« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

2009年6月7日 - 2009年6月13日

2009.06.13

■映画 『ジェームス・ティプトリー・ジュニア : James Tiptree Jr.』
  企画進行中 2011年公開か!?

Tiptree_alice Nicole Kidman Lives A Secret Life As A Man
ニコール・キッドマンがある男の秘密の人生を生きる(cinemablend.com)

Nicole Kidman is preparing to live a secret life as a man. Production Weekly claims that she’s been cast in James Tiptree Jr., a movie based on the real life of a female science fiction writer who used a male pseudonym to break down genre gender obstacles. 

2009-04-05 15:56:47
UPDATE! I've just spoken with Nicole Kidman's reps who say that Production Weekly's report is absolutely wrong and that Nicole is not involved in this project. Production Weekly further confirms that they made a mistake. Nicole Kidman is not involved in this project.

 SF作家ジェームス・ティプトリー・ジュニア、その人を映画化する企画が進んでいるようです !
 彼女の書いた小説の映画化でなく、その生涯を描く映画。Plan B Entertainmentというプロダクションが企画中とのこと。

 主演はニコール・キッドマン。
 という情報だったけれど、上のアップデート部分を読むと、どうもこれは誤報だったようです。

James Tiptree, Jr. (2011)(IMDb)
 IMBdには、制作中の作品として、タイトルがそのままズバリの『James Tiptree, Jr. (2011)』 という映画が記されています。

  この映画がJulie Phillipsによる伝記『James Tiptree, Jr.: The Double Life of Alice B. Sheldon』の映画化かどうかは不明。
 アメリカでこの伝記は全米批評家協会賞を受賞し、評価され広く読まれているようなので、その可能性は高いかも。

 ぜひ映画化されて、そして伝記本もそれに合わせて翻訳されるといいなー。
 映画もだけれど、どっちかというと本の日本語版の出版をとにかく期待!!

◆関連リンク
Julie Phillips『James Tiptree, Jr.: The Double Life of Alice B. Sheldon』洋書

レビュー By mcmc
 (略)引きこもりがち の著者の人生とクロスするエリスンもディックもル=グウィンもみんなかっこいい。当時のSF会の状況を知るにも最適。最後の方でハンカチが必要でない人は 人類ではないですな。ぼろぼろに泣きました。
 著作がほとんど絶版なアメリカでさえ相当の話題を生んだ本なので、日本で絶賛されることは確実。翻訳出れば星雲賞は間違いないでしょう。

James Tiptree Jr.: The Double Life of Alice B. Sheldon by Julie Phillips.
 伝記の著者Julie Phillips:ジュリー・フィリップス氏のサイト。
The Double Life of Alice B. Sheldon' - New York Times.
 第一章がウェブに掲載されている。
The New York Times Book Review - New York Times.
 ニューヨークタイムスによる書評。

BookReviewOnline: James Tiptree, Jr.: The Double Life of Alice B. Sheldon.
 岡本俊弥氏によるレビュウ。
岡本俊弥氏『ティプトリー再考』(岡本家記録とは別の話)

京都SFフェスティバルが終わって、これで1年が暮れました――と言うにはまだ3ヶ月早いのですが、25年の習慣もあるので。

 さて、今月は京フェス復習編です。当日(本会企画その3)のプログラム『ティプトリー再考』に使用したパワーポイントを再録して、当日のおさらいをしてみましょう。

Macmillan: James Tiptree, Jr.: The Double Life of Alice B. Sheldon Julie Phillips: Books.
Kidman plays a man?! | Zoopy | Share videos, photos, audio and notes.

Joe Dante,James Tiptree Jr.『Masters of Horror: The Screwfly Solution』 [DVD] [Import]
ジョー・ダンテ監督『13 thirteen 「男が女を殺すとき」』 [DVD]

<ストーリー> 人類史上最悪のウィルス発生。全ての男が凶器と化す! 人気作家ジェイムズ・ティプトリーJr.のネビュラ賞受賞作「ラセンウジバエ解決法」を脚色。 突然、男性が無差別に女性を殺しはじめるという現象が、世界中に拡大、その原因は恐ろしいウィルスにあった。 郊外に住む母と娘は、夫から逃げてさまようが…。 監督:ジョー・ダンテ 原作:ジェイムズ・ティプトリーJr. 脚本:サム・ハム『バットマン』

 ティプトリーの「ラセンウジバエ解決法」がジョー・ダンテで映画化されていた。
 昔、「接続された女」がTV化されていたはずだけれど、これは知りませんでした。観たい。
・当Blog記事
■ジェイムズ・ティプトリー・Jr. /浅倉久志訳  『輝くもの天より堕ち』  Brightness Falls from the Air, James Tiptree Jr.
■『すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた』  ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア/浅倉久志訳

