« ■トークライブ 「宇宙はそんなに遠くない!」
 宇宙作家クラブメンバーによるロケットエンジン開発
| トップページ | ■新刊メモ『月のかぐや』『ユリイカ 特集=若冲』
 『思考する豚』『人間の消失・小説の変貌』
 『曲がれ!スプーン』『訳者解説』『ドラマ&影』 »

2009.12.06

■早川書房『S-Fマガジン』50周年記念アートブック『Sync Future』

早川書房『S-Fマガジン』50周年記念アートブック『Sync Future』
(Sync Future公式HP)

◆表紙イラストは数々のアニメーション映画賞を受賞した加藤久仁生(ROBOT)  
◆日本を代表するクリエイター25名と25冊のSF小説がコラボレーション
 
磯光雄×飛浩隆『グラン・ヴァカンス廃園の天使I』
菊地大輔(GAINAX)×野尻抱介『太陽の簒奪者』
森本晃司(STUDIO4℃)×伊藤計劃『虐殺器官』他25組

 いよいよ発売です。どんなイメージが繰り広げられているか、楽しみ。
 公式サイトSync Future事務局 (SyncFuture) on Twitterで下記のイベントを知りましたので、御紹介。しかし雑誌の50周年でこうしたメディアミックスな企画というのも珍しい。さすがSF!

Sync_future 『Sync Future』収録イラストが飛び出す!『BUGGER vol.4』
 2009年12月8日(火) 17:30~

VUENOS TOKYO『BUGGER vol.4』
日時 :2009年12月8日(火) 17:30~
場所 :VUENOS TOKYO
内容 :BURGER KING official support PARTY 『BUGGER vol.4』内タイアップイベント。ロックバンド LiquidFunk「FuturePlayer」に乗せて、アートブック『Sync Future』収録イラストの立体変換バージョンを特別展示。

 この「立体変換」というのは、映像として3D化して、プロジェクタで会場に映し出すということ(とtwitterで返事いただきました)。ロックとのコラボはどんなイメージを会場に作りだすんでしょうね。観たくてしょうがないのですが、東海地区からは遠い。火曜に東京出張は、、、ないし(^^;)。

Sync Future事務局 (SyncFuture) on Twitter

拡張現実コンテンツのプログラム開発&360度カメラ技術は、クレッセント様にご提供頂いております。

 クレッセントというのは立体映像機器を扱う会社。
 そしてsync futureの
企画・制作・プロデュースをしているのが、STEREOSCOPIC 3D/立体映像 - LUCENT PICTURES ENTERTAINMENT, INC | ルーセント・ピクチャーズエンタテインメントという会社。

当社で企画・開発・プロデュースする作品には、次世代の映像表現として世界的に注目を集めている「立体映像技術」を積極的に採用しております。

 2D-3D変換とかしているらしいので、今後、過去の日本の映像作品のステレオ化とか、いろいろな活躍を期待したいと思います。個人的には金田伊功のアニメートを3D化したものを是非観たい!

◆関連リンク
『S-Fマガジン 2010年 01月号』

創刊50周年記念特大号 PART・1 海外SF篇 本誌創刊50周年の記念特大号・第一弾。本誌の50年を彩ってきたSF界を代表する作家たちの本邦初訳作品を訳載する。さらに、名作SF5篇を再録する。そのほか、記念エッセイ、SFマガジン年表で構成する。

 『sync future』関連で磯光雄氏がインタビューされています。そして巻末の執筆者コメントで、「新作の準備作業中」とあります。やっと、ついに!
S-Fマガジン - Wikipedia

 1959年(昭和34年)12月、アメリカ合衆国のSFとファンタジーの専門誌『ファンタジイ・アンド・サイエンス・フィクション』誌と提携して創刊された。初代編集長として福島正実を迎え、日本SFの黄金時代を演出した。
 創刊号では、ロバート・シェクリイ『危険の報酬』、フィリップ・K・ディック『探検隊帰る』、アイザック・アシモフ『やがて明ける夜』、アーサー・C・クラーク『太陽系最後の日』、レイ・ブラッドベリ『七年に一度の夏』等を掲載している。

 最後にSFマガジンの50周年にちなんで、わたくし事。

 実は、2009.12/6は両親の金婚式。今日初めて1959年12月に、SFマガジンと両親の結婚生活がスタートして、どちらも50年なのに気がついた。父、母、そしてSFMにおめでとう!

 我々60年代はじめに生まれたSFファンは、まさにSFMと50年近くを過ごしているSFM世代なんだということを、この事実から改めて認識した次第。

|

« ■トークライブ 「宇宙はそんなに遠くない!」
 宇宙作家クラブメンバーによるロケットエンジン開発
| トップページ | ■新刊メモ『月のかぐや』『ユリイカ 特集=若冲』
 『思考する豚』『人間の消失・小説の変貌』
 『曲がれ!スプーン』『訳者解説』『ドラマ&影』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/46952094

この記事へのトラックバック一覧です: ■早川書房『S-Fマガジン』50周年記念アートブック『Sync Future』:

» 伊藤計劃 訃報 [最新ニュースの海]
アニメのニュースと情報 森本晃司さんは伊藤計劃さんの『虐殺器官』と田中達之さんは林譲治さんの『ウロボロスの波動』とコラボレーションしている。『Sync Future』は12月10日より、早川書房、ルーセント・ピクチャーズエンタテインメントから発売される。 ...(続きを読む) びっくり! - 静かな花の山で本を読みたいな。 2009-12-07 17:44:59 | 本. 今日の新聞で、第30回日本SF大賞は故伊藤計劃『ハーモニー』に決まりました。えー。確か若かったはずだし、私が読んだのは亡く... [続きを読む]

受信: 2009.12.09 12:52

« ■トークライブ 「宇宙はそんなに遠くない!」
 宇宙作家クラブメンバーによるロケットエンジン開発
| トップページ | ■新刊メモ『月のかぐや』『ユリイカ 特集=若冲』
 『思考する豚』『人間の消失・小説の変貌』
 『曲がれ!スプーン』『訳者解説』『ドラマ&影』 »