« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »

2009年9月6日 - 2009年9月12日

2009.09.10

■金田伊功を送る会 リンク集

Photo_4

 日曜の夜ということで、遠方の私は出席できなかったのだけれど、亡くなったアニメータ金田伊功氏の送る会が先週開催された。
 ということで、参加された方々のレポート等、リンク集です。

金田伊功を送る会(公式) 写真複数紹介。

「金田伊功を送る会」専用掲示板 いろんな方々の想いが綴られています。
 ◆送る会の壇上のお言葉 投稿者:90126氏
  特にこの方がまとめられた、送る会での追悼の言葉のレポートは必見です。

アニオタフォース: 「金田伊功を送る会」レポート

  BSアニメ夜話でアニメマエストロとして活躍している氷川竜介さんの特別講座「金田伊功の技術と功績(だったかな?)」が行われた。PowerPoint を使い、ザンボット3や幻魔大戦の原画や実際の映像をスロー再生しつつ金田パース、金田光り、金田アクションを解説。(略)

「風 の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」の金田さん参加のジブリ作品を上映。なみきさん曰く「ジブリ作品の近作になるほどどこやってるか 分からないくらい金田さんの画が直されちゃってるね。ジブリ作品が面白くなくなっていくのと関係あるのでしょうか。」大勢の業界人を前に、堂々とジブ リをdisれるのはなみきさんだけ!さすがだ!(略)

 ネットで見た中では一番ていねいに詳細にレポートされています。是非リンク先の全文にアクセス下さい。

金田伊功を送る会: オタク商品研究所plus

もう少し時代が経って、「快感的な映像」に関する研究が進めば「この時代にこんな人がいた」と後世、驚きを与えることになると思います。

心の元点 | 「金田伊功を送る会」の思い出話
 アニメータ佐藤元氏のレポート。金田氏の原画とタイムチャートが掲載されています。

【集う】「金田伊功を送る会」(8月30日、東京・杉並公会堂) - MSN産経ニュース

司会を務めたアニメ研究団体「アニドウ」代表のなみきたかしさん(57)は開会のあいさつで「37年間の付き合い。円熟の時を迎えるところだったのに残念」と無念さをにじませた。

金田伊功熱が収まらない: 恥更科日記

(略)参列者に配布された小冊子。 「無料イベント」などという言葉でくくれない、主催者の「愛」が感じられる(略)小冊子。 熱い原画集であり、氏の功績をフルカラー全24Pにまとめた渾身の一冊。「アニメの星は永遠だ」の一文に、大きくうなずく。

宇宙の星よ永遠に~金田伊功を送る会~: 恥更科日記

 とくに「グレートマジンガーを歌う金田伊功」画像では、リアル「金田パース」が見られ、ああ、あの動きやポーズは、氏にとっては極自然な表現だったのだと再発見。(略)
 アニメーターの友永和秀さんが最近スクウェアエニックスからの依頼で、鋼の錬金術師の金田氏の原画をリライトした話をされた。自由闊達、設計図にとらわれ ない金田氏の絵を見て興奮、しかしキャラクターをあわせなくてはならない。あわせると、氏の持ち味が失われる……と悩んでいたところで訃報を聞いた、とお話されたのには胸が痛んだ。 (略)
 ラストはご親族のお言葉。奥様、若い!「金田は皆さんご存知の通り『ポニフェチ』で、今日は年甲斐もなくポニーテールにしてきました」と、長く豊かな髪 をポニーテールに。

 友永さんが作監(?)された金田アニメートの新作が『鋼の錬金術師』のゲームで観られるということでしょうか。続報が期待されます。

(;・∀・)ノ【金田伊功を送る会】開催 ☆彡 - STUDIO ZODIAC.

金田(かぁ・なぁ・だぁ)に内包される3段ロケットのように超強力な「ア」の言霊に導かれ、天に向って歩み始めたのだから・・・  
「タイガーマスク2世」に特別出演(金田牧子さん)

 こちらのページで、その貴重な金田牧子さん(ポニーテール)セル画と、(クリックすると)原画が見られます。

金田伊功を送る会 について|いのまたむつみオフィシャルブログ「Ichigo Mountain」Powered by Ameba.

今では当たり前みたいなアニメ独特のデフォルメアクションなど 金田さんが自分の感性で作り上げたんですね。 何度かご一緒に仕事もさせていただきましたが、その原画を見るだけで元気になれました。

HNは土方綺麗 3rd STRIKE | 金田伊功を送る会 (1) (2)

氷川さんは弔辞というか解説。 パースのみで語られる事の多い金田さんの作画について 多方面から検証し、わかり易く語っていた。 「でも、本人に聞いても金田パースも金田ポーズも考えてやってるわけじゃなくて 本人としては特殊なことをしているつもりは無いと言うんですよ」 金田さんと新作アニメの準備中だった事を明かし、 それが実現できなくて残念と語られていた。

ありがとうございました。: 漫画映画家@越智一裕のblog.

今回の会は、アニドウさん、JAnicAさん、多くのアニメ制作会社の皆さん、そして金田さんのご友人諸氏のご尽力があって開催できました。

アニメーターとして生きる.

私はこの会をお手伝いするつもりで細々働くつもりでしたが、既にお手伝いの方々が沢山いて私がした事と言えばピアノを弾いた佐藤千春の助手的なことだけでした(^_^;)

【雑談】「金田伊功を送る会」に行ってきました: 編集長メモ

WEBアニメスタイル_COLUMN.

 サムシング吉松氏コラム 第1010回 「金田伊功を送る会」に参加

◆関連リンク

 スタジオジブリ鈴木敏夫『ジブリ汗まみれ』「夏休み最後の日曜日。伝説のアニメーターの死を悼む」。ポッドキャストmp3ファイルへのリンク。下記のようなエピソードが語られている。
 アニメージュ'81年8月号の『999』の金田伊功氏の表紙について、顔が似ていなくて返本率50%だったとのこと。『もののけ姫』ジコ坊が最後いち回転するシーンも金田氏。元々宮崎氏の絵コンテにはなかったとのこと。
 『ナウシカ』の頃のスタジオでの様子。訪ねてくるファンの子に点数を付けていた。その中の一人が牧子夫人とのこと。
 一種、素浪人の雰囲気で宮さんも一目置いていた。顔以外は直さなかった。
 高畑勲が評して「官能性がある」。これは宮さんにもないもの。
 越智一裕氏が高校二年でアニメージュへ金田氏の弟子になりたいと言って来た話。
 歩いてくるロボットの重量を感じさせる。
 ナウシカの父親が殺されて、ナウシカが逆上するシーンも金田氏。
 『アラビアのロレンス』みたいな映画を作りたいと宮さんと話していて、宮さん「駄目だ、描けるアニメータがいない」

9月27日のアニメスタイルイベントは作画トーク アニメの星・金田伊功について語ろう!

 次回のアニメスタイルイベントは9月27日に開催。7月に亡くなられた名アニメーター金田伊功さんについてのトークイベントで、ファンの立場で彼の仕事に接してきたクリエイター達が、彼の仕事について語ります。現在、決まっている出演者は『天元突破グレンラガン』の今石洋之、『魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜』の小林治。他の出演者も、決まり次第発表します。

 こうした関連イベントが企画されているようです。

・WEBアニメスタイル_COLUMN. 「板垣伸のいきあたりバッタリ!」 第130回 回想——金田さん!

板「金田さんも『もののけ姫』やってましたね〜」  金「ほんの手伝い程度だけど……」  板「俺も動画で『もののけ姫』やったんですけど、遊びすぎて動検さんから怒られましたよ〜」  金「『もののけ姫』で遊べた!?」  板「はい! 犬に乗ったサンの胸を動画の中割りでバインバイン揺らしましたから」  金「はははは!(笑) ……でも、揺れるモンは揺れるんだからしょうがないよね〜」(略)
やっぱり、あれだけ人を喜ばせる原画を描く方は、御本人自身もサービス精神旺盛でカッコよく素敵な方でした、金田さん!  後にいろんな方に会いましたが、ホント、金田さんほど皆から好かれてるアニメーターを自分は知りません、今の今まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.09

■イジー・バルタ監督『屋根裏のポムネンカ』@名古屋シネマテーク公開

Photo_3
In the Attic 屋根裏のポムネンカ(日本公式HP)

2009年 夏 渋谷ユーロスペースシネマート心斎橋で公開。

Nagoya Cinematheque Monthly(名古屋シネマテーク)

屋根裏のポムネンカ Napude 2009 9/26(土)〜10/2(金)
 トルンカ、ポヤル、シュヴァンクマイエルと素晴らしい監督たちが伝統を育んできたチェコの人形アニメーション映画。本作は、そんなチェコアニメ界最後の巨匠と呼ばれるイジー・バルタが、満を持して放つ長編最新作。(略)

  愛すべきキャラクターたちのほかにも、屋根裏の世界を構成する様々なガラクタ・オブジェが最高にチャーミング。ちなみに「ポムネンカ」とは、チェコ語で「思い出」という意味。人形への深い愛情に裏打ちされた、素敵な傑作だ。75分。

 以前記事にしたイジー・バルタ監督『屋根裏のポムネンカ』 Jiří BARTA "NA PŮDĚ ANEB KDO MÁ DNESKA NAROZENINY?"がいよいよ名古屋でも公開。

 なんとイジー・バルタ監督、24年ぶりの新作ということで、期待は高まります。
 そして過去の作品群についても同時に名古屋では公開。既にDVDで観ているのだけれど、貴重な機会なので劇場で観たい気もします。

Nagoya Cinematheque Monthly

『屋根裏のポムネンカ』公開記念 イジー・バルタ短篇集 2009 9/26(土)〜10/2(金)

イジー・トルンカ、カレル・ゼマンそしてヤン・ シュヴァンクマイエルなど、チェコ・アニメーション映画史に燦然と輝く作家たち。その最後のマイスターがイジー・バルタ(Jii Barta)だ。(略)
Aプロ4作品80分
 回転するレコード盤など、円形の連なりで描かれるディスクジョッキー(Diskzokej)。実写による自然の変化と、薪のコマ撮りを合わせた緑の森のバラード(Balada o zelenem drevu)。金属的な陰影を持つ木彫りの人形からイメージを羽ばたかせた代表的な傑作笛吹き男(krysar)。20年前から温めている長篇作品ゴーレム〈パイロット版〉(Golem)。土塊が、シェーム(秘密の言葉)で、ゴーレムとして動き出すというユダヤ伝説を新解釈した未完成作。

Bプロ6作品79分
 レリーフ(半立体)を使ったデビュー作、謎かけと飴玉(Hadanky za bonbon)。集合団地とそれぞれの家庭を、実写のコマ撮りでテンポよく配置する、プロジェクト(Projekt)。スラップスティック喜劇から、『ゴジラ』や『未知との遭遇』まで、手袋たちが演じる映画史のパロディ手袋の失われた世界(Zanikly svet rukavic)は11賞を受賞。屋敷に忍び込んだ泥棒が不思議な人々と出会う最後の盗み(Posledni lup)。約五万枚のフィルム彩色によって幻想的な映像世界が現われる。古いスタイルのマネキン人形が置き捨てられた物置に、ある日、ニューモデルのマネキン達が運び込まれる。人形アニメーションの形式を進化させた、見捨てられたクラブ(Klub odlozenych)。シュヴァンクマイエル、バルタ、パヴェル・コウツキーが、得意の技法を使って、自分の顔を描く自画像のオムニバス。セルフポートレート(Autoportret)

当Blog記事
イジー・バルタの未完の大作『ゴーレム』の映像と一部製作風景
 (CSサイエンス・チャンネル「映像表現の科学」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.08

■感想 細田守監督『サマーウォーズ』

Photo 映画「サマーウォーズ」
公式サイト
 公式ブログ

 夏の映画を観てきた。傑作。

 「田舎と電脳空間と武家と恋愛」って感じでしょうか。こういう本来つながらないものが、見事に有機的につながって大団円を迎えるって、エンターテインメントとして素晴らしい。

『PLUS MADHOUSE 3 細田 守』

 旧家の座敷コンピュータと庭の漁船と自衛隊の特殊車両に感動。
 この設定は、上記リンクの本によると、設定監修の村上泉氏の案らしい。これも取り合わせの妙。ワイドスクリーンバロックとは言えないけれど、こうしたセンス・オブ・ワンダーは好きです。

 そしてそれに続く、派手な電脳空間での夏の陣。
 僕たちが、『電脳コイル』で観たかったのは実はこういう派手な戦闘シーンだった(もちろんTVでの抑えたあの描写によるあの物語もよかったのだけれど、、、)。
 コイルのAR世界って、現実に映像として上書きされる形で、もっと派手なシーンが現実の中で描けたはずで、そこが残念だったのだ。
 この映画は、ARではなくVR空間ではあるけれど、そうした部分も見事に観客の期待に答えて、クライマックスとして描いていた。巨大なデーモンみたいな敵と○○で戦うって、凄くない?

 タイトルは紆余曲折あったようだけれど、僕は『サマーウォーズ』というより栄おばあちゃん視点で『夏の合戦』とかの和名の方が良かったかと。

 ワーナー配給らしいけれど、海外で受けるといいなー。日本のエンタテインメントの幅を思い知れ!!

◆その他 雑記

 ★★★ネタばれあり 注意★★★★

・他人のために負け戦であっても戦うとか、日本の武家の美意識がここちいい。
・陣内栄との関係で、侘助の心情の描き方が絶妙。引用した画像のシーンが胸に迫ります。
・花札での戦闘は、日本の美ですね。確かに僕らの上の世代って親戚で花札したりするもんなー。
・OZの世界の描き方がどっか違和感。キーボードでああいう戦いをするとか、もう少しガジェット的に未来描写をするとか、突っ込んであるとさらによかったかも。

◆関連リンク
YouTube - 「サマーウォーズ」 本編オープニング(5分バージョン)
 冒頭の5分が公式に公開されています。
映画「サマーウォーズ」対談(下) 細田守監督×村上隆氏(読売新聞)

村上 自分の絵が1枚1億とか2億で売れて、アニメーターは1枚150円とか300円。じゃ、何が正義なのか。金額だ何だっていうのは結果論であって、手で描いた絵はやっぱりすごく寿命が長い。アニメでも何でも、すべては僕らの死後、未来の人たちが価値を見いだして再生産する回数に委ねられると思うんですよ。細田さんに作ってもらった作品のすべて、こちらで回収させてもらったじゃないですか?

 もちろんその原画がオークションで売れたら、アニメータへ還元ですよね? 村上隆どの。
 金田フォローワーなまるで○○○な作品で何億も儲けて、さらに「1枚150円とか300円」で描かせた原画で○○なんてしないですよね??
 これでも僕はKAIKAI KIKIアニメ、期待してるんですけど(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2009.09.07

■ヤノベケンジ アート船《ラッキードラゴン:lucky dragon》

Lucky_dragon
YouTube - ラッキードラゴン

 (当Blog記事へのpsyさんコメントより)

 水都大阪2009で公開されたヤノベケンジの新作のムービー。
 ジャイアントトらやんに続き、巨大な作品が火を噴く。この迫力は実物で是非観たいものです。できたら船に乗船して、上を見上げるようにして間近で火炎を眺めたい。(でもきっと乗船してのファイアーパフォーマンスは安全上無理なのかも)

水都大阪2009のアート船プログラムラッキードラゴンいよいよ出動開始!!
 プレスリリース

いよいよ平成21年9月5日(土)に航行を開始します。
9月11日(金)には八軒家浜前で火を噴いたり、水を噴いたり、首を持ち上げたりなどのパフォーマンスを午後3時過ぎから午後8時過ぎまでの間、計4回、皆さんの前で披露いたします。

 11日のイベントがラッキードラゴンを観るのには最適のようです。でもなんで平日。有休を取る以外、サラリーマンには参加できません。残念。
 その他、さらに詳細な運航計画は上のリンク先へ。

◆関連リンク
絵/文:ヤノベケンジ『トらやんの世界 ラッキードラゴンのおはなし』(Amazon) 
火を噴くドラゴン なにわの川に出現 - MSN産経ニュース 写真

 美術家のヤノベケンジさん(43)がデザイン。船体は全長約15メートルで、首を伸ばすと頭の部分は水面から約8メートルの高さに。夜には目が赤く光る。

 素晴らしいアングルの写真7枚
京都造形芸術大学ULTRA FACTORY 公式HPがオープン。
 2009 ウルトラプロジェクト 「水都大阪2009」 ラッキードラゴン制作風景
・当Blog記事 ヤノベケンジ『トらやんの世界ーラッキードラゴンのおはなし』出版

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月13日 - 2009年9月19日 »