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.06.12

■感想 天願大介監督 絵師スズキコージ 『世界で一番美しい夜』

Photo_4天願大介監督『世界で一番美しい夜』

 ずっと観たかった映画をDVDで観た。
 傑作『暗いところで待ち合わせ』に続く、天願大介監督の最新作。

 まず冒頭の絵師スズキコージによる極彩色のアニメーションが素晴らしい。文明を捨てて、幸福でも不幸でもない状態を手に入れた男。そして彼が火を発見する。

 ここのアニメーションと本篇で実写と合成されたスズキコージの映像がテーマとあいまったコミカルでシュールな独特の雰囲気を映画にもたらしている。

 この映画から今村昌平監督の『神々の深き欲望』を想起する。ただしこちらはポップな今村昌平。土俗的に描かれた今村に対して、スズキコージを持ち込んだ時点で、あきらかに狙いのイメージは異なる。このシュールさ、今村昌平にはなかったものである。
 このシーン、シュールさでは、かのシュヴァンクマイエルに迫る出来ではないだろうか。チェコ・シュールレアリスムファンにもお薦め。

 戦争と争いにあふれた世界を変えるのに、この「○○による革命」の能天気さは相当なもの。特にクライマックスの海辺のシーンはさすがにどう描写しても失笑に陥る危険性が高く、残念な出来。
 カメラワークをもっと濃密にして描いていたら、違うイメージが構築できたのではないかと。

 だけれどもスズキコージの絵と子供たちにあふれた村の光景を観ていると、「○○による革命」はまんざら間違ったアプローチではないのではないかと思えてくるから不思議だ。

 映画としては、その終盤に至るまでの輝子の能力に関するスナックの描写がとてもいい。
 特に天願監督の自主映画『妹と油揚』でイヅナを演じた鴇巣直樹が演じている右の引用写真一番上の異様な憑き物の男の迫力は凄い。まさにイヅナの再来である。
 『妹と油揚』は一度自主映画上映会で観たきりで、二度と観る機会に恵まれていないが、今回の鴇巣氏はまさにイヅナ進化形で、凄まじい鬼気を画面に刻み込んでいる。はっきり言って、もっとこの人物を中心に据えた異様な映画を観てみたい。凄味のある映画ができると思うが、残念ながらスポンサーを付けるのが大変そうだ。

 調べてみたら、鴇巣直樹氏はライターでこんな本を書かれているという。妖怪本でなく物理本、イメージ違うなー(^^;)。

鴇巣 直樹, 岩崎 こたろう『ホーキング―車椅子の天才物理学者』

◆関連リンク
métro : Sarara Tsukifune * Yumiko Deguchi

演劇ユニット「métro」旗揚げ公演「陰獣 INSIDE BEAST」
神楽坂ディプラッツ 前売自由4500円
脚本・演出:天願大介
原作:江戸川乱歩
出演:metro(月船さらら、出口結美子)、丸山厚人、池下重大(劇団桟敷童子)、鴇巣直樹

・métro : Sarara Tsukifune * Yumiko Deguchi.

* 2009年1月26日(月) 19:00
終演後に、京極夏彦さん×天願大介×出演者のトークイベントがあります。

 本作で輝子を演じた月船さららのユニットによる天願組の芝居があったのですね。鴇巣直樹の芝居が観てみたい!!
 でも京極夏彦との関係があるとは。
 次の京極堂シリーズは是非天願監督で撮ってほしいもの。

◆関連リンク
今村昌平監督『神々の深き欲望』

・当Blog記事 
 天願大介監督 『世界で一番美しい夜』予告編
 天願大介監督 『暗いところで待ち合わせ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.11

■月周回衛星「かぐや(SELENE)」 月面近接映像と落下予測

Photo_3 月周回衛星「かぐや(SELENE)」
- 最新情報 - 2009年

「かぐや」は高度約100kmを周回しながら各種観測やハイビジョンカメラでの撮影を行ってきましたが、平成21年2月1日から高度約50kmに、そして4月からはもっとも低いところが高度10-30kmという超低高度で運用を行っています。

「かぐや」月面落下予測日時・場所

落下予測日時:平成21年6月11日 午前3時30分頃(日本標準時) 落下予測場所:東経80度、南緯63度 付近 落下予想日時の月齢:17.3 (東京)

 我々に月の姿をハイビジョンの鮮明な映像を送ってくれた「かぐや(SELENE)」が今日、あと3時間ほどで、月面に落下します。
 高度を落としたことにより、月表面のさらに克明な映像が掲載されています。

