« ■テリー・ギリアム監督『Dr.パルナサスの鏡』
  The Imaginarium of Dr Parnassus
| トップページ | ■電子出版のしくみ (1) »

2010.02.25

■第13回文化庁メディア芸術祭 金田伊功 特別功労賞HP

第13回文化庁メディア芸術祭 金田伊功 特別功労賞公式サイト
Twitter / 文化庁メディア芸術祭: 特別功労賞の金田伊功氏が参加され ....

特別功労賞の金田伊功氏が参加された多くの作品のリストを公式サイトで公開しました。『武蔵伝Ⅱ ブレイドマスター』『半熟英雄4 ~7人の半熟英雄~』絵コンテの一部も紹介しています。

 公式サイトの金田伊功氏の受賞告知ページが更新された。
 更新前は金田氏が参加した作品のスチルが、明らかに彼の手になる絵ではなかったのだけれど、今回、上記絵コンテの掲載に切り替えられた。
 アーティストの表彰に、別の絵描きの絵を掲載するというかなり酷い状況が改善されてファンとして嬉しい限りです。

 そしてその絵コンテ、絵の勢いが素晴らしい。直線的なデザイン画であり、シャープでダイナミックな動きが作り出されている。

◆関連リンク
過去最大の来場者数となった第13回文化庁メディア芸術祭、アニメ部門やエンターテイメント部門の出展物いろいろ - GIGAZINE
 こちらに展示作品の写真が掲載。
YouTube - 金田伊功が手がけた「武蔵伝II ブレイドマスター」OP
 絵コンテが掲載された作品の動画。
 監督は今石洋之(たぶん原画の一部も)。
何メディア - 会長日記.

展示や WEB、パンフレットに使用されている金田作品のスチル写真が金田の絵ではないというのが残念。(「魔法のマコちゃん」「キューティハニー」など。「ゲッ ターロボ」のイラストは小松原一男であります。今から小松ちゃんを表彰してもらってもいいけど.....)事務方の「作品が同じならいいんじゃない」とい うような認識が伝わってくるのが痛い。
 此の場合、作品が違うほどの認識でないといけません。金田の何がユニークなのか表彰理由が問われてしまうのではないでしょうか。他の分野では、ありえな い事態です。
 後出しで文句だけ言っているようですが、これは僕の責任でもあります。

・りん監督は金田伊功さんについて「アニメーターには変な人が多いけれど、金田さんはそれがポップで楽しかった」(文化庁メディア芸術祭の特別功労賞の受賞者シンポジウム)
特別功労賞を受賞したアニメーターの故・金田伊功さんについて語るシンポジウム(朝日新聞 小原篤のアニマゲ丼)

りんたろう"アニメーションは画力というのもあるけど、時間軸をどう使うかが勝負なんです。金田くんはその使い方が際立っていた"

・以下、twitterでこの公式HPの絵の修正を事務局にお願いしたコメント。
 多少はこの書き込みもHP修正に役立ったのかも(^^;)。
Twitter / BP@究極映像研 金田伊功氏の業績

メディア芸術祭に関してお願いです。http://bit.ly/aiwknV こちらに金田伊功氏の業績をまとめられてますが明らかに氏のものと違う絵が使われています(正しいのが半熟だけ)。お願いできればファンとして差し替えを希望します

Twitter / BP@究極映像研 金田伊功でキャンペーン

カナダの日に金田伊功でキャンペーン。RTで広めて下さい! アーティストに対する蔑ろな扱いに反対の声を集め正式記事の修正を実現させましょう!

Twitter / BP@究極映像研 事務局よりダイレクトメッセージ

事務局よりダイレクトメッセージいただきました。 対応中とのことです。

|

« ■テリー・ギリアム監督『Dr.パルナサスの鏡』
  The Imaginarium of Dr Parnassus
| トップページ | ■電子出版のしくみ (1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/47614912

この記事へのトラックバック一覧です: ■第13回文化庁メディア芸術祭 金田伊功 特別功労賞HP:

« ■テリー・ギリアム監督『Dr.パルナサスの鏡』
  The Imaginarium of Dr Parnassus
| トップページ | ■電子出版のしくみ (1) »