« ■池田亮司 「spectra[ nagoya ]」
 「+/- [ the infinite between 0 and 1]」
| トップページ | ■張 洹(ジャン・ホアン:Zhang Huan) 巨大生物の遺骸アート »

2010.04.01

■あいちトリエンナーレ2010 Huang Shih Chieh, Zhang Huan, TOCHKA

Aichi_art_2

あいちトリエンナーレ2010
 PDF file 作家紹介 (PDF)
   PDF file 最新プレスリリース (PDF)  

 2010.8/21-10/31に開催される「あいちトリエンナーレ2010」。
 昨日、池田亮司氏の「spectra[ nagoya ]」を紹介したが、プレスリリースを眺めていたら、下記のような面白そうなアーティストも参加とのことなので、引き続き簡単な記事としてまとめる。掲載した写真はプレスリリースより。なので著作権上は問題ない、、、ですよね(^^;)。

Hoann

ホアン・スー・チエ氏
 Huang Shih Chieh

1975年台北生まれ。ニューヨーク在住。液体も含むどこででも手に入る日常品を素材に、簡単な電気的な仕掛けを与えて、動きのある色鮮やかな立体的なインスタレーションを試みる。ヴェネツィアも含む世界各地で展示を発表。

 テクノロジーと光のアート。闇の空間に広がった光る作品の透明感がいいです。

 ●関連リンク
 ・公式HP  

Jan_2

ジャン・ホアン氏
 Zhang Huan

1965年安陽生まれ、上海とニューヨークに在住。彼のキャリアは1993年の北京郊外にある東村という芸術村でのパフォーマンスに始まる。今は、巨大なぬいぐるみのようなオブジェの圧倒的なインスタレーションを展開している。

 これは素晴らしい! 僕は元々巨大アート作品って弱いのだけれど、この退廃な感覚との組み合せは凄い。まるで太古の巨人の遺骸のような作品群。
 下記関連リンクで御楽しみください。
 こうした作品を名古屋の栄の繁華街に横たえるっていうのはどうですか。都市と原始時代の巨人のコラボレーション! 街に現れる異次元空間。ワクワクしますね。

 ●関連リンク
 ・公式HP sculpture Giant No.3 Big Buddha
  Three Legged Buddha
 ・facebook

Toachica

◆トーチカ
 TOCHKA

ナガタタケシとモンノカヅエによるクリエイティブユニット。 デジタルカメラによる長時間露出とコマ撮りアニメの手法を融合し、空中にペンライトの光でアニメーションを描くという画期的な作風、『PiKAPiKA』 を編み出す。

 こちらは有名ですが、名古屋でどんなプロジェクトを展開するか、楽しみです。

 ●関連リンク
 ・animation,illustration,comic..TOCHKA!(公式HP)
 ・YouTube - PIKA PIKA in KANAZAWA 2008 Trailer

|

« ■池田亮司 「spectra[ nagoya ]」
 「+/- [ the infinite between 0 and 1]」
| トップページ | ■張 洹(ジャン・ホアン:Zhang Huan) 巨大生物の遺骸アート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/47928879

この記事へのトラックバック一覧です: ■あいちトリエンナーレ2010 Huang Shih Chieh, Zhang Huan, TOCHKA:

« ■池田亮司 「spectra[ nagoya ]」
 「+/- [ the infinite between 0 and 1]」
| トップページ | ■張 洹(ジャン・ホアン:Zhang Huan) 巨大生物の遺骸アート »