« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月8日 - 2009年3月14日 »

2009年3月1日 - 2009年3月7日

2009.03.07

■新刊メモ
『機動警察パトレイバーザ・レイバー・インダストリー―レイバー開発全史』


『機動警察パトレイバーザ・レイバー・インダストリー ― レイバー開発全史』

【仕事告知】機動警察パトレイバー ザ・レイバー・インダストリー -
 (中川大地氏のBlog「暁のかたる・しす」より)

「90~00年代の日本」という圧倒的なリアリティを背景に持つパトレイバー世界の場合、我々の生きている「いま・ここ」の時点でのテクノロジー水準でもって、全高7mほどの乗用作業ロボットが実現する機構を説明づけなくてはならない。のみならず、それが「製品」として社会の様々な場面に普及するための政治経済的・社会史的条件や、犯罪や軍事に利用・応用される場合の理路を、いかに作品世界と矛盾せず、現実の歴史との地続き感のあるものとして説明するか―――。

そんな難題に、『一年戦争全史』を手がけたSF・架空戦記作家の林譲治氏と、『ガンダム・センチュリー』の伝説を築いた科学技術研究家の永瀬唯氏をツートップ監修に迎えて挑んだ、渾身の一冊

 SFアニメの裏設定をリアルなものとして描こうとするドキュメンタリーの試み。
 この企画、凄く面白そうです。

 目次には、「レイバー工学」「開発秘話」「企業解説 篠原重工他」 「レイバー経済学」「業界最王手篠原重工の経営戦略」、、、とまるで日経の工学系雑誌のようなタイトルが並んでいます。

 このBlogの中川氏が編集されているとのこと。
 Blogを見ると、『TACHIKOMA'S ALL MEMORY』編集されていたのですね。要注目のライター。

 次は、『攻殻機動隊』の世界もこのように描いてほしいもの。あ、『電脳コイル』も奥深くやれそうですね。ライターは仮想現実関連のIT学者さんとか、書きたくてたまらない方がいっぱいいそう。僕は東大舘教授に『電脳コイル』のテクノロジーについて、解説記事を書いて頂きたいです。漫画『攻殻機動隊』をゼミで読んでいるという東大舘研なので、当然『攻殻』もOKですね(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.06

■感想 ネヴェルダイン,テイラー監督『アドレナリン』

ネヴェルダイン,テイラー監督『アドレナリン』(2006) Crank (2006) (IMDb)

 先日、紹介したマーク・ネヴェルダイン,ブライアン・テイラー監督『Crank 2 : High Voltage』の前作『Crank』を観た。

 これ、傑作。
 ハイテンションで進むアクションも良いが、ストーリーと同様に映像が躁的に走っている感覚が花○。

 ところどころ、馬鹿馬鹿しさも頂点に達し、とにかく沸騰した映画を観たい人にはお奨めです。2006年の作品なのに、今頃、紹介ですみませぬ。

◆関連リンク
アドレナリン (映画) - Wikipedia

 殺し屋シェヴ・チェリオスは依頼を済ませ、目覚めると何故かひどく気分が悪かった。朦朧としながらライバルの殺し屋リッキー・ヴェローナからのDVDを再 生してみると、シェヴが北京カクテルという謎の毒を注射されたことが分かった。彼の命は残すところ1時間。闇医者の情報で、毒の阻害のためには、自力でア ドレナリンを分泌し続けなければならないとわかるが、それには走り続け、危険や性欲に興奮し続けるしかない。残された短い時間の中、シェブは闇医者と連絡 を取り、解毒剤を探しつつ、自分に毒を盛った人達に復讐し、恋人のイヴに別れを告げ、自分を捨てた雇い主と対決することになる。

 『ハイ・ボルテージ』も似た話のようだけれど、映像はさらに先鋭になっているようなので、どこまで行ってしまっているか、確認したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

■予告篇 R.W. Goodwin監督 『Alien Trespass:エイリアン侵入』

Alien_trespass
Alien Trespass (公式HP) (IMDb)

 2009.4/3米公開の、あまりにストレートな侵略SF。

Alien_trespass_poster  『Alien Trespass:エイリアン侵入』。なんて気持ちいいダイレクトなタイトルでしょう。予告篇もそれに負けず劣らず、プリミティブなSFの様相。

 

 予告篇にナレーションを加えたこちらの映像も素敵な出来です。ポスターもいい味出しています。
 テルミンの音もしっかり使ってあるし、いいです(^^)、これ。光線銃も出てくるぞ。

 監督のR.W. Goodwinは、『X Files』の人。
 もしかしたら真面目な映画なのだろうか!?? 21世紀に甦る侵略SFに期待!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.04

■スタジオジブリ トヨタ自動車本社内に“西ジブリ”設立!