 落下の瞬間もNHKの宇宙ハイビジョンカメラは、その自身の破壊寸前の画像を地球へダウンリンクするのだろうか。

 お疲れでした、「かぐや(SELENE)」!月面で静かにお休みください。

◆関連リンク
YouTube - 「かぐや」HDTVによる低高度(近月点)撮影 [HD]
YouTube - 「かぐや」HDTVによるアントニアジ [HD]
・当Blog記事
 JAXA 月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)動画撮影成功

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.10

■ヤノベケンジ他「ドキュメント・ウルトラファクトリー」展
 & ヤノベケンジ-ウルトラ展 ファイナル・イベント

Photo_2「ドキュメント・ウルトラファクトリー」展
   豊田市美術館
   (Toyota Municipal Museum of Art)

2009年6月9日[火] ~ 6月21日[日]
 会場:展示室6-7

作品「黒い太陽」が学生達と共に作り上げられる制作ドキュメントを公開する他、「ウルトラファクトリー」で実施されてきたプロジェクト「ガリ バー&スウィフト」舞台装置制作、「ULTRA x KNA」名和晃平アートプロジェクト、「クリティカルデザインラボ」「ウルトラファクトリープレス」で展開されてきた軌跡を紹介することで、ウルトラ教育 機関の全貌を明らかにします。

ULTRA TODAY:
ドキュメント・ウルトラファクトリー展開催

現 在、豊田市美術館において「ヤノベケンジ-ウルトラ」展が絶賛開催中なのですが、そのクライマックスにあたる6月9日より21日までの期間、同美術館にお いて「ドキュメント・ウルトラファクトリー」展と題し、特殊教育機関ウルトラファクトリーの全貌をみなさまに紹介する展覧会を開催いたします。

 多彩な展開をはかるヤノベケンジ-ウルトラ展に、新しい展示が追加。
 京都造形芸術大学の超越的芸術工房ウルトラファクトリーのドキュメント展。ヤノベケンジをディレクターとして、名和晃平、明和電機等と学生たちとのコラボレーション。昨年京都造形芸術大へ行ってウルトラファクトリーを観てきたので、美術館でのこうした展示は一段と楽しみ。

ヤノベケンジ-ウルトラ展●ファイナル・イベント

◇ヤノベケンジ・アーティストトーク
日時:6月21日[日] 15:00-16:00
会場:講堂 *13:30よりチケットカウンターにて整理券を配布。
(先着150名)

◇ヤマダタツヤ・ライブパフォーマンス
日時:6月21日[日]
会場:展示室8 作品《ウルトラ-黒い太陽》にて 
タイムスケジュール: ①11:30- ②13:00- ③14:00- ④14:30- ⑤16:30- ⑥17:00-
*各回人数制限がございます。あらかじめご了承ください。
*ライブパフォーマンスの時間は約10分の予定です。

 ウルトラ展もあと2週間となってしまいました。最終日、イベントの開催が決まったようです。ヤマダタツヤ氏は今回の「ウルトラ―黒い太陽」の音楽も担当されたらしいので、あの重低音を生演奏で聴ける機会かも。さらに音楽とのコラボレーションで驚異の感覚を増幅した「黒い太陽」を再見!!

◆関連リンク
YANOBE KENJI ART WORKS /// ヤノベケンジ アートワークス
・ヤマダタツヤ氏のBlog dubdish*blog
当Blog記事
京都造形芸術大 ウルトラ・ワーク・イン・プログレス 『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.09

■ヤノベケンジ-ウルトラ展 図録
Kenji Yanobe ULTRA Catalog

Photo
 ヤノベケンジ-ウルトラ展のカタログが送られてきた。
 先日豊田市美術館で観覧した時に、完成していなかった図録を会場で予約申し込みしてきたもの。
 この図録、BlogあるYoginiの日常さんによると、限定600部発売とのこと。

今回の図録は限定600部発売。まだ完成していないので、どんな内容なのかはわかりませんが、送料込みで920円だったので予約して来ました。

 30ページに渡って今回の展示の様子が紹介されている。
 超越的彫刻作品「ウルトラ―黒い太陽」をメインに据えた構成。冒頭から9ページが制作風景を含めた「ウルトラ―黒い太陽」のグラビアである。特に見開きで展開された上記引用写真の左から2枚目が圧巻。この写真はできれば中央の折り目なし、さらに巨大なポスターとしての販売を希望。

 図録には豊田市美術館キュレータ 都筑正敏氏による「ウルトラ―黒い太陽」の論評が掲載されている。

 20世紀になると、落雷という自然現象そのものを美術として見せようとする驚異的なアーティストたちが出現する。(略)

