« ■神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」 | トップページ | ■トークライブ 「宇宙はそんなに遠くない!」
 宇宙作家クラブメンバーによるロケットエンジン開発 »

2009.12.03

■フライシャー兄弟『バッタ君町に行く』 リバイバル公開

Photo_2

映画「バッタ君町に行く」(ジブリ美術館ライブラリ) 作品解説

(略)やっぱりどこかでばかなアニメーターがお祭りみたいな気分とか、仲間に自慢したいとか、羽目を外して勢いで延々と描いたものは、見ている方にも何か喜びとして伝わってくるんですよ。(略)

アニメーション映画監督 宮崎 駿氏

おーいハニー。 アニドウ会長日記 (なみきたかし氏)

「雪のなんたらやなんとか農場なんてどーでもいい作品をやらないで、さっさとこれをやってほしかったですね」とつい口を滑らす。

 フライシャー兄弟の名作『バッタ君町に行く』が12/19から公開されます。
 上のお二人の言葉から、その傑作の度合いはお分かりいただけると思います。

 もともとフィルム1/24で読んで、ずっと観たかった映画。
 (確か)テレビで放映された時にビデオに録って、そのアニメートに感嘆して何度か観ました。

 にしても、なみき会長の言葉、いいですねー。ジブリもこれ、そのまま宣伝文句に使えばいいのにって無理ですね(^^;)。

◆関連リンク
Mr. BUG GOES TO TOWN - Google 画像検索
リチャード・フライシャー『マックス・フライシャー アニメーションの天才的変革者』

「時代のせいでおもしろくないものと、時代を超えておもしろいものがあるはずで、その時代を超えるものをやっぱりフライシャーは持っているんです」——宮崎駿

ベティ・ブープを生み、ポパイ、スーパーマンをアニメーションにした男。ディズニーに比肩する天才アニメーターの栄光と挫折の生涯を、その息子である名映画監督が温かく描き出す。アニメーションファン必読!

マックス・フライシャー製作、デイブ・フライシャー監督『バッタ君町へ行く』
 DVDはなく、ビデオも絶版。昔、録画したビデオを発掘せねば。NHKだったっけ?

|

« ■神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」 | トップページ | ■トークライブ 「宇宙はそんなに遠くない!」
 宇宙作家クラブメンバーによるロケットエンジン開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/46881992

この記事へのトラックバック一覧です: ■フライシャー兄弟『バッタ君町に行く』 リバイバル公開:

« ■神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」 | トップページ | ■トークライブ 「宇宙はそんなに遠くない!」
 宇宙作家クラブメンバーによるロケットエンジン開発 »