« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年1月25日 - 2009年1月31日 »

2009年1月18日 - 2009年1月24日

2009.01.23

■-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展 開催

Theo_jansen
-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展 公式HP 展示作品 ムービー
  (shamonさんより情報提供)

オランダ人アーティスト“テオ・ヤンセン”のアジア初の作品展示を行います。日比谷パティオ特設会場に、オランダ、イップンブルグのテオのラボより、プラスティックチューブから作り出されたストランドビースト(strandbeest オランダ語“砂浜生物”の意味)がやってきます。その骨格の様な外観と、風力を動力源として自ら歩き出す不思議なストランドビースト。

Animaris Modularius
風を動力とした巨大な構造体。風を受けると羽根が稼働し、ペットボトルに貯まる圧縮空気の力で歩き出す。

Animaris Ordis
本作品は、お客様に動かしていただくことが可能です。

 風によって歩行する機構が素晴らしい。もっと巨大なものと思っていたのだけれど、運搬中のビデオを見ると、案外小さいのがわかる。

 人って、動物や人間に似た動きをする物を観ると、生き物と認識するようなメカニズムがある。動きによって脳のどこかの部位が刺激されて、そのように認識してんだろうね。

 展覧会では図版やDVD『テオ・ヤンセン 砂浜の生命体』というのも発売される予定とか。割引クーポン券はこちら。

Strandbeest.com Film clips (公式HP)
 オランダのヤンセンの公式HP。

 ここに制作中のビデオがあるけれど、塩ビのパイプで組み上げられているみたい。これ、気合い入れたら自分でも作れるのかも。
 凧上げの代わりに地元でやったら、子供たちが喜ぶだろうなー。
 どっかに制作マニュアルでも置いていないだろうか?

 探してみたらこんな記事を掲載しているBlogがあったので御紹介。

テオ・ヤンセン(Theo Jansen)氏の歩行ロボット動作モデルを作りました.
テオ・ヤンセン氏の歩行ロボットの模型を作るときの参考動画まとめ
 遊んで学ぶお父さん

 オランダの芸術家テオ・ヤンセン(Theo Jansen)氏の歩行ロボットに触発されて、世界各地で同じ原理の模型が作られ、YouTubeに動画が投稿されてます。その中から、歩行ロボットの模型を作るときの参考になる動画をまとめました。

◆関連リンク
Theo Jansen - Google ビデオ
Dailymotion - TEDTalks_ Theo Jansen (2007), a video from tedtalks. www.ted.com, Tedtalks, biomechanics, Theo, creatures.ヤンセンが解説
Theo Jansen『The Great Pretender』

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.01.22

■新刊メモ『STUDIO VOICE 視覚コミュニケーションの新次元!!』
  『ARToolKit拡張現実感プログラミング入門』
 『幻影シネマ館』 『ハーモニー』

『STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2009年 02月号
特集 NEW MEDIA HORIZONS 視覚コミュニケーションの新次元!!』

対談:ひろゆき×宇川直宏 "共有形態"の現在と未来!
鼎談:チン↑ポム×宇川直宏 MAD的アートフォーム、タグ的発送法
コンテンツハルマゲドン前夜の公開実験現場としてのEXLIE
対談:菊地成孔×宇川直宏 ニコ動的空間に降り立つ覚悟はあるのか!?
対談:ジャガー×宇川直宏 元祖共有型MUSIC
映像と音楽の現在@非公開BBS

 視覚コミュニケーションの切り口で最近の映像関連の新しいネタについて書かれている。
 興味深い情報がいろいろと掲載されているので、ネット等でこの雑誌をガイドに確認してみたい。

橋本 直『3Dキャラクターが現実世界に誕生!
         ARToolKit拡張現実感プログラミング入門』

机の上で3Dキャラクターが歩き回るアプリケーションが作れる。ブームを作るきっかけとなった「工学ナビ」の作者が現実世界と仮想世界を融合する「拡張現実感」アプリケーションの作り方を優しく解説。

 『電脳コイル』放映中に評判になったソフトの解説書。

佐々木 譲『幻影シネマ館』

世界初の〈実在しない映画〉の本!36本の幻の映画を、そのストーリーはもちろんスタッフ・キャストの魅力までをも縦横に論じた衝撃の書。
たとえば――ハリソン・フォードが私立探偵を演じる「ザ・バッド・コントラクト」(1991年作品)。著作権盗用問題で裁判中のため(訴 えたのは、あのロバート・B・パーカー)いまだ未公開。(略)
――「椿三十郎」と「総長賭博」のハリウッド版リメイクから若きケビン・コスナーの主演作、そしてポランスキーの知られざる傑作、さらにはエロティシズム溢れるケン・ラッセルの問題作まで、観たことも聞いたこともない映画が36本。

 映画ファンなら誰でも夢の映画を夢想することがある。
 ちょっと趣味が違うような気もするけれど、楽しそうな本。

伊藤 計劃『ハーモニー』

 「一緒に死のう、この世界に抵抗するために」―御冷ミァハは言い、みっつの白い錠剤を差し出した。21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人 類は医療経済を核にした福祉厚生社会を実現していた。誰もが互いのことを気遣い、親密に“しなければならない”ユートピア。
 体内を常時監視する医療分子に より病気はほぼ消滅し、人々は健康を第一とする価値観による社会を形成したのだ。そんな優しさと倫理が真綿で首を絞めるような世界に抵抗するため、3人の 少女は餓死することを選択した―。(略)

 傑作『虐殺器官』に続く、オリジナルSF第二作目。
 こちらもハードなスタイルで期待大。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.21

■3D Video Cam Novo Minoru : PC用3Dビデオカム「ノボ・ミノル」

Novo_minoru 青の6号のノボ似の3Dビデオカム
CESで製品版が初公開
      - Technobahn

 「ノボ・ミノル」は、日本のアニメ「青の6号」に登場するガードロボット「ノボ」にちなんで命名(略)

 このステレオカメラの映像はビデオのハードウェアによってアナグリフ方式(赤と青の色メガネを使って立体視する方式)による一枚の単一映像に自動変換されてUSBの拡張規格「UVC(USBビデオクラス)」の信号として出力されるため、UVC規格に沿ったWindows Liveメッセンジャーなどのビデオチャットソフトであればどれであっても利用可能(略)

Novo Minoru 3D Webcam(公式HP)

Meet Minoru, meaning ‘Reality’ in Japanese, the worldís first 3D webcam.
Minoru = Reality!

 現「実」 = みのる = Reality ということでしょうか。
 誰だ、変な日本語を教えたのは。

 でもとても愛嬌のあるルックスの3D立体ビデオカメラになっている。
 こんなのをPCの上において、赤青メガネかけて、ビデオチャットしたら楽しいかも(でもヘンテコな風景(^^))。こんな情景になるのでしょう(下の動画)。

YouTube - Novo - Minoru 3D Video29

YouTube - Minoru 3D Webcam Video of Adina in Garden with Bubbles.
 少女がシャボン玉で遊んでいる映像。←こういうのは絵になります。

◆関連リンク
Amazon.com: Minoru 3D Webcam (Red/Chrome): Electronics
 アメリカのAmazonでは既に発売されていて、$89.95。
 ちょっとほしい。
タカラトミー 小澤さとる50周年記念 空想科学潜水艦史.
 『青の6号』のノボはこのページの一番下をご覧あれ。
杉浦 康平, 北村 正利『立体で見る〈星の本〉』

赤と青のメガネを使って、宇宙の星を立体で見せる世界ではじめての本。宇宙旅行の気分で、全天88の星座すべてが楽しめます。5等星までの3000個の恒星を収録。

 僕の赤青セロファンの立体視メガネはこの本のものを使ってます。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.20

■新刊メモ 『Cinefex No.11 日本版』 『虚構機関』
 『iPhone SDKプログラミング大全』『たのしいCocoaプログラミング』
 『クイック・ジャパン Vol.81』

『Cinefex No.11 日本版』

ダークナイト
- IMAX映像と実写エフェクトで追及したリアリズム - ・現実世界へのこだわり ・IMAXカメラでの撮影 ・制作パイプラインの再整理 ・バットモービルの模型 ・回転するトレーラー ・トゥーフェイスのフェイシャルアニメーション ・リアリズムの追求

 映画も映像も素晴らしかったので、IMAXカメラによるメイキングにはワクワク。

木下 誠『iPhone SDKプログラミング大全』

iPhone用アプリケーションの開発キットである「iPhone SDK2.2」に準拠した開発手引書。 SDKの入手方法、インストールから、開発環境構築、開発法まで幅広く解説する。

木下 誠『たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]』

Cocoaプログラミングの第一人者 HMDTの木下 誠氏による、Macのデスクトップアプリケーション開発の実践的入門書です。プログラミング初心者にもわかりやすく、そして楽しく、Cocoaプログラミ ングの基礎を解説しています。

 Intel MACがないので遊べませんが、いつか「iPhone SDK2.2」でソフト作ってみたいものです。触覚インタフェースで何かシュールなものを作るのはどうでしょうか。

『クイック・ジャパン Vol.81』

I do what I must do. 15,000字浦沢直樹インタビュー
小説 古川日出男「叱れフルカワヒデオ叱れDLX」

大森 望, 日下 三蔵『虚構機関―年刊日本SF傑作選』

 僕らの世代だと、年刊の傑作選ということでは、70年代の筒井康隆編『日本SFベスト集成』が強く記憶に残っている。これで各作品のSFの中での位置づけを学習していたので、どっか今も自分の根っこにこの基準が残っている感覚がある。
 漫画から奇想なSFとは思えない短編まで、視点の広さにワクワクした。
 この傑作選が今後毎年刊行されることを祈ります。21世紀のスタンダードになるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.19

■ギレルモ・デル・トロ監督『ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー』感想

Hellboy2
映画「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」オフィシャルサイト

 どろどろのオタク監督(by.町山智浩)デル・トロ渾身の怪奇幻想怪獣映画を観てきた。
 宮崎駿から吉田竜夫、大友克洋、円谷英二、、、といろんな作品へのリスペクトが随所に溢れていて楽しく、そして泣かせもあり、エンターテインメントとして充実。

 アカデミー賞を受賞した前作『パンズ・ラビリンス』に比べると、コミカルでガチャガチャしていて奇想色は薄れているが、その分、B級のパワーが満ちている。

 僕は円谷プロも吃驚のエレメンタルがビル街で暴れる怪獣シーンが一番興奮(おまえはマンモスフラワーか、と突っ込みたくなる(^^;))。そのラストもまるで上質なウルトラシリーズの一本を観るような感動がある。

Zdzilsaw Beksinski 『The Fantastic Art of Beksinski』

"In the medieval tradition, Beksinski seems to believe art to be a forewarning about the fragility of the flesh - whatever pleasures we know are doomed to perish - thus, his paintings manage to evoke at once the process of decay and the ongoing struggle for life. They hold within them a secret poetry, stained with blood and rust." director Guillermo Del Toro

「ベクシンスキーは、中世の慣わしのように芸術の目的が、肉体の脆さについて警告することであると信じているように思えま す― 我々が知っているどのような喜びも、死によって終焉を迎えるのが運命づけられます。― したがって、彼の絵はたちまちに腐敗の過程と進行中の生存競争を喚起する。それらは、秘密の詩を保持して、血液と錆びによって汚損されます」

Image39  これはベクシンスキーの画集のカバーに書かれたギレルモ・デル・トロ監督の言葉。

 本作の中でもまさに死をイメージした、「死の天使」のアイルランドのシークエンスにベクシンスキー風の画面作りがなされている。まず「死の天使」の造形自体がベクシンスキー。そして特に「死の天使」の住まう宮殿の造形は右に引用したベクシンスキーの絵のイメージを宿している。

 デル・テロ監督の中では、やはり「死」のイメージがベクシンスキーとダイレクトに繋がるのだろう。

★★★★以下、ネタばれ注意★★★★

 クライマックスは、誰でもわかるのが、宮崎駿『カリオストロの城』と吉田竜夫『キャシャーン』からの引用。前者は歯車を使ったアクションシーン。後者はロボット群団のシーン(個々のロボットのデザインもだけれど、全体の俯瞰シーンもまるで『キャシャーン』のアンドロ軍団(^^))。

 ただし、低予算ゆえか、ここはアニメに負けている。
 歯車はセットがしょぼく動き回る舞台が狭すぎる。やはり本来は地下の歯車機構の中へどんどん入り込んで行って空間を3次元に使った一大アクションシーンを作ってほしかった。

 アンドロ軍団との戦いも迫力はあったが、規模が寂しい。
 映画では数体倒しただけだけれど、やはりここはキャシャーンを超えて、数百体全部をヘルボーイになぎ倒してほしかった。(でも観てるだけで疲れそう(^^;))

◆関連リンク
Hellboy 2 Trailer: Hellboy 2 Poster
あけましておめでとうございます - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」、更新しました。
今回はもうすぐ日本公開の『ヘルボーイ/ゴールデンアーミー』と、 『地球の静止する日』と手塚治虫の『ワンダー・スリー』の関係、 それにリスナーのヨッシーさんの「忘れようとしても思い出せない映画」、 『人造人間クエスター』(↓)についてお話ししています。

 これ、デル・トロファンは必見。『ワンダー・スリー』と『人造人間クエスター』も懐かしい。
Guillermo Del Toro, Mike Mignola『Hellboy II: The Art of the Movie』

Book Description The anticipation is ratcheting up for one of this summer's biggest action-adventure events, Hellboy II: The Golden Army, and Dark Horse is taking you behind the scenes! As we delved into the original box-office hit, this 200-page tome likewise presents the most extensive look into the film's evolution, from early concept art and diary sketches, to photos of the final props, sets, and filming. A unique look at filmmaking and the art of graphic novels. Del Toro and Hellboy creator Mike Mignola once again bring their world-renowned talents to bear on a brand-new chapter in Hellboy's history - a visual feast only they could produce. Get your sneak peek well before the celluloid hits the screen!

当Blog記事
エディシオン・トレヴィル 画集  『ズジスワフ・ベクシンスキー』再復刻版 出版
ベクシンスキー関連映像ライブラリ  DmochowskiGallery.net - film library
画集 『ファンタスティック・アート・オブ・ベクシンスキー』  Zdzilsaw Beksinski  "The Fantastic Art of Beksinski".
ポーランド現代絵画孤高の巨人  ズジスワフ・ベクシンスキー:Zdzilsaw Beksinski

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年1月25日 - 2009年1月31日 »