« ■ヘンリー・セレック監督『Coraline:コララインとボタンの魔女』のメイキング映像 | トップページ | ■The Spierig Brothers監督 "Daybreakers"予告篇 »

2010.01.22

■『夢の国のリトル・ニモ』日本語訳@モンキービジネス

Nimo2_classic_thumbnail04

ウィンザー・マッケイ『リトル・ニモ』日本語訳
 柴田元幸 責任編集『モンキービジネス』 クラッシック・コミックス
 (twitter momononakaさん経由)

 ウインザー・マッケイ(1867?-1934)の『眠りの国のリトル・ニモ』(Little Nemo in Slumberland)はアメリカ漫画史上屈指の傑作。1905年にはじまり、14年まで続いた。その幻想的な美しさはごらんのとおりである。これほど 見事な作品が100年前に毎週日曜の新聞紙上に登場していたことを思うと、世の中どこまで進歩しているのかよくわからなくなってくる。毎回奇想天外な冒険 がくり広げられ、最後のコマでニモが夢から覚める、というパターンはかたくなに守られたが、今回訳した回は、目覚めから(つまり、目覚める夢から)はじまるところがミソ。(柴田元幸)

 この訳出は嬉しい‼ ウェブであの名作が読めます。
 ずいぶん以前に図書館で借りて読んだのだけれど、持っていないので嬉しい。皆さんにもお薦めです。

リトル・ニモ - Wikipedia

マッケイの死から70年を経過したことから2005年1月1日をもって著作権の効力が切れ、アメリカ国内でパブリック・ドメインとなった。

 既に著作権切。だからウェブで訳出されたわけですね。

|

« ■ヘンリー・セレック監督『Coraline:コララインとボタンの魔女』のメイキング映像 | トップページ | ■The Spierig Brothers監督 "Daybreakers"予告篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/47306468

この記事へのトラックバック一覧です: ■『夢の国のリトル・ニモ』日本語訳@モンキービジネス:

« ■ヘンリー・セレック監督『Coraline:コララインとボタンの魔女』のメイキング映像 | トップページ | ■The Spierig Brothers監督 "Daybreakers"予告篇 »