 それまでの"自分自身を守るための装置"といった装着可能な等身大の作品から、作家の身体性から脱却したシンボリックな存在を表す作品へ、さらにはヤノベの個人的な視点をもとにした作品から、遥か天空より我々の世界を見通すような俯瞰的な視座から生み出される作品へと移行する。(略)

 ヤノベは、作品制作で用いる鉄の溶接作業において、常に放電を目の当たりにしている。「鉄でかたちを創ったりするにしてもその形が出来上がる感覚に、ものすごくしびれるような美的体験ができる」と語る(略)

 トーク・イベント 「討議 ヤノベケンジ」で都筑氏が語られていた「俯瞰的な視座」に触れられており興味深い。また最後の溶接作業の放電との関係を述べたヤノベ氏の言葉も貴重な作家の証言である。
 即物的な感想を書いた僕は、こうした視点の提示にしばし考え込むのでした。

 ここで述べられている「落雷アーティスト」について、以下ネットでのリンク。

◆関連リンク
・ウォルター・デ・マリア:Walter De Maria
 ウォルター・デ・マリア - Wikipedia
  The Lightning Field movie Walter De Maria - Google 画像検索
 残念ながらムービーファイルは見つからない。
・池水慶一 THE PLAY 雷 三角錐の塔
 池水慶一 - Le Stanze

 印象的な作品は「雷」。山の上に櫓を組み、雷が落ちるのを待つ、というもの。櫓は、一定の期間が終われば解体し、また次の年に新たに作り直す。十年やったが、結局、雷は落ちなかったそうだ。

 池水慶一 THE PLAY - Google 画像検索

◆当Blog記事
「ウルトラ-黒い太陽」豊田に怪獣!? テスラコイル吠える!:
感想 『ヤノベケンジ―ウルトラ』展@豊田市美術館 作品「ウルトラ-黒い太陽」起動!!
『ヤノベケンジ - ウルトラ』展 チラシと予告篇ムービー
ヤノベケンジ展:ウルトラ最新情報(推測) 薬試寺薬師寺美津秀 テスラコイルとのコラボレーションの可能性!?
 日本のテスラ・コイルアーティスト 薬試寺薬師寺美津秀氏の「ヤノベケンジ-ウルトラ展」への協力についても本図録に触れられています。ただし奥付で謝辞として名前が小さく書かれているのみ。しかも美術館側の誤植で「薬師寺美津秀」とある。これは修正していただきたいものです。(09.6/17修正。正式には「薬師寺美津秀氏」が正しいお名前とのことです。薬師寺美津秀さんと、豊田市美術館、図録編集にたずさわれた方々にお詫び申し上げます)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.06.08

■神山健治監督『東のエデン』
 「第8話★あらかじめ失われた道程をさがして」
 演出:熨斗谷充孝 作画監督:山本径子

Eden_of_the_east_08 第8話★あらかじめ失われた道程をさがして

脚本:神山健治/佐藤大 絵コンテ:笹木信作 演出:熨斗谷充孝 作画監督:山本径子  美術監督:竹田悠介

 今回、動きの少ないつなぎ回。あとTVシリーズは3話を残すのみなのにこのペースでいいのだろうか、といらぬ心配をしてしまう。ここから急展開してTVとしての区切りをつけるのか、それとももろに映画へ続くのか。続くとすれば、年末までの数か月を待つのは随分つらい。あざやかな幕引きを期待したいもの。

 今回、登場した板津豊というひきこもりハッカーがなかなか興味深い。
 世間コンピュータとは、何か。そしてセレソンの謎は彼の手によってどこまで解かれるのか。動かない探偵の活躍を期待したい。

 にしても今週も痛い男・大杉君はシネコン(だよね?)で何を観たのか、かなり気になります。

◆関連リンク
・当Blog記事
 第7話「ブラックスワン舞う」
 第6話「東のエデン」
 第5話「今そんなこと考えてる場合じゃないのに」
 第4話「リアルな現実 虚構の現実」  第3話「レイトショーの夜に」
 第2話「憂鬱な月曜日」 第1話「王子様を拾ったよ」感想
 竹田悠介美術 HDR(High Dynamic Range)写真タッチの映像
 神山健治 『映画は撮ったことがない』刊行予定 小説版『東のエデン』

東のエデン(アニメ)まとめWiki - トップページ
東のエデン 聖地巡礼 お前らなんぞ、京都じゃないわ! - ローリング廻し蹴り
 パンツの下宿もそのまま存在するみたいです!労作。
 

『東のエデン 第1巻』Blu-ray DVD

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »