« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »

2009年7月19日 - 2009年7月25日

2009.07.24

■金田伊功を送る会 2009.8/30 杉並公会堂大ホール

大泉ゴレンジャー - 会長日記(アニドウ並木孝氏Blog)

個人的には8月30日あたりに、誰でも参加できる形にして偲びたいと思います。発起人だけは豪華にして。詳細はまたアニドウのページなどでお知らせします。

金田伊功を送る会(アニドウHP)

去る7月21日、心筋こうそくのため死去した金田伊功(かなだ・よしのり)を送る会が開催されます。日本のほとんどのアニメーション関係者が参加する予定 です。 故人の活躍の幅広さと功績の大きさを実感できる催しにしたいと思います。 業界関係者だけでなく、一般の方の参加も歓迎いたします。

2009年8月30日(日曜日)
開場=18:30 開宴=19:00時~21:00時 入場無料
 ※但し、整理券が必要です。
会場 杉並公会堂大ホール 定員1,200名
JR中央線・地下鉄丸の内線[荻窪駅]北口5分

一般の方には8/1よりこのホームページよりお申し込みください。(申し込みページが設置されます)後日20日前後に整理券を郵送いたします。

 金田さんと飲み仲間「大泉ゴレンジャー」のメンバーだったというアニドウの並木さんが、「裏方」(事務局)をされて、「送る会」が開催されます。
 発起人は日本のアニメ界のそうそうたるメンバー。まさに金田さんのアニメートの影響力と人脈の篤さ故でしょうか。

 一般の入場も可とのことで、僕も是非行ってみたいものです。清志郎の時は行けなかったけれど、今度は、、、(日曜のこの時間帯では東海地区へは帰宅できない(泣))。

◆関連リンク
ありがとうございました: 漫画映画家@越智一裕さんのblog

Z・ナンバーワンの先輩たちや、アニドウのなみき会長、金田さんの盟友友永さん、ご友人たちとも相談して、金田さんを愛してくださった皆さんと一緒に送ってあげられる場所を作れないかと思っています。

 数々の追悼文を読みましたが、やはり一番近くにいたこの方の記事のこの一節が一番グッときました。思わず目頭を押さえました。
小松原一男さん「偲ぶ会」(FILM 1/30e No.7)

多くの献花、300人を超す関係者の参加で立派な告別式も終わったお清めの席上でナオ子夫人からオープロ社長村田耕一に「偲ぶ会」開催の依頼があった。故人は普通の葬儀ではなく仲間が歌って飲んで送ってほしいという遺志を持っていたという。(略)

ちなみに第1回小松 原杯争奪と名付けられたカラオケ大会の優勝者はハワイから急遽帰国した金田伊巧氏であった。自信満々のなみきはそのパワーに敗退。追悼にはふざけた企画 だったが、故人を偲ぶにはこれ以上のプランはなかった。出場者の熱気で「伝説」というべき熱い夕べになった。

 小松原さん、2000年に56歳で亡くなっています。金田さんとほとんど同年。アニメーションの激務は豊かな才能の命を削っているのでしょうか。

・「小松原一男のアニメーション」レポート カラオケ大会の項

3.「おれはグレートマジンガー」  
カリスマ・アニメーター金田伊功氏。(略)
ハワイから一時帰国されたそうです。パースの効いたパワフルなダンスを見せていただきました。迫力です!  
-------審査発表-------  
「のど自慢ではなく、なによりも天国にいる小松原に届くように一生懸命歌ってくれた…。」という審査員の高い評価で選ばれたのは、金田伊功氏でした。賞品は旅行券と小松原さんが実際に使っていたタップです。

 その偲ぶ会でのカラオケ大会の賞品は「小松原さんが実際に使っていたタップ」。
 晩年も金田さんはこの小松原タップを使われていたのでしょうか。

 このリンク先のオープロの頁には、金田氏の歌う雄姿がスナップされています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.23

■天才アニメータ/アーティスト 金田伊功さん 逝去

アニドウNEWS

アニメーター金田伊功氏が心筋梗塞で昨晩死去。享年57。葬儀の詳細は未定。別に「送る会」が有志と関係者の共催で8月30日に開かれる予定。場所など詳報は後日に。

 電気屋エディさんの当Blogへのコメントで知りました。

 まだ57歳。絶句してしまいました。

 『ザンボット3』「海が怒りに染まる時」で、金田さんの斬新な映像を観た時の驚きを、今も新鮮に想い出します。
 あの驚きがなかったら、きっと僕はこのようなタイトルのBlogを書いていることもなかったでしょう。まさにあの素晴らしいアニメートの数々で、「究極映像」を体験させてもらいました。

 アニメ業界への貢献だけでなく、本当は動く絵というパワフルな芸術のエッジを切り拓いたアーティストとしてもっともっと評価されていい方だったと思います。真に革新的な映像アーティストとして。

 やすらかにお休みください。

◆関連リンク

■追悼文
追悼:金田伊功さん: 氷川竜介ブログ.

もっとも大きな功績としては「アニメーターの仕事=動かすことのおもしろさ」を多くの人に伝えたこと、そして大勢の方、多くの才能をアニメ界へ招いたことだと確信しています。

【アニメ】:アニメーター金田伊功氏が心筋梗塞で死去。享年57。密葬。 - 白石運送

何しろ先週見かけたし、三週くらい前にとある話をしてなんかやっていこうよ!って言ってくれたんですね いつもと変わりなく元気そうだったので『先週見かけしたんですけどとりあえず確認してみますー』 ってことで会社に行き金田さんの席に行くといなかったので休みなのかなー?と聞いてみたところ昨日の午後・・・・という話を聞き頭が真っ白になりました

 金田さんの会社での様子を書かれています。寸前までお元気だったようです。まさに突然の死ということだったようです。
OSAMU-NO-VISION-OF-DREAM.小林治氏HP

知り合いから金田さんが亡くなったらしいとメールが来ました。 58歳。まだ全然早すぎますよ金田さん。 一度、ちゃんと一緒に仕事がしたかったです。

 小林治さんとは金田伊功ファンとして一時、文通してたことがあります。
 金田さんにインスパイアされて今はご自身素晴らしい作品を作られています。お二人の共演も是非観てみたかった。
【訃報】金田伊功さん: 編集長メモ小黒祐一郎氏Blog
ちゃいるどふーず・ねばー・えんど | 金田伊功‥巨星、堕つ。 あまりとなえさんBlog
悲報 アニメーター金田伊功死去。:PROJECT HYPER BALL
 daywalkerさんのBlog。Youtubeの各作品を掲載されています。
[mixi] 金田伊功special | 多くの傑作をありがとうございました!
金田伊功追悼スレ

キリヤ:2009/07/22(水) 18:20:03.26
アニメ夜話で 「とことん金田伊功」をやるべき

 そして追悼のため、金田氏のアニメートを集めた映像集の放映を望みたい。
Animator Kanada Yoshinori Passes Away - Forums - MyAnimeList.net.

They were named with the prefix "Kanada", such as "Kanada Perspective", "Kanada Posing", "Kanada Motion" etc. His animations strongly influenced young animators and formed a group of artists called "Kanada Followers".

・Animator Yoshinori Kanada Reportedly Passes Away (Updated) - Anime News Network.

Members of his professional considered him a "super animator" representing Japan. The animation styles he developed would influence many animators who still work to this day.

■金田伊功氏に関する文章
氷川竜介評論集: 金田伊功GREAT.

  映像としてのスペクタクル性。集客力を持つ卓越したエフェクト映像。多くの後継者を生んだアニメ界での影響力。こういった点にも円谷との共通点がある。し かし、一見技術だけが話題になりながら、実は内面のイマジネーションが先にあってテクニックは手段として後追いをしているという点にこそ、真の共通点を見 るべきではないか。

2005年4月金田伊功インタビュー(WEBアニメスタイル)
第10回 元祖スターアニメーター――金田伊功(月刊アニメージュ【公式サイト】)

■映像リンク
YouTube - yoshinori kanada
YouTube - Final Fantasy IV DS Opening.

Animator Yoshinori Kanada story boarded the new cutscenes.

■その他
金田伊功スペシャル 金田伊功  復刊リクエスト投票

■当Blog記事
ガイキングオープニング 金田伊功の作画の進化
池谷裕二 『進化しすぎた脳』 感想 3 + α  アニメーター磯光雄と金田伊功と脳の構造の関係
東京都現代美術館『スタジオジブリ・レイアウト展』カタログ図録  宮崎駿 金田伊功 大平晋也のレイアウト画

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009.07.22

■ティム・バートン監督作『アリス・イン・ワンダーランド』写真と予告篇 

Alice_in_worderland ジョニデ、白塗り&赤髪の最新
“奇抜キャラ”画像が公開!MovieWalker

ジョニデ出演、ティム・バートン監督作『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年4月17日公開)の最新画像である。

First Look: Tim Burton Takes Alice to Weird,
Wild Wonderland | Underwire | Wired.com
.
 こちらに鮮明な8枚の写真が公開されている。

 だんだんティム・バートンの世界が極彩色を究めていく気配。イマジネーションの先鋭化が色彩の強度へと浸食しているのかも。

 この映画、3Dで撮られているということでこの極彩色のキャラクターが立体的に動き回るかと思うと、ワクワクしてくる。

 下のアリスの写真、高精細で拡大していくと、細部が素晴らしい(引用したものは圧縮しているが、Wiredの元画像を拡大して是非観て下さい)。
 ハイビジョン上映でクッキリした3Dがスクリーンに展開されることを楽しみに待ちたい。

MarketSaw - 3D Movies and Technology: MUST SEE: New ALICE IN WONDERLAND Trailer!!より

 ティム・バートン版『不思議の国のアリス』予告篇。素晴らしい出来の予感。
 これによると、2010年3/5北米公開。

◆関連リンク
Glover joins Alice in Wonderland! - Alice In Wonderland (2010) Movie News at realmovienews.com.
 クリスピン・クローバーも出演予定とか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.21

■DAN METH "Stanley Kubrick bloopers"

Stanley_kubrick_bloopers YouTube - Stanley Kubrick bloopers.

 スタンリー・キューブリックの作品をパロったアニメ作品。
 なかなかキューブリック監督のキャラがいい。

 パロディとしてのレベルはそれほどでもないので、あまり期待しないで肩の力を抜いてみてください(^^;)。

スパルタカス
2001年宇宙の旅
シャイニング
時計仕掛けのオレンジ
フル・メタル・ジャケット
アイズワイドシャット

 僕は単純に『2001年』が好きです。

◆関連リンク
・制作したのはこちらのスタジオ DAN METH
 他にも多数の動画あり。(だけれどあまり出来はよくない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

■Duncan Jones監督『Moon』 Trailer:予告篇
 & NASA - Apollo 40th Anniversary

Moon Apple - Movie Trailers - Moon - Trailer

It is the near future. Astronaut Sam Bell is living on the far side of the moon, completing a three-year contract with Lunar Industries to mine Earth’s primary source of energy, Helium-3. It is a lonely job, made harder by a broken satellite that allows no live communications home. Taped messages are all Sam can send and receive.

 月を舞台にしたSF。
 予告を観ると、なかなかいい仕上がり。しかも『ソラリス』を想い出させるようなシーンがある。もしかして思弁的なSFになっているのだろうか。

 ハリウッドのSFは、アクションとしてのSFであっても、本格的なSFになっていることはほとんどない。

 この映画が月着陸40周年の年に本格的なSFであることを祈ります。

◆関連リンク
NASA - Apollo 40th Anniversary.
NASA - LRO Sees Apollo Landing Sites.
Apollo_11
 この中央の影がアポロ11号の着陸船イーグルとのこと。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »