。なんとあと3年である。
 ロケットはVirgin Galactic社のスペースシップツーに似ているが、それを使うわけではないようだ。ホテルの形態もビジロウ・エアロスペース社のものに似ているが、競合するようなのでもちろんそれとは別。上のリンク先ビデオによるとロシアのロケットでホテルを打ち上げる予定という。4億円で誰が行くのか、ビデオではホテルの安全性が結構、きびしそうに見えるのだけれど、、、。

◆関連リンク
Galactic Suite - Wikipedia
宇宙ホテルに新勢力?「GALACTIC SUITE」2012年開業予定 - 宇宙旅行を知るサイト☆宇宙観光企画-uk2-
ビゲロー・エアロスペース - Wikipedia.

ビゲロー・エアロスペース(英: Bigelow Aerospace)は、膨張式の宇宙ステーションモジュールを手がけるアメリカ合衆国の宇宙ベンチャー企業である。ネバダ州ノースラスベガスに本社を持つ。1999年にホテル王のロバート・ビゲローにより設立された。

当Blog記事
世界初の民間宇宙ステーション   ビジロウ・エアロスペース社 ジェネシスⅠ

|

« ■古川日出男「どのあたりが犬の視線か?」
 (『4444』河出書房新社より)
| トップページ | ■Virgin Galactic:ヴァージンギャラクティック
 SpaceShipTwo:スペースシップツー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/46685492

この記事へのトラックバック一覧です: ■ギャラクティック・スイート:galactic suite
 宇宙ホテル 2012年スタート
:

» オリンピック 2012 [話題のニュース集めてみました]
ねこちゃんブログ: 2012年 猫の怒りによって地球滅亡! 2012年 猫の怒りによって地球滅亡! ■映画じゃないですが、2012年に 地球が滅亡するらしいです。 皆さん、死ぬ準備はできている でしょうか? テレビの準備をしている場合では ありませんよ(汗 ニュース記事 ...(続きを読む) ギャラクティック・スイート:galactic suite 宇宙ホテル 2012年 ... ギャラクティック・スイート(Galactic Suite)は(略)予定通り2012年に最初の宇宙旅行者を迎える予定... [続きを読む]

受信: 2009.11.10 06:16

« ■古川日出男「どのあたりが犬の視線か?」
 (『4444』河出書房新社より)
| トップページ | ■Virgin Galactic:ヴァージンギャラクティック
 SpaceShipTwo:スペースシップツー »