« ■感想 スタジオジブリ・レイアウト展 @ 松坂屋美術館 | トップページ | ■金城哲夫研究委員会「金城哲夫 研究 Vol.1 No.1」 »

2010.05.19

■シャープ、世界初のモバイル3Dカメラモジュール

3d

業界初ハイビジョンの立体映像が撮影できるモバイル機器向け3Dカメラモジュールを開発(シャープ)

 左右2つのカメラが出力する映像に対して、色・明るさを調整する「カラーシンクロ処理」、映像信号のタイミングを同期化する「タイミングシンクロ処理」、位置ずれを調整する「光軸調整処理」の機能を搭載しました。また、イメージセンサーから信号を迅速に読み取る高速読出技術により、高画質なハイビジョンモー ドによる立体映像の撮影を可能としました。

 いよいよ『アバター』効果で、3Dが一般にも普及か!?って感じですね。
 こういうモジュールが標準化されてくると、コンデジや携帯で3Dという時代になるんでしょうか。一般の人には、あまり受けないような気もしますが、、、。

 スマートフォンの画面の大きさは、並行法とか裸眼立体視にピッタリなので、これと組み合わせて、裸眼立体視によるアプリを出してほしい欲しいもの。
 そうすれば、鮮明な立体動画がわが手の中に!

 スマートフォン向けに3D映画も、左右に映像を二つ並べた平行視/交差視用ソフトも出してほしいなー。現存するどんな3Dよりも鮮明で明るく観られると思うのだけれど、、、。

|

« ■感想 スタジオジブリ・レイアウト展 @ 松坂屋美術館 | トップページ | ■金城哲夫研究委員会「金城哲夫 研究 Vol.1 No.1」 »

コメント

 箱ミネコさん、おはようございます!

>>せめて「奥行き」があればマシな写真になるのではと・・・
>>親ばかですね~タハハ、失礼いたしました。

 立体で残してあると、ただのカラー写真とはまた違ったおもむきで記憶が蘇ります。

 案外、3Dカメラも「我が家の記録を立体で残そう」っていうアピールで浸透して行くのかも(^^;)。
 僕のカメラも友人の結婚式でたびたび活躍しました!

投稿: BP(箱ミネコさんへ) | 2010.05.23 08:04

管理人様へ

やはり立体で撮られましたか!(笑)
ウチの子は立体的(デコっパチ)なのですが、
どうにもシンプルな顔立ちで・・・
しかもフラットな画面だと、デコの影が
なにやら凶悪な?印象になってしまうので(笑)
せめて「奥行き」があればマシな写真になるのではと・・・

親ばかですね~タハハ、失礼いたしました。

投稿: 箱ミネコ | 2010.05.22 19:47

 箱ミネコさん、こんばんは。

>>息子(5歳)の顔はさっぱりシンプルなので(笑)
>>立体的に撮りたいのでした~

 早くこなれた値段で出てほしいですね。
 こういうのは、IC起こすと大量生産が大前提なので、既にいろんな機器に積まれる予定が立っていると思うけれど、、、。

 うちもシンプル系なので、小さい頃にフィルム式の立体カメラで撮りためました(^^;)。

投稿: BP(箱ミネコさんへ) | 2010.05.21 23:02

あーコレ欲しい★
息子(5歳)の顔はさっぱりシンプルなので(笑)
立体的に撮りたいのでした~

投稿: 箱ミネコ | 2010.05.19 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/48361514

この記事へのトラックバック一覧です: ■シャープ、世界初のモバイル3Dカメラモジュール:

« ■感想 スタジオジブリ・レイアウト展 @ 松坂屋美術館 | トップページ | ■金城哲夫研究委員会「金城哲夫 研究 Vol.1 No.1」 »