« ■ゴア・ヴァービンスキー監督『RANGO:ランゴ』予告篇2 | トップページ | ■感想 ジョナサン・モストウ監督『サロゲート』とAnybots »

2010.07.09

■原將人インタビュー

金子遊のこの人に聞きたい Vol.9 原將人(映画作家)インタビュー
 PART1 少年時代〜高校時代
(映画芸術HP)

 劇映画第2弾『天翔る(あまかける)』の公開も控える作家に、自由に映画半生を語ってもらった。(金子遊)

原 しかも、映画監督の大叔父さん、後で触れますが、前衛生け花の叔父さんもいたんです。...中学2年の時、朝日新聞にアラン・レネの『去年マリエンバートで』の紹介記事が出ていた。難解でよく分からない映画であり、これを何十回も見に行く大学生がいる、で も何十回見ても分からないらしい、とか何とか書いてあって、これはぜひ見なくてはと思ったんですね。まあ、ぜひ見なくてはというか、その大学生にも分から ない映画が自分には分かるんじゃないか、挑戦してやろう、みたいな気持ちだったのかな。
 まあ、生意気なガキですよね。

 原将人監督のインタビュー。映画少年〜青年への時代が語られている。

 その部分も面白いが、僕が特にチェックしたのは、『20世紀ノスタルジア』に続く「劇映画第2弾『天翔る(あまかける)』の公開も控える」という部分。ついに新作長編が公開か! 待ち望んでいただけにこの情報は嬉しい。
 『天翔る(あまかける)』をキーワードに検索してみたが、まだネットにこの映画の情報はない。05年に撮影がスタートすると言われていた『仲よき事は 美しき哉』はどうなったのだろう。タイトルが変わったのかもしれない。
 今後の情報公開を期待したい。

◆関連リンク
当Blog記事
■原将人監督 最新作 『マテリアル&メモリーズ』情報: ★究極映像研究所★
■ 原將人始動 ! 『仲よき事は 美しき哉』
■ 原將人『父と子の長い旅』
■CDメモ 原 正孝(原将人)『 はつくにしらすめらみこと』

|

« ■ゴア・ヴァービンスキー監督『RANGO:ランゴ』予告篇2 | トップページ | ■感想 ジョナサン・モストウ監督『サロゲート』とAnybots »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/48789449

この記事へのトラックバック一覧です: ■原將人インタビュー:

« ■ゴア・ヴァービンスキー監督『RANGO:ランゴ』予告篇2 | トップページ | ■感想 ジョナサン・モストウ監督『サロゲート』とAnybots »