« ■「話の話 ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ」展
  @神奈川県立近代美術館<葉山館>
| トップページ | ■モンティ・パイソン結成40周年公演
 「Not The Messiah: He's A Very Naughty Boy」予告篇 »

2010.04.20

■新刊メモ 古川日出男、久々の長編小説『MUSIC』

古川日出男『MUSIC』(新潮社)

響き、響き。き、キキキ。聞こえてくるよ、猫笛、祝祭、大地の歌声。喪失を抱えた猫と人間たちは、音楽に導かれ、東の都 東京から西の都 京都へと失踪/疾走した。流れる季節、 刻まれる時、光と闇。二都を駆け抜け、時間と空間を繋ぐ、痛快で壮大な書下ろし長篇小説。

判型 : 四六判 頁数 : 352ページ
発売日 : 2010/04/30

 大作『聖家族』以来、1年半ぶりの古川日出男の新作長編が出版される。
 僕は上の情報しか知らない。ここから連想されるのは、初期の古川作品である『沈黙』『アビシニアン』といった作品。もちろん常に新たな作風を開拓し続ける古川日出男なので、それら作品とは大きく異なることと思うが、それらの(特に『アビシニアン』が)好きな僕は、あのムードを楽しみにしていたりする(^^;)。

 古川日出男のメルマガにさらに新作の情報があった。今だタイトルも明らかにされてないが、こちらも期待。

 その執筆の最終段階は『聖家族』よりはるかに苛酷で、むしろ凶暴なまでに強靭で、俺を打ち据えて、脱稿前日は朝8時から夜10時半まで書き、緊張という よりも“恐怖”からまともに眠れない日々も過ごし、そして誇るに足る原稿が上がった...活字になるのは6月頃だと思う。雑誌に一挙に載る。本にはしばらく、ならない。自分が作家なのだと確信しつづけられる、壮絶だけれども納得しか存在しない、執筆のための異界の日々だった。

 雑誌買わないと、しばらく読めないようですね。これは買わねば!
 古川日出男のメルマガ申し込みはここから →4444 古川日出男|河出書房新社

◆関連リンク
フルカワヒデオプラス, 古川日出男 CD『MUSIC:無謀の季節』
 こういう音楽CDがあったんですね。知らなかった。

当Blog記事
■レビュウ 古川日出男 『聖家族 生まれちゃったんだよ、俺たち。』

|

« ■「話の話 ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ」展
  @神奈川県立近代美術館<葉山館>
| トップページ | ■モンティ・パイソン結成40周年公演
 「Not The Messiah: He's A Very Naughty Boy」予告篇 »

コメント

もう見ました、面白いですね

投稿: アビシニアン | 2010.10.21 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/48114421

この記事へのトラックバック一覧です: ■新刊メモ 古川日出男、久々の長編小説『MUSIC』:

« ■「話の話 ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ」展
  @神奈川県立近代美術館<葉山館>
| トップページ | ■モンティ・パイソン結成40周年公演
 「Not The Messiah: He's A Very Naughty Boy」予告篇 »