STUDIO GHIBLI - スタジオジブリ新スタジオ “西ジブリ”設立について

 スタジオの場所は、これまでも一部で報道されておりますように、愛知県豊田市です。ただし自前の建物を調達するのではなく、トヨタ自動車本社内の建物の一部屋を賃借し、開設いたします。その中には、新人アニメーターと指導者的立場のアニメーター、合わせて30名弱が2年間の期限付きで常駐し、アニメーターの育成と三鷹の森ジブリ美術館で上映する短編映画の制作を目指します。もちろん、宮崎駿監督を初めとする本社スタッフも定期的に通い、指導に当たることになります。

 以前当Blogでも記事にした「西ジブリ」(豊田市で、ヤノベケンジと西ジブリ)、なんと驚くべきことにトヨタ自動車本社内に設置されるとのこと。

 今日の昼休み、会社でトヨタのニュースを見ていて、本当にたまげました。今年一番の吃驚かも(^^;)。

 リンク先のジブリの広報では、i-REALの開発現場を鈴木敏夫氏が見て、ものづくりの現場がここにある、と感心したことがきっかけになったとあります。

 某T社にほぼ毎週出張して、いっしょに仕事をしている当Blog書き手としては、ものづくりとT社というテーマだったら、いろいろと書きたいことがあるのですが、、、、(^^;;)。ここは一応、公の場ということでセーブします。

 何にしても、よく知っているあのトヨタ本社の建屋にアニメータの仕事場ができるというのは、なんだか物凄いインパクトを感じます。ガチガチのエンジニアリングの現場と、感性の現場であるアニメータの職場とのギャップに、まずはクラクラするインパクト。

 最近のトヨタは、不況のあおりで残業規制が厳しく、定時後、うるさいほど社内放送で帰宅を促すアナウンスが流れているけれど、下記リンクのPODCASTで宮崎駿が語っているような集中してハードな作画の修行をする現場としてふさわしいかは、、、、。

 週一で宮崎氏もトヨタへ来るということだけれど、何回も早く帰れと連呼する放送にまず出鼻をくじかれることは必至かと、、、、。

 4月からは出張のたびに、生宮崎を探してしまうかも(^^)。


 7/22の放送分、22分~新人養成について宮崎氏が熱い想いを語っている。

◆関連リンク
スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI - 「西ジブリ」応募者募集中です!(いよいよ08.9月17日まで)

指導はジブリの作画部 門のリーダーでもある稲村武志とそのほか2名のベテランアニメーターが務めます。もちろん、宮崎駿監督も毎週、アニメーションに必要な知識とノウハウの講 義と指導を直接行ないます。宮崎監督自身の言葉を借りると「この2年間で、今後30年くらいはアニメーターとしてやっていける術を全部叩き込む」というこ とです。

【映画】宮崎駿監督が提案 スタジオジブリがトヨタ本社内に新スタジオを開設 (2ch)
 このあたりにトヨタ社員か関係者の生のコメントが載るかも。
 と思ったら、何の書き込みもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.03

■NHK BSアニメ夜話『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

  BSアニメ夜話

09.2/26(木) 24:00~24:55
第三夜「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(2002-3年 監督・神山健治)
後藤隆幸(作画監督)/田中敦子(声優・草薙素子役)/松嶋初音(タレント)/宮台真司(社会学者)/岡田斗司夫(作家)/氷川竜介(アニメ評論家)

 かなり期待していたのだけれど、いまいちな出来。

 最近、なんかアニメ夜話って低調な印象。マンガ夜話に比べると、どの作品も賛美する形になっているのがつまらない原因か。マンガ夜話での夏目房之介やいしかわじゅんのような批評するスタンスの人がいないのが原因かも。

 アニメは、評論分野が漫画に比べて遅れている、ということなのだろうか。

 SACは、社会学的な視点で、ずいぶん面白い分析ができるように思うけれど、宮台真司氏の言説も突っ込み不足。
 番組の最後で、「社会の中の正義と悪の混沌としたしかたなさの海の中で生きている現実の様を描いている」という趣旨の発言があったが、そこから出発して、神山監督が描こうとしたものについて論じても良かったのではないかなあ?

 しばらく『攻殻機動隊』が取り上げられることはないと思うけれど、次はぜひ『SAC 2nd.GIG』を突っ込んで論じてほしい。

◆関連リンク
『MIX NOISE後藤隆幸作品集』 
『TACHIKOMA'S ALL MEMORY』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.02

■新刊メモ『ユリイカ2009年3月号 特集*諸星大二郎』

『ユリイカ2009年3月号 特集*諸星大二郎』(青土社 )

特集*諸星大二郎  

【インタビュー】
モロホシは一日にしてならず 奇妙なものの存在感を求めて / 諸星大二郎 [聞き手・構成=斎藤宣彦]

【幻の初期作品】
硬貨を入れてからボタンを押して下さい / 諸星大二郎

【徹底討議】
不定形な世界に魅せられて 諸星大二郎のうまさの底にあるもの / 夏目房之介×都留泰作

【資料】
諸星大二郎バイオグラフィー / 編=斎藤宣彦
諸星大二郎主要作品解題 / 蔓葉信博+スズキトモユ+前田久

他多数

 『ユリイカ』で諸星大二郎の特集。これって、いままで既に発行されていたようなデジャヴュがありますが、意外とまだだったのですね。

 掲載されているビブリオを見ると、この作家の特集本って、1979年の「ぱふ」の「特集 諸星大二郎の世界」以降、彷徨社の「彷徨月刊」という超マイナー雑誌で「特集 このさき諸星大二郎一丁目」 (2005年6月25日発行)(「彷書月刊を読む」より)というのがあるだけなんですね。本当に意外。

 掲載されている初期作品は、1970年のCOMへの投稿作品で全頁公開は初とのこと。
 あの諸星タッチがすでにしっかり出ているが、ペンは今よりも随分細くてボソボソしている。まだ内容はもったいなくて、読んでません。

 各界からの論考を読むのが楽しみです。

◆関連リンク
・元アシスタントの箱ミネコさんによる諸星大二郎氏の漫画制作の様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月8日 - 2009年3月14日 »