« ■The Spierig Brothers監督 "Daybreakers"予告篇 | トップページ | ■コンセプト・アーティスト ウェイン・D・バーロウ:Wayne D Barlow »

2010.01.26

■Apple iTublet/iPad/iSlate/iPhone HDとモバイルiTune

Itunesicon_2 Apple、秘密のクラウド戦略とLalaが最重要である理由

どこに価値があるかと言えば、そのパーソナル音楽ストレージサービスであり、これはLalaの事業の中でしばしば軽視されがちな部分だ。(略)Lalaの初期設定プロセスでは、個人の音楽ライブラリーをオンラインで保管しておき、同社がウェブ販売する楽曲と共に、どのブラウザーでも再生できるた めのソフトウェアが提供される。このテクノロジーおよび技術陣、経営陣こそがAppleにとってのLalaの真価である。

Lala - Where music plays(公式HP)

 iTuneは近い将来、クラウドサービス:パーソナル音楽/映像ストレージサービスを統合したモバイルiTuneへ進化という情報。このキーになるのがLala。
 これは音楽よりも映像でさらに威力を発揮するのでしょうね。モバイル機器のストレージの上限が気になるのは、音楽より圧倒的に映像ですから。

タブレットは初代 iPhone にソックリ
 1/27に発表されるというiTublet/iPad/iSlate/iPhone HDのデザイン予想が掲載されてます。
 これが本当だとすると、噂のタブレットは、他のAppleのデザインと同じで、シンプルでスマート。

 これにより、iPodが音楽のデジタル化を劇的に進めたように、書籍のデジタル化・電子書籍を普及させることになるでしょうか。

 そしてさらに僕が勝手に思っているのは、このタブレットにハイビジョン録画用ドッグが付属していて、TVコンテンツのAppleのApple囲い込みが狙いとして含まれているか、どうか。

 Apple iTablet + ハイビジョンチューナードックで録画した映像はlalaのテクノロジーで進化したモバイルiTuneへ即転送されてストレージ、どこからでも視聴できるように、もしかしたらなるのかもしれない。無限のハードディスクレコーダとして。

◆関連リンク
E_book

アメリカ電子書籍業界の相関図

TechFlash の記事「Graphic: A Big Boom in the Universe of Electronic Books」に掲載されていたアメリカの電子書籍業界の相関図。

 Amazonが電子書籍の印税を70%にするとか、激戦が開始されていますので、今後の普及が楽しみ。僕も本に部屋が浸食され続けているので、こうした動きが進化して物理的本を減らせるかも、と期待してます。

|

« ■The Spierig Brothers監督 "Daybreakers"予告篇 | トップページ | ■コンセプト・アーティスト ウェイン・D・バーロウ:Wayne D Barlow »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/47366530

この記事へのトラックバック一覧です: ■Apple iTublet/iPad/iSlate/iPhone HDとモバイルiTune:

« ■The Spierig Brothers監督 "Daybreakers"予告篇 | トップページ | ■コンセプト・アーティスト ウェイン・D・バーロウ:Wayne D Barlow »