« ■感想 ペール・アンダーソン監督『スタンリー・キューバ:STANLEY CUBA』 | トップページ | ■ティム・バートン『アリス・イン・ワンダーランド』
 ワールドプレミアとコンセプト・アート »

2010.03.01

■「話の話 ロシア・アニメーションの巨匠 -ノルシュテイン&ヤールブソワ」
  @神奈川県立近代美術館

Hanashi_no_hanashi

「話の話 ロシア・アニメーションの巨匠
 -ノルシュテイン&ヤールブソワ」
 プレスリリース 神奈川県立近代美術館

 神奈川県立近代美術館 葉山館
 2010.4/10〜6/27
 ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン(1941-)と、その作品の多くの美術監督を務めるフランチェスカ・ヤールブソワ(1942-)夫妻のこれまでで最大の展覧会を、ノルシュテインが愛する日本で開催します。 
 (略)マルチプレーンと呼ばれる多層のガラス面に切り絵を配置 する手法によって創り出される彼独自の深い映像空間は、アニメーション・ファンのみならず、世界中の映像作家をも魅了してきました。

 本展覧会では、ノルシュテインが監督をしたアニメーション映画を中心に、ヤールブソワの美しいエスキースや、マルチプレーンを展覧会用に再現したマケットを交え、夫妻の創作の過程、映画完成後の展開の全貌を紹介します。

 神奈川県立近代美術館 葉山館でのアニメ作家の夫妻展示というと、2005年のGAUDIA EVAŠVANKMAJERJAN ― 造形と映像の魔術師シュヴァンクマイエル展 幻想の古都プラハからのヤン・シュヴァンクマイエルとエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー夫妻展が印象深かった。

 チェコのシュールレアリストに続いて、今度はロシアの吟遊詩人ユーリー・ノルシュテインとフランチェスカ・ヤールブソワ夫妻。プレス・リリースを見ると、油絵、水彩、鉛筆画とマルチプレーンのマケットが素晴らしい。
 特にマルチプレーンで立体的に表現されたマケットで「話の話」を再現されているものが観たくてたまらなくなる。
 期間中に関東圏の本業出張があることを祈ろうっとww。

◆関連リンク
当Blog記事
新刊メモ 『『話の話』の話―アニメーターの旅 ノルシュテイン』
『ロシアの映像詩人・ノルシュテイン 日本を行く』
ターニャ・ウスヴァイスカヤ『ノルシュテイン氏の優雅な生活』
第6回ユーリ・ノルシュテイン大賞開催

|

« ■感想 ペール・アンダーソン監督『スタンリー・キューバ:STANLEY CUBA』 | トップページ | ■ティム・バートン『アリス・イン・ワンダーランド』
 ワールドプレミアとコンセプト・アート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/47671825

この記事へのトラックバック一覧です: ■「話の話 ロシア・アニメーションの巨匠 -ノルシュテイン&ヤールブソワ」
  @神奈川県立近代美術館
:

« ■感想 ペール・アンダーソン監督『スタンリー・キューバ:STANLEY CUBA』 | トップページ | ■ティム・バートン『アリス・イン・ワンダーランド』
 ワールドプレミアとコンセプト・アート »