« ■モスクワ「超女碑」と「超男」 彫刻像、修復
  Рабочий и Колхозница
| トップページ | ■感想 大森望編『NOVA 1 書き下ろし日本SFコレクション』 »

2009.12.14

■NTTドコモ docomo CM 鉄人vs.ブラックオックス篇

Docomo_tetujin_vs_black_okks

ドコモ for PC データ通信もドコモ品質で! | NTTドコモ
YouTube - NTT docomo for PC 鉄人vs.ブラックオックス篇

 「鉄人28号vs.ブラックオックス篇」が放映スタート。
 前回のデザインを引き続き継承しているが、ディテイルが動いたり、イメージは少し違う。
 蒸気が出たり、スチームパンクな雰囲気。現代日本の街並みに、このスチームパンクがいい感じでマッチしている。映像の切り取り方も巨大感を出していて素晴らしい。

 これはいずれこのデザインで映画化されたらいいなー、と思う出来だ。
 スタッフは前作と同様、TUGBOATとオムニバスジャパンである。

テレビCM : データ通信「鉄人vs.ブラックオックス」篇 | 企業情報 | NTTドコモ

クリエイティブディレクター/プランナー TUGBOAT
アートディレクター 加藤 建吾(TUGBOAT 2)
コピーライター 道面 宜久(TUGBOAT 2)
プロデューサー 春田 寛子(株式会社東北新社)
制作 野中 直(株式会社東北新社)
ディレクター 井上 小玉
CGディレクター 古賀 庸郎(オムニバス・ジャパン)

◆関連リンク
・当Blog記事
 ■NTTドコモ docomo CM 鉄人28号

|

« ■モスクワ「超女碑」と「超男」 彫刻像、修復
  Рабочий и Колхозница
| トップページ | ■感想 大森望編『NOVA 1 書き下ろし日本SFコレクション』 »

コメント

 shamonさん、こんばんは。

>>『GITS/攻殻2.0』は先日CSで放映されていました。
>>何度観ても3DCG素子はごつい^^;。

 僕もDVDで先日見ました。
 たしかにごつい(^^;)。メスゴリラだからいいのか、と思うけれど、神山攻殻の素子のイメージからするともっとスレンダーでないと(^^)

投稿: BP(shamonさんへ) | 2009.12.20 21:05

まいどっす^^。

>あ、『GITS/攻殻』もなんですね!
横レスですが
『GITS/攻殻2.0』の制作に際し
オムニバス・ジャパンから
『GITS/攻殻』当時の資料がCGI担当の林氏に提供されています(パンフレットに記載)。

『GITS/攻殻2.0』は先日CSで放映されていました。
何度観ても3DCG素子はごつい^^;。

投稿: shamon | 2009.12.20 10:56

 patchさん、shamonさん、ベラデンさん、こんにちは。亀レス、ごめんなさい。

>>個人的にオムニバス・ジャパンといえば『GITS/攻殻』(1995年版)と『牙狼』を思い出します。

あ、『GITS/攻殻』もなんですね!

>>サテライトはマクロスや日産デュアリスのCMは初見のときびっくりしました。
>>モーターライズはリメイク版日本沈没とか真・女立喰師列伝とかのVFXシーンが結構好きです。
アサルトガールズにも期待しています。

 日本にもこうしたスタジオがいくつか出てきていて、今後が楽しみですが、不景気でCMや映画制作資金の低下が心配ですね。

>>ついでですが、そのアサルトガールズ公式サイトにネガドンで注目された粟津順監督からのコメントが掲載されていました。
>>氏の最新作『プランゼット』が来年劇場公開されるようです。
>>特報も公開されていました。

プランゼット特報観ました。「昭和特撮のDNA」いいですねー。今度も短編でしょうか。それとも長編?楽しみですね、でもまだ公開予定は東京だけ。

>先日「ハンサム・スーツ」をCSで観て
「どっかで観たようなCGの馴染ませ方やな~。」
>>今後CG分野では要チェックですね。

 でもなかなかフォローするの難しいですよね。
 今時のブルーレイレコーダーとかの予約機能だったら、CGの制作会社でCMや番組の予約録画ってできないものでしょうか。あ、アニメータでも設定できるなら、是非欲しい。

>>それにしてもCMとは思えない完成度の高さには感服します!まるで映画の1シーンとしか思えません。日本だってやればこれぐらいのCGぐらい作れるんだと感じましたね。

 使っているハードもソフトも、アメリカのCGスタジオときっと遜色はないはずですから、そこに日本人の感性が入れば、できるはずですよね。

>>日本で一番リアルなCGを作れる会社は白組と鉄人のオムニバス・ジャパンとGONZOぐらいだと思います。

 白組の実写ヤマトにはちょっと期待。
 三丁目2でのゴジラシーンには震えましたので、あのレベルでできるなら、白組怪獣映画も観たいなー。

>>しかし、これだけの映像を作る技術があるのにそれを映画ではあまり活かせない今の邦画の現状が残念でなりません。

 なんにしてもハリウッドとの資金差でしょうね。アメリカからのオファーってないのかな?

>>特にGOEMONが一番CGを全面思いっきり発揮できた邦画だと思います。CGの質感はお世辞にもあまり良い出来ではありませんがそれをハンデにあそこまでダイナミックに仕上げられた紀里谷監督は本当にすごいと思います。

 GOEMON、ブルーレイがなかなかレンタルできなくて未見。僕も紀里谷映像は好みなので、楽しみです。

 ではでは、今後もCGスタジオ情報などあれば、よろしくお願いします。

投稿: BP(patchさん、shamonさん、ベラデンさんへ) | 2009.12.20 10:38

個人的にオムニバス・ジャパンといえば『GITS/攻殻』(1995年版)と『牙狼』を思い出します。
特に『牙狼』の第7話は放送当時何回も見直しました。

自分が知っている中で他に良い実写向きのCGを作ってるところはサテライトとモーターライズですかね。
サテライトはマクロスや日産デュアリスのCMは初見のときびっくりしました。
モーターライズはリメイク版日本沈没とか真・女立喰師列伝とかのVFXシーンが結構好きです。
アサルトガールズにも期待しています。

ついでですが、そのアサルトガールズ公式サイトにネガドンで注目された粟津順監督からのコメントが掲載されていました。
氏の最新作『プランゼット』が来年劇場公開されるようです。
特報も公開されていました。
http://www.planzet.jp/

投稿: patch | 2009.12.16 23:39

>今回もそこがバッチリですよね。
先日「ハンサム・スーツ」をCSで観て
「どっかで観たようなCGの馴染ませ方やな~。」
と思ったら、
案の定オムニバス・ジャパンでした(爆)。
今後CG分野では要チェックですね。

投稿: shamon | 2009.12.15 15:17

それにしてもCMとは思えない完成度の高さには感服します!まるで映画の1シーンとしか思えません。日本だってやればこれぐらいのCGぐらい作れるんだと感じましたね。日本で一番リアルなCGを作れる会社は白組と鉄人のオムニバス・ジャパンとGONZOぐらいだと思います。(まぁこれは自分が思いつく限りですが、まだまだ他に一杯あるかと思います) しかし、これだけの映像を作る技術があるのにそれを映画ではあまり活かせない今の邦画の現状が残念でなりません。最近のCGを如何なく発揮した邦画は「K=20」と「ヤッターマン」「GOEMON」ぐらいですね。特にGOEMONが一番CGを全面思いっきり発揮できた邦画だと思います。CGの質感はお世辞にもあまり良い出来ではありませんがそれをハンデにあそこまでダイナミックに仕上げられた紀里谷監督は本当にすごいと思います。恐らく現段階の邦画でGOEMONを超える映像は望めそうにありません。しかし鉄人28号をCMという限られた枠組みの中であそこまで映画並のCGで制作できたオムニバスジャパンは本当に秀逸です。今後オムニバスジャパンにトランスフォーマーの様な邦画を制作してくれる事を切に願いたいです。

投稿: ベラデン | 2009.12.15 14:58

 shamonさん、まいどです。

>>オムニバス・ジャパンは
>>「攻殻S.A.C」1stのタチコマCMを手がけた会社ですね。

 あー、そうでした。shamonさんの記事で見た名前だった!

>>実際の風景にCGを馴染ませるのが上手だなという印象です。

 今回もそこがバッチリですよね。


 ベラデンさん、コメント、ありがとうございます。

>>ただCMなので仕方ないんですがブラック・オックスがあっけなく負けてしまったのが残念です。オックスが好きなものですから...。

 僕もオックス好きなんですよ。
 幼児の頃に買ってもらった鉄人のコミックがまさにブラック・オックスの巻。トレーラーで運ばれていくシーンのセンス・オブ・ワンダーが自分に焼き付けられてます(^^;)。

>>このクオリティでもう一度実写版映画をリメイクしてほしいです!!2004年版があまりにも駄作だったのですから。

 アメリカでのCG映画化がアトムを作った会社で進んでいるようですが、今度もへたれな予感。
 同じ予算をTUGBOATとオムニバス・ジャパンへ預けて下さいと、お願いしたい。

投稿: BP(shamonさん、ベラデンさんへ) | 2009.12.15 00:05

ブラック・オックス編、ついにでましたねー!!迫力満点でした!!ただCMなので仕方ないんですがブラック・オックスがあっけなく負けてしまったのが残念です。オックスが好きなものですから...。パート3が出るなら今度はオックスがリベンジするバージョンを作ってほしいです。しかし、本当に完成度メチャメチャ高いですね!!ハッキリ言ってCMには勿体ないです!!このクオリティでもう一度実写版映画をリメイクしてほしいです!!2004年版があまりにも駄作だったのですから。

投稿: ベラデン | 2009.12.14 15:14

まいどでーす。

オムニバス・ジャパンは
「攻殻S.A.C」1stのタチコマCMを手がけた会社ですね。
実際の風景にCGを馴染ませるのが上手だなという印象です。

投稿: shamon | 2009.12.14 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/47005577

この記事へのトラックバック一覧です: ■NTTドコモ docomo CM 鉄人vs.ブラックオックス篇:

« ■モスクワ「超女碑」と「超男」 彫刻像、修復
  Рабочий и Колхозница
| トップページ | ■感想 大森望編『NOVA 1 書き下ろし日本SFコレクション